Pocket

まず、それぞれ3種類のメールをご紹介します。

パターンA:「彼女からこんなラインが来たんですけど、どんな気持ちなんでしょうか?」
パターンB:「彼氏から「ちょっと待って」って言われて以降、連絡がありません。何をしているんでしょうか?」
パターンC:「彼女を怒らせてしまいました。どうやったら機嫌が直るでしょうか?」

弊社の無料復縁相談宛に、このような内容の相談をいただくことがあります。
弊社は復縁屋であって、マーベル映画のような超能力集団ではありません。
状況も何も教えていただけない状態で質問をされてもお答えできませんので、ご相談くださるお客様におかれましては、詳細な状況とともにご質問を頂ければと思います。

その反面・・・。

実は、”復縁屋だからこそ”、そのような相談メールやラインをくださった段階で、お客様とお相手様との関係悪化の原因はおおよそ予想が付いてしまうのです。
それが、『相手の気持ちを考えることができない人だから、関係が悪化している』というものです。

自分主体の話だけをする人は、好かれない

復縁したいなら株式会社ジースタイル

会話泥棒
こんな言葉をご存知ですか?

例えば、会社の同僚と話しているシチュエーションを想像してください。
相手が「最近部長のハゲが進行してるみたいで、廊下の鏡でチラチラ髪型を気にしてるんだよね(笑)。今更気にしても遅いと思わない?」と言っていたとします。
それに対して、「そういえばハゲと言えばさ、モト冬樹ってハゲてるけど、何となくニコラス・ケイジに似てると思うんだよね~」と返した場合。

これが、会話泥棒です。
相手の部長の話をスルーして、相手自分が話したい話だけを優先していますよね。
話していて楽しいでしょうか?
1度や2度なら許せるでしょうが、これが毎回続くようでしたら、9割9分9厘楽しくないと思います。

このように、自分のことや自分の思ったことしか話さない人=自分主体の話だけをする人は好かれません。
また、「話したい」と思ってもらえなくなります。

さて、最初のメールです。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

では、最初のメールたちをもう一度読んでみましょう。

パターンA:「彼女からこんなラインが来たんですけど、どんな気持ちなんでしょうか?」
パターンB:「彼氏から「ちょっと待って」って言われて以降、連絡がありません。何をしているんでしょうか?」
パターンC:「彼女を怒らせてしまいました。どうやったら機嫌が直るでしょうか?」

それぞれ別のお客様からのメールです。これは、読む人=相手のことを考えた内容でしょうか?

まったく考えていませんよね。状況説明をすることもなく、わかることといえば性別くらいです。この内容で、どんなアドバイスが言えるでしょうか?正直にお伝えすると、『頑張ってください』としか言えません。

ここかわかる、コミュニケーション能力の問題点

しかし、曲がりなりにも弊社はプロです。問題点に気が付きます。

それこそが『会話泥棒』にも通ずる、『自分主体の話しかできない人なんだろうな』という印象です。

本当にアドバイスが欲しい、今の自分の状況を理解してくれて、その上でどうするかを教えてほしい。本心でそう思えば思うほど、全体の文章量が多くなったとしても、詳細に状況を書こうと思いませんか?

そう思うことなく、自分が話したいことだけを話す、聞きたいことだけを聞く。自己中心的で、自分主体の話しかできない人である証左です。

勿論関係悪化に至る理由は様々あるでしょうが根本的な理由はそこにあると推察できます。

ですが、弊社もプロであるからこそ、推察だけであれこれを言うことはできませんので、その推察(自己中心的で、自分主体の話しかできない人だから関係が悪化している)をお伝えすることができません。

お相手様もきっと・・・

そして、お相手様もきっとそうなのではないか?との推察もできます。

  • こちら(=お相手様)の話を聞かない
  • こちら(=お相手様)の話を聞く姿勢もない
  • 自分の話しかしない
  • 自分の話をするだけで満足してしまう

そういう振る舞いを繰り返していたから、本心を話してくれなくなったのではないでしょうか?「言っても聞いてくれないから言う意味もないし、結局自分の話をしてくるだけだから面倒臭い・・・」そうお相手様に思われてしまったことで、コミュニケーション不全になったのではありませんか?

復縁する人にとっても、注意が必要な点です

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

このように好かれなくなってしまう、『会話泥棒』や『自分主体の話しかできない人なんだろうな』との印象。
これらについて、メディアで以下のようなものが紹介されていました。

話し方に自信がない人は、どうすればうまく話せるようになるかと考え、発言することに神経を注いでしまいますが、それは考え直したほうがいいでしょう。

(引用:NIKKEI STYLE

 

「誰かが話しているときに、頭の中で次に自分が話すことを考えている人も、話題泥棒になってしまう可能性が高い」

(引用:マイナビウーマン

自分の話し方に自信がないから、会話をしているときに「こう言われたらこう返そう」ばかりを考えていて、相手の話を聞いていない』会話泥棒も自分主体の話しかできない人も、先回りばかりをしようとするからこそ、自分のことを話すばかりになってコミュニケーションに失敗するのです。

実はこれは復縁したいと思っているお客様においてもよく起こる現象で、「相手からこう返信が来たらこう返そうと思うんですが、どう思いますか?」と、多くの方が「自分が送る返信内容」ばかりを気になさいます。

それではダメなのです。

『話上手は聞き上手』との言葉もあります。確かに返信内容ひとつでお相手様との以降のやりとりは大きく変化するでしょう。

ですが、『まずはしっかりお相手様からの返信内容を理解すること』計画立てることは悪いことではありませんが先読みばかりをしようとして頭の中で”自分が”上手く話せる(=やりとりができる)ように注力するのではなく、もっと広い視野で『しっかりお相手様の返信内容を理解すること』をし、その上で『お相手様にお客様とのやりとり(または会話)を楽しいと思ってもらえるようにすること』を優先していただかなくては、復縁はできなくなってしまいます。

そのためには、聞き上手になることが一番です。

この部分が理解できずに自分の送る返信ばかりに意識がいくお客様が多くいらっしゃるのが実際で、そういうお客様には「返信内容を返信が来る前に考えないでください」とお伝えしています。

まとめ

復縁工作、復縁屋、復縁相談をお考えなら株式会社ジースタイル

いただいたメールでわかる関係悪化の原因、会話泥棒、自分主体のコミュニケーション、返信内容の先回り。
色々なことを紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

復縁って本当に、一筋縄ではいきませんよね。

ですが、絶対に忘れてはいけないことが、『お相手様あってのもの』という点です。
どのことにも共通していますよね。
本当の意味でこれを理解できる人こそが、よりを戻せる人なのです。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

自覚しているという無自覚な人 復縁屋に復縁相談に来る際に自分は〇〇が悪いんで、そこに気付いて...
無神経と言われる人は復縁出来ない人でもあります。... 復縁出来ない人の特徴に無神経と言われる特徴があります。 無神経と...
自分の問題点を指摘されると感情的になり、復縁屋を非難する身勝手な相談者... 復縁を望む人から耳にする言葉があります。 その言葉は『些細な事で...
都合が悪い事を先延ばし、逃げようとする姿勢では復縁は無理です... 一部の人にはなりますが、緊急事態だったり、自分がピンチになった時にこそ...
運命の相手と復縁するために学ぶべき復縁したい情熱の使い方... 復縁したい相手のことを思い浮かべたときに、「あの人こそ自分の運命の相手...
あなたが復縁に向かない人なら復縁する為には自分を見つめ直す事が大切... 復縁には向き不向きがあります。 復縁活動しているけど復縁出来ない...