Pocket

ストーカー行為は明らかに『異常な行動』です。何故ならば、犯罪につながる迷惑な行為だからです。

ストーカー行為がさらにエスカレートしていき、さらに凶悪な事件に発展する事だって少なくありません。

ストーカーって、いつまで経ってもなくなることはないのでしょうか?

復縁屋ジースタイルブログでは、復縁したい相手へのストーカー行為についても、再三お伝えしてきております。

ストーカーについての参考ブログ

実際に、復縁屋ジースタイルにも、ストーカー行為を繰り返し行っている人から協力して欲しいという相談や、相談している内容をお伺いする限り、これは明らかに『ストーカー行為にに加担する内容なのでは?』と思うような相談も少なくないのです。

復縁を考えているストーカー行為をする人は、復縁したい相手に、執拗にラインやメールを送ったり、復縁したい相手の自宅や職場で待ち伏せしたりと、復縁したいからという身勝手な想いで、付き纏い行為を繰り返して逮捕されるという、結末を辿り、人生を狂わせます。

今回も、残念な事に、ストーカー事件のニュースを目にする事になりました。概要は、

保釈中に再びストーカー=禁止命令違反容疑で男逮捕-警視庁

5/25(土) 14:32配信 時事通信
ストーカー行為で起訴されて保釈中、元交際相手の女性にインターネット交流サイト(SNS)上で複数回メッセージを送ったとして、警視庁は25日、ストーカー規制法違反容疑で、自称会社経営の久保慶晃容疑者(28)=埼玉県川越市菅原町=を逮捕した。

「絶対にやっていない」と容疑を否認しているという。

同庁人身安全対策本部によると、久保容疑者はこの女性に対する脅迫とストーカー規制法違反の両罪で3月に起訴され、4月12日に保釈された。

逮捕容疑は4月18日~5月22日、警視庁から付きまとい禁止の命令を受けていたのに、元交際相手の20代の女性に対し、SNS上で計12回メッセージを送った疑い。

引用:yahooニュース

ストーカーと脅迫の2つの容疑で逮捕された久保慶晃容疑者は、※保釈中にも関わらず、元交際相手に対し再び、メッセージを送信するという行動に出たうえ、再逮捕され、逮捕事実をを認めないという、懲りないというか、全く反省していないことがわかります。

[保釈・・・保釈とは、一定額の保釈保証金の納付を条件として、勾留の執行を停止し、身体拘束状態を解く制度です]

また、この容疑者は、同じ事を繰り返すことになるのでしょう。

ストーカー行為の動機は何か?

復縁屋・復縁工作

しかし、今回のストーカーの容疑者とは正反対の人もいるんです。

自分自身でストーカー行為が、悪い事だと認識し、更正した人もいらっしゃるんです。

昨年になりますが、元ストーカーの男性(入院やカウンセリングを経て更生した)が、とある情報番組に出演し、ストーカーの心理を語った事がありました。

元ストーカーの男性は、1日100~200通のメールやSNSを送りつけたり、一晩中、相手が出るまで電話を掛けっぱなしにしたりしていた」という事です。

付き纏い行為をやった相手は、元交際相手であり、ストーカー行為に及んだ動機は、元交際相手から、見捨てられるような言動を吐かれたからだと。

交際相手に別れを切り出された事で、プライドが傷つけられ、これに対する「執着心」「被害者意識」という感情が動機の一つとなったと考えていいでしょう。

元ストーカーだった男性が思った事

『見捨てないで欲しい』
『自分はそんな人間じゃない』
『誤解だ』
『苦しくて不安だから電話に出てくれ』

つまり、自分が苦しんでいる想いをわかって欲しい、そんな人間ではない、誤解を解きたい、という想いだけで、電話を掛け続ける、メールやラインを送り続けるといった行動に出るわけです。

この時、元ストーカーの男性は、やっている行為が、相手に対して迷惑を掛ける行為だという認識はなく、『元交際相手が何の反応もしてくれない事が悪い』という錯覚に陥っていたのでしょう。

メールやラインを送り続け、出るまで電話を掛け続ける、この行為により、当然ながら元交際相手に通報される事になります。

元交際相手に自分の想いを伝えたかっただけなのに、誤解を解いてもらいたかったという思いが、通報され警告を受けた事によって、追い詰められたいう思いになり元交際相手にある愛情から、怒りに変化したといいます。

しかし、元ストーカーの男性は、怒りを通り越して、殺意が芽生えてしまったことで、このままではマズイ、ダメだと感じ、自ら入院を決意して更正する事が出来たという事です。

元ストーカーの男性が言っていたように、ストーカーする人は、自分が苦しんでいる事が大前提にあって、ストーカーをしている時の感情は、元交際相手に自分の気持ちを理解して欲しいわかって欲しいという思いからなのです。

わかって欲しい・・・、だからストーカー行為をしていいという事ではありませんし、ストーカー行為をしている時は悪い事をしている、迷惑行為だと感じていないからと言って、正当化する事はできません。

ストーカー問題解決する為には、復縁屋ジースタイルへご相談を。

復縁工作・復縁屋をお探しなら(株)ジースタイル

元交際相手に誤解されている、見捨てて欲しくないと考えるのであれば、ストーカー行為をまず止める事から始めなければなりません。

ストーカー行為は、元交際相手に迷惑を掛けているという事実があります。

迷惑行為というだけではなく、恐怖心を与える結果になります。

恐怖を感じている相手と、もう一度復縁したいと考える人は、絶対にいませんし、通報され逮捕されてからでは、手遅れになります。

元交際相手の誤解を解きたい、もう一度、本気で関係修復を望むのであれば、復縁屋ジースタイルでお話をお伺いいたしますので、ご相談下さい。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

菊池桃子さんのストーカー被害で知る、異常な思考... 女優でタレントの菊池桃子さんがストーカー被害に遭い、10日に初...
「びっくりするくらいの時間をかけて復讐する」岩月容疑者の脅迫メッセージ... 交際相手と別れてしまう結果になったのは、交際相手の家族が交際を邪魔した...
女性のストーカー ストーカーをする性別は男性、女性どちらが多いのか?という質問に...
復縁したい自衛官の男性が、ストーカーから始まり放火という重罪へ... 再三、弊社のブログでも復縁したい相手へのストーカーについて警鐘をならし...
ストーカー男性と別れたい… ストーカー男性と別れたい…警察も対応してくれないし、このままで...
ストーカー被害にお困りのときは… 本日放送の坂上忍さんとヒロミさんの番組、「怒りの追跡バスターズ...