Contents

Pocket

復縁成功したい方がとても気になる言葉に冷却期間というモノがあります。

復縁に関するブログや復縁関連の事を調べると絶対にヒットして来る冷却期間になりますが、冷却期間の有効利用方法について、分からない方がとても多くいるようです。

弊社では、よほどの事がない限り、冷却期間を空ける事は推奨しておらず、冷却期間を空けた所で復縁成功に繋がる事はありません。とお伝えさせて頂いています。

冷却期間を置く理由や冷却期間を空ける理由等、冷却期間についての解説がされているので、これから冷却期間を空けるか悩んでいる人、これから復縁活動を行う人の参考にして下さい。

参考ブログ記事

冷却期間をどれだけ空ければ復縁成功するの?

冷却期間で一番質問が多いのが「冷却期間をどの位の期間空ければ復縁成功出来ますか?」という質問になります。

結論から言えば、ただ時間が空いただけで復縁成功する事はないので一日だろうと一年だろうと変わりません。

という説明をさせて頂いています。

ここで言う、ただ時間が空いただけでは復縁成功しないというのは、冷却期間中に何もしなければいくら時間を空けようと関係が変わる事はありません。という意味があります。

どれだけの期間空ければ人の記憶が薄まっていくのか?

冷却期間の期間を知りたい方々は、これを知りたいのだと思いますが、期間を空ければ記憶が薄まるのなら、冷却期間を空ければ、あなたの復縁成功したいという気持ちも薄まるのではないでしょうか?

あなたの復縁成功したいという気持ちは何か月空けたら薄まりますか?

それが冷却期間を空ける事が一日だろうと一年だろうと変わらないという理由にもなります。

平均して3ヶ月程度の期間を空けなければ復縁成功はないと様々な復縁関連の書籍などを見れば書かれていますが、冷却期間は空けたところで何の効果もありません。

とりあえず平均3ヶ月って書いてあるから冷却期間を3ヶ月空けようというのは一番ダメな冷却期間の使い方になります。

それでも冷却期間が必要な理由があります。

復縁成功の合言葉

冷却期間は相手との距離を置く為の期間ではなく、復縁したいあなたの頭を冷ます為の期間になります。

自分の頭を冷ましたら、復縁出来ないじゃないか!と思う方も少なくないと思いますが、

  • 復縁したい…
  • よりを戻したい…
  • 何で復縁してくれないの?
  • どうやったら復縁してくれるの?
  • お願いだから復縁して

と考える今の状態は冷静に物事を考える事が出来ているのでしょうか?

別れを決意した相手から、上記の様に縋られ、あなたとの連絡を拒絶されれば復縁成功どころか、途切れた縁が修復される事はありません。

復縁したい相手から距離を置かれない為に、距離を保つ為に冷却期間が必要な場合もあります。

復縁成功したいから冷却期間の効果って、どんな効果があるか知りたい…

冷却期間の効果は人によって変わります。

冷却期間を空けたので復縁成功に繋がるケースもあれば、冷却期間を空けたせいで完全に復縁成功が途切れたケースもあります。

過去は美化されると言いますが、過去の失敗が更に悪い印象として残される事もあります。

例えば、浮気をした事が美化される事はありませんが、冷却期間を空けようとする方の中には、自分が浮気した事実が消えるかも!?と考えている方も少なくありません。

悪い印象が消える事はありませんが、冷却期間を空ける効果に記憶喪失を求める方もいますが、そういった効果はありません。

冷却期間の距離を置く事で、マンネリ化した関係に新鮮な空気を与える事は出来ますが、毎日の様に連絡していたり、会っていたりを繰り返していた状態が改善する場合に効果はありますが、それが逆効果になり、距離を置いたから離れていくケースも考えられます。

冷却期間の意味を知っておけば復縁活動の強い味方となってくれます。

冷却期間には意味があり、その意味を理解していれば冷却期間を有効活用出来ます。

冷却期間を連絡をしない期間と考える方は非常に多いのですが、冷却期間は期間中にどれだけ別れの原因となった問題点を改善出来るか?という期間になります。

合わない間に魅力的な男性、魅力的な女性になるからこそ、再会した時に『別れなければ良かった』と思わせる音も出来、復縁成功に近付く事が出来ますが、

この意味を知らずに冷却期間を設ける方は期間を設けるだけで何もしないのですから、冷却期間を設けたところで、もう一度復縁しても良いかな?と考えてもらえる事はありません。

参考ブログ記事

冷却期間を空ければ復縁成功出来るかも!?と淡い期待を持つ方へ

冷却期間は期間を空ければ良いという訳ではありません。

まずは友人関係から始めるという方法がありますが、人間関係構築を目的として冷却期間を設けるなら、効果的に冷却期間を活用出来るケースはあります。

しかし、復縁成功の為に冷却期間を設ける方は、冷却期間を設けた直後に復縁を求めます。

その結果、復縁成功に到る事はないのです。

冷却期間を何か月空ければ良いのか?という発想自体が誰かと人間関係を築く為の発想ではなく、そもそもの考えが間違えているからこそ冷却期間をいくら空けようと復縁成功に辿り着く事はないのです。

参考ブログ記事

冷却期間の様々な意味合いを知る事で有効活用する

子供の事を考えたら…

冷却期間の定義について簡単にご説明します。

  • 1.別れた直後の高ぶった感情が落ち着くまでの期間
  • 2.相手のあなたに対する嫌悪感や不信感を鎮める為に必要な期間
  • 3.あなた自身が冷静な判断ができる状態に戻す為の期間
  • 4.相手がもう一度好きになってくれる程の魅力的な自分に変わる為の期間

1と2は、誰もが理解できる冷却期間の必要性であるかと思います。もちろん大切な意味を持ってはいます。

しかし、本当の意味での冷却期間とは3と4に重要な意味合いが含まれている事がお分かりでしょうか?

相手の怒りを鎮める為だけに期間を空ける訳ではないのです。

冷静な判断ができる状態に戻す為の期間

すれ違いや一時的な感情で別れに至った場合は、少しの冷却期間を空ける事で復縁成功に至る事もあります。

しかし、多くの場合、あなた自身に多くの問題があると考えるべきであり「これくらいの冷却期間を空ければ、相手も考え直してくれるだろ」と思い違いする事はとても危険です。

自分に都合の良い考え方や、思い込みを是正し、正しい自己分析と冷静な判断、冷静に自分を見つめ直すにも必要な期間になります。

ですが、なかなか自分では気付けない方も多く、そんな時は自分以外の第三者、知人や職場の同僚でも良いので、利害関係のない第三者に客観的な分析をしてもらい、現実から目を背けず、自分自身を見つめ直すのに必要な期間を冷却期間と言います。

魅力的な自分に変わる為の期間

自分と向き合う事が出来、別れた原因を知る事が出来た時に、今の自分が復縁すれば、相手を不幸にさせてしまう…不幸にさせない為に自分が変わらなきゃいけない…と考えた時に冷却期間が必要な事に気付くと思います。

冷却期間を自己改善・自分磨きの時間として使うのです。

相手の気持ちは簡単に変える事は出来ませんが、自分の内面や外面は、自分自身の意識と行動次第で変える事は出来ます。

本当に必要な冷却の期間とは、復縁したい相手から魅力的に感じてもらえる自分になるまで』なのです。

どれだけ過酷で厳しい自己改善を施しても、相手から認めてもらえなくては復縁成功には届きません。

相手から認めてもらえる以前と変わった自分になる為の改善期間を冷却期間と呼びます。

参考ブログ記事

単純に冷却期間を空けただけで復縁を目指した結果、得られる事

オタワに住む心理学者スー・ジョンソンさんが、このようなことを仰っています。

ある期間、冷却期間を置いたからといって、離婚に至った問題が解決されていなければ、復縁成功してもうまくいくわけがない

この言葉では離婚と言われていますが、これは離婚以外の関係の破綻全てに当てはまります。

考えてもみて下さい。

激しく喧嘩をした相手が、時間が経ったからと何食わぬ顔で話しかけてきたらどう思いますか?

  • 喧嘩をした事すら忘れているのではないかと、耳を疑いませんか?
  • この人は大丈夫なんだろうか…?

上記の様になりませんか?

それと同じく、ただ時間が経ったからと平然とした顔で復縁したいと持ちかけても、復縁成功に繋がる事はありません。

そもそもの関係の破綻原因の解決やそれについての謝罪、反省があって初めて心を少し開いてくれると思いませんか?

また仮に一時的な復縁があったとしても、根本的な解決が出来ていないので、再び関係は破綻してしまいます。

セフレ等に留まり、その先に進めない方々は、お互いを利用している関係でしか捉えられません。

参考ブログ記事

1人でも出来る冷却期間中の自己改善

恋人と復縁成功したい…と本気で思うなら

冷却期間は、2人の関係をクールダウンさせる為のものではありません。

お互いについて考え、話し合い、譲り合い、慈しみ合う事が出来なくなった2人の頭を冷やす為の期間になります。

  • 話し合いが出来る精神状態になる
  • 譲り合いが出来る心の余裕を持てる様になる
  • 相手を慈しみ、正しい愛し方を考え直す

上記が冷却期間で求めるものになります。

冷却期間を設ける必要がある場合、上記のどれかが出来ないので冷却期間を設けたいと考えると思います。

もしくは相手から上記の事が出来ない人という認定を受けてしまったから冷却期間を必要としているのです。

その冷却期間中にしなければならない事は沢山あり、沢山ある事を身に付けようとする努力をする為に必然的に冷却期間は延びていきます。

誰にでも出来る冷却期間中の努力の方法について下記に掲載しているので参考にして下さい。

参考ブログ記事

大切なことは、聴く力。冷却期間中に聴く力を身に付けよう

  • 話し合いが出来る精神状態になる
  • 譲り合いが出来る心の余裕を持てるようになる
  • 相手を慈しみ、正しい愛し方を考え直す

これら3つに共通している事は何でしょうか?それは、相手の気持ちを聴く力を持つ事です。

ただ話を聞いていれば良い訳では勿論ありません。

しっかり耳と心を傾け、表面上の言葉以外の心の本質を聴き出し、見抜く力が必要になります。

「大丈夫?」と聞かれると大抵の人は「大丈夫」と返ってくるので「駄目そう?」と聞いた方が良いと見かけてから積極的に「駄目そう?」と聞く様になったら、今まで大丈夫って返ってきたのが八割くらい「ちょっと駄目」と返ってくるようになりました。

とツイッターで発言した方が少し前にネット上で話題になりました。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で<a href=

このツイートを読んで、「確かに!」と感銘を受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「大丈夫?」と聞けば、反射的に「大丈夫!」と答えてしまう。

本当は大丈夫ではなく、

  • 話を聞いて欲しい…
  • 手を貸して欲しい…
  • 仕事の締め切りがキツイ…

と、心の声と言葉の声は異なります。

「大丈夫じゃないです。苦しいです。助けて下さい」と、自分の弱い部分を見せる事を、特に日本人は苦手としています。

相手の期待に答えようと必死だからこそ、そもそも大丈夫ではないとの前提の質問をする事で「ダメかも…」という心の声が引き出し易くなるのです。

これを見て、あなたは復縁したい相手の心の声に本当に耳を傾けられていたか?冷却期間中に考えてみるのも1つの自己改善になります。

”言わせなければ”聞き出せないを冷却期間中に学ぼう

「言わなきゃ伝わらない」との言葉を耳にした事がない人は少ないと思います。

「言わなければ伝わらない」は正しい事です。

しかし実際は、言えない空気になっている事が、社会では多くあり、恋愛関係においても、直して欲しいところを指摘すると怒る・不機嫌になると相手に思わ為に、本当は嫌がられている癖を指摘されづらい環境を作ってしまっていた、気がついたら愛想を尽かされていた、というケースも良くあります。

伝えて不機嫌になれば、関係を壊したくないのですから悪い部分を指摘出来なくなります。

分かり易い例で言えば、酒乱の人にお酒を飲むな!といえば暴力を奮われるかもしれない…となれば、お酒を飲むな!とは言いづらいですよね?

それと同様に、言わせない状態を作ってしまえば、相手が溜め込んでいるものを吐き出す事が出来ません。

その分、ストレスが溜まり、周囲にクダを撒き、結果的に別れを選ばれる事にもなります。

「言わなきゃ伝わらない」の前に「言わせない状況を作り」をしてしまえば本音を話してくれる事はありません。

相手に言わせる方法、相手の気持ちを聴く力を持つ事が、復縁成功にはとても重要であり、これは冷却期間に1人で出来る事でもあります。

参考ブログ記事

どうすれば冷却期間中に相手の気持ちを聴く力を持つ事が出来るか?

様々な鍛え方はありますが、やはり基本は相手の立場になって考えるです。

先ほどの「大丈夫?」を例とするなら、「どう聞かれたら”大丈夫じゃない”と答えやすいか?」を考える事が鍛える方法となります。

例えば仕事に追われて追い詰められている同僚に対し「大丈夫」以外の答えを引き出そうとするなら

  • 「ちょっとしんどいでしょ?」
  • 「自分がそれをした時はかなり辛かったけど、無理じゃない?」
  • 「手伝わせてもらっても良い?」

などの質問方法に変えれば、

  • 「しんどいかも」
  • 「正直無理です」
  • 「良いですよ」

というような、「大丈夫(=自分ひとりで平気)」以外の回答を引き出し易くなります。

上記の3つが問いかけ方の正解という訳ではありませんが、どんな質問パターンがあるか?正解を1つに絞らずに沢山考えれば考える程に、聴く力は鍛える事にも繋がります。

日常生活での周りの人とのやりとりを基にしても構いません。

  • ・どういう質問をすれば、もっと違う答えが聞きだせるか?
  • ・どういう質問の仕方をされたら本心を言い易いか?

冷却期間にやらなければならない事は他にも沢山ありますが、これ1つだけでも変えていく事で周りから「最近変わったね」と言われる様になるのではないでしょうか?

冷却期間の「過ごし方」で相手からの評価を上げる為に

その復縁活動であってますか?

冷却期間を設ける事について考えた時に、弊社にご相談下さる方の多くが、冷却するのは相手の考え(またはお気持ち)と考えていらっしゃいます。

いいえ、違います。

それこそが、復縁出来ない理由にも繋がるのです。

多くの方が冷却期間に冷却させるのは相手の気持ちだと考えます。

別れたい相手と、それに必死にすがる人、テンションが上がり、熱くなっているのは、どちらでしょうか?

別れたい相手は、冷静に考えた結果、別れを選択しています。

そして、別れの言葉を切り出され、熱くなっているのは相手でしょうか?自分でしょうか?

自分と離れる事で相手が人生に損があったとしても、それは相手の選択ですから、離れてしまえば相手の責任になります。

自分と付き合っていた時は…私がいないと生活が…と考えたところで、相手はその選択をし、その生活を望んでいるのです

それを考慮せず「時間が空いて相手の頭が冷えたら、別れについて考え直してくれる」と暢気に冷却期間を過ごして復縁成功を望む方は非常に多いのですが、相手が後悔するのなら、この冷却期間の記事を必要としているのは、あなたではなく、相手になります。

しかし現実、この記事を読んでいるのは誰でしょう?

そうです。あなたです。

数日、数週間、数ヶ月空けて「そろそろ頭を冷やしてくれたかな?」という気持ちで連絡をしても「せっかく忘れていたのにしつこいな…!(怒)」と悪い印象を与えてしまう事もあります。

参考ブログ記事

冷却期間を有効利用して自分を改善。相手に会わせて自分を改善する事が復縁成功の鍵

大きなポイントとして、冷却するのは自分の考え、または気持ちになります。

相手は復縁を望んでないのですから、冷却するものは何もありません。

復縁を望んでいる自分の考えや気持ちを冷却する必要があるのです。

考えや気持ちを変える内的変化だけでなく、その変化を行動に生かす事が求められますが、それを自己改善と呼びます。

自己改善についてお話しをお伺いすると「すでにしてますよ」と仰る方がいらっしゃいますが、自分がしている事、自己判断の努力を良い方向への改善だと思い込んでいませんか?

復縁成功を求める際に本当にすべき自己改善は相手に合わせた自己改善です。

自分で考える改善は、自分に合せた自己改善であり、その自己改善を相手は求めていません。

冷却期間中に自分の精一杯考えたは通じません。

冷却期間が明けないままに相手にフェードアウトされて困って弊社にご相談下さる方がいらっしゃいます。

まさに、間違った冷却期間を過ごされた方になります。

断言出来ますが「冷却期間を置こう」と言われて何もせずに待っていても、冷却期間が良い方向に進む事はありません。

相手の気持ちを考える

上記でも相手の気持ちを考える事を書かせて頂きましたが、簡単に見えて難しい事になり、復縁の基礎であり基本となります。

基本が出来なければ、応用は出来ません。

今までの振る舞いを考えながら、相手の今の気持ちを考え、アクションやアタック方法を考える必要があります。

「自分では精一杯考えた」と仰る方もいますが、精一杯でも足りないものが復縁であり、復縁成功が如何に難しい事なのかが分かると思います。

精一杯付き合いを継続させてくれた相手への誠意として、精一杯以上に考えなければなりません。

何故なら別れたという状態は以前のあなたに対して、相手はNOを突き付けている訳ですから、以前のあなたが考える精一杯では全くもって足りないのです。

参考ブログ記事

冷却期間後のアプローチの失敗例として参考にして下さい

とある相談者の一例になります。

奥様から離婚を言い渡された後に冷却期間として別居をする事になりましたが、冷却期間として連絡を2ヶ月絶った後に、「そろそろ機嫌直った?掃除とかあるんだし、早く家に帰ってきてよ」と電話を掛けたそうです。

その方は見事に電話を着信拒否され、数日後に郵送で離婚届が届いたそうです。

その段階で何故冷却期間を空けたのに妻が怒ってるのかが分かりません…妻の言う通り冷却期間を空けたのに離婚届を送られて…

こういった相談を頂く事は少なくありません。

本当に復縁成功を求めている方へ冷却期間で考えて欲しい事

ずっと一緒にいたい人がいる

もし復縁成功したいと思っていらっしゃるのであれば、ゆっくりのんびり過ごす冷却期間は存在しません。

その期間中に自然消滅してしまい、相手に新しい恋人出来れば、復縁は尚更困難なものとなります。

冷却期間は出来る限り短いに越した事はありません。

もし今冷却期間中の方がいらっしゃいましたら、今のご自分の時間の遣い方を見直してみて下さい。

「ある期間、冷却期間を置いたからといって、離婚に至った問題が解決されていなければ、復縁してもうまくいくわけがない」

これは絶対に忘れて頂きたくない言葉です。

冷却期間に関して大切な事は3つ。

  • ①冷却すべきは自分自身の気持ちや考えである事
  • ②冷却期間の過ごし方で、復縁出来るかどうかが変わる
  • ③冷却期間を持つべきか?持たないべきか?

復縁は、ただ一時の恋愛にまつわる事柄ではありません。

これからの人生を過ごす大切な人を幸せにする約束を言葉や行動で示す事が出来て初めて復縁成功に繋がります。

付き合い当初は相手の幸せを願い、自分の幸せを願い、それが叶った時に偶然出会った相手とお付き合いという奇跡が始まりました。

その奇跡をもう一度起こす為に必要な事は自分が相手を幸せにするという気持ちになります。

今のままの自分が復縁して相手を幸せに出来ますか?相手は幸せだと言って下さいますか?

冷却期間中にあなたが考えなければならない事は相手の幸せを願う事でもあるのです。

自分が復縁したい…その気持ちを伝えるだけでは足りません。

あなたと復縁すれば相手が幸せになれると思ってくれるから復縁したいという気持ちが叶います。

復縁成功を望む方が一人でも復縁成功し、その相手を幸せに出来る事を弊社は陰ながら応援させて頂きます。

どうしても復縁成功したい…復縁成功率を上げたい…とお考えの際はお気軽にご相談下さい。

参考ブログ記事

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁を成功させるために、「誰のための冷却期間か?」を把握してください... 昨今ジースタイルに寄せられる復縁相談において、「冷却期間」について間違...
復縁屋を頼る前に冷却期間中に本当に復縁したいか確かめてみよう... 復縁屋を頼る前に復縁したいと考えている方へ復縁屋からのメッセージです。...