Pocket

別れ問題を抱えている方の悩みを解決する一番の解決策は何だと思いますか?自分の恋愛の事くらい自分で解決する!と考えるのは間違った事ではありませんが、自分で解決しようとする方のほとんどが後で後悔します。

何でこんなになっちゃったんだろう…こんなはずじゃなかったのに…

別れさせ屋相談にくる方の9割以上がこういった言葉を重ねます。

大抵の方が自分で何とかできるだろう…自分で何とかしなければならない…と考えて、自分の中でのみ成立する方法を用いて別れ問題が解決出来ると考えるのですが、現実はそう上手くは行きません。

どれだけ自分がベストな方法だと考えても、それが上手く相手に伝わらず、別れ問題は拗れに拗れます

拗れたものを更に自分でどうにかしなければ…と足掻くのですが、一旦拗れた物は更に拗れていきます。

そして自分ではどうにもならない問題なんだ…と気付いた時に初めて別れさせ屋に依頼する事を検討し、料金や方法などを模索するのですが、一旦拗れてしまった関係をどうにかしようとすれば、複雑になっている以上、別れ問題を解決させる事はとても難しい事になってきます。

問題が拗れる前から別れさせ屋に相談、依頼をしていれば容易に済んでいたかもしれない事を自分がどうにかしなければならないという気持ちが強く、その気持ちのまま問題解決にあたる為に別れさせ屋に相談するのも後手後手に回ってしまいます。

物が壊れた時に自分で直そうと無理をして、壊れていない部分も破壊してしまうといった事がある様に別れさせ屋に相談、依頼をしてくる方は自分でどうにか問題を解決しようとして別の問題を引き起こします。

最初から壊れた部分を専門家に見てもらえば安価で済んでいたモノが自分でどうにかしようとして破壊した部分までを専門家は修繕しなければなりません。

そうなれば費用が高くなるのも仕方のない事ですが、それらは自らが招いてしまった結果になります。

別れさせ屋に掛かる料金は自分がしてしまった事の代償であると考えれば、それが高いか安いかの判断は別れさせ屋が判断出来るものではありません。

何故料金が高くなるのか?

別れ問題を抱えなければ料金が発生する事もなく、問題も抱えず悩みを抱える事もありません。

そういった問題を抱えてしまったのは明らかに自分自身の問題ですから、その問題を作ってしまった為に発生する料金が高いと言われてしまえば、そうですかとお答えするしかありません。

別れ問題を抱えている方や復縁問題を抱えている方全員が命に係わる様な問題を抱えているか?と言われれば中にはそういった方もいらっしゃいますが、そうでない方が殆どです。
裏切られた。。。許したくない。。。

DVやストーカー問題を抱えている方は別ですが、復縁出来なくても生命の危機に到る事はありませんし、別れ問題を抱えていても生命の危機を感じる事はありません。

但し、復縁出来なければ死にたい…別れられなければノイローゼになってしまう…といった方ももちろんいらっしゃいますが、自分で作ってしまった問題を自分の力で解決出来ない事が分かっていなければ誰かに頼るしかありません。

誰かに頼る時に無償で何かをしてくれる人はご両親や兄弟などの親族位になりますから、無料でどうにかしてもらいたい…と考えるなら別れさせ屋に相談するのではなく、親族の方に協力を仰がなければなりません。

もちろん親族の方が別れさせ屋の業務を行っているのでしたら話は別ですが、そういった業務に関わっていなければ素人考えの元に工作を行わなければなりません。

素人考えの元に別れ問題を解決させようという事は別れ問題を抱えている方と同じレベルの考えで行動を起こす事に繋がり、それが果たして悩みを抱えている方が解決出来る方法なのか?については何とも言えません。

問題を解決するにあたって絶対に必要不可欠なのは問題の原因となる元の部分に対する情報収集が必要になります。

自転車のタイヤがパンクした時に、どこから空気が漏れているか?を調べ、それが接着剤でくっ付くレベルのパンクなのか、それともタイヤのチューブを〇〇交換しなければならないレベルのパンクなのか?情報があるからこそ解決策を見出す事にも繋がります。

タイヤのパンクを調べた結果、どこにも穴が開いてない状態が判明すれば空気を入れる栓の部分が劣化しているのでは?と気づく事もあり、それは調べてみなければ分からない事でもあります。

調べたからこそ判明した事実に対して策を弄するので、それがベストな方法として説明する事が出来ますが、そういった情報収集をせずに別れさせ屋が別れさせ工作の方法を提案する事は明らかに間違っている事が分かると思います。

別れさせ屋に問い合わせた方は『別れさせたいならハニートラップを仕掛けましょう』という内容を状況把握も出来てない状態で提案され、更にその料金まで提案されたという方もいらっしゃるかと思いますが、状況確認も出来ていない状態でハニートラップを仕掛ければ別れさせられる様に説明をされる事が如何に間違っているかは分かるのではないでしょうか?

恋愛問題で情報収集なんて要らないよ。と思う方も中にはいますが、人間関係の問題に切り込んでいくには情報収集は必須です。

人と人とが仲良くなる為には、その人がどんな事に対して興味を示しているか?という事を知るからこそ人間関係を構築する事が出来、どんな考えの元に行動しているか?が分かるからこそ人間関係の構築に到りますので、逆もまた然りという事になります。

情報がなければ何をすればどうなるのか?という事は分からず、依頼者の予想で〇〇をすれば別れると思うんです…という言葉の通りに工作した結果、何も変わらなかった…というケースも多々あります。

そうした情報を入手し、入手した情報を使い、復縁や別れさせを行うのが別れさせ屋の存在であり、そういった情報入手にも専門の調査員や工作を行うにしても専門の工作員を管理しています。

ここまでお読みいただいた方で賢明な方であれば事前に工作の方法を用意する事が正しいかどうかの判断は出来ると思います。

情報の真偽も確かめずに事前に決めた事を行おうとすれば、その工作は失敗する可能性が高く、机上の空論で何をすれば良いのか?という打ち合わせを依頼者と行った所で意味がありません。

情報というモノは生物と同じなので数か月前は〇〇だった…という情報を鵜呑みにしていれば予期せぬ出来事が起こるのは当然です。

数年前の情報ですと情報に不安がある…という方もいるのですが、数か月前の情報ですと自分思っている情報は絶対に正しいと考える方は大変多くいます。

その情報を鵜呑みにして、行きつけのお店等に行っても来る事がなく、空振りをしてしまった場合でも料金は発生しますし、情報を収集する時間が遅くなればなるほど状況も変わり、全てが後手後手に回る事もあります。

目的を果たす為に何が必要なのか?を集める情報収集はとても大切なモノですが、その情報収集を手抜きし、情報がないままに行動を起こそうとしても失敗します。

例えば調査を行っていてもいざ接触しようと行動に移した途端に対象者が出張などに行ってしまい、事前に判明させていたポイントで接触出来なくなってしまうケースもありますし、情報がいかに大切かという事を別れさせ屋側は工作を行う為には依頼者に説明しなければなりません。

依頼者の方々が別れさせ屋に最初に聞かなければならない事は料金や方法ではなく、その別れさせ屋がどの様な行動を起こしてくれるのか?を知り、料金や方法については、別れさせ屋がどう考え、行動するのか?を知った後に聞く様にしなければなりません。

料金や方法は依頼者にとってとても気になる部分ではあると思いますが、安い料金だから依頼をする。高い料金だから依頼をする。といった考え方はとても危険です。

方法についても事前にハニートラップなどの固定した方法を提案してくる別れさせ屋であれば、本当にそれで別れさせる事が出来るのか?という部分まで含めて検討しなければなりません。

同様に、一社にハニートラップを仕掛けてもらったけど上手くいかなかった…という方がもう一社に依頼してハニートラップを仕掛けてもらおうとしたけれど上手くいかなかった…という場合に他の別れさせ屋ならハニートラップが上手くいくのではないか?と考えるのは間違いであり、ハニートラップが上手くいかないのなら別の方法を提案してくれる別れさせ屋を探さなければなりません。

料金と方法にこだわり、大切な部分の説明を受ける事無く、契約を交わしてしまい、失敗してしまった方はとても多く、弊社にもその相談を多々頂きます。

別れさせ屋を料金で選ぶ場合

別れて明るい未来を目指したい

例えばA社B社で説明を受ける時に同じハニートラップの方法を提案されたとします。

方法は全く同じハニートラップなのですが料金はA社50万円とB社80万円と異なるとします。

方法が全く同じなら安い方が良いと考えるのが普通なのでA社との契約を進めるとします。

A社で契約をしたけれど工作が失敗してしまったからB社に依頼して同じ事をしてもらおうとするのは間違いであり、高い確率でB社に依頼しても工作は失敗します。

しかしC社は100万円だけれどA社B社とは方法が異なるとします。

その場合、B社とC社のどちらを選んだ方がお金を無駄にせず、要望を叶えてもらえそうなのか?と言えば断然C社を選ぶべきなのですが、予算という問題にあたり、C社に依頼する事が出来ないのでB社と契約を交わしたとします。

これは『お金はないけれど何かをしなければ満足できない…納得出来ない…』という自分の気持ちを晴らすだけであり、工作の成功を望む行動ではありません。

料金で選びたくなるのは予算の都合もあり、仕方のない事ですが、結果的にA社B社の料金を合わせればC社と契約を交わせていた訳ですから、ハニートラップありきで別れさせ屋を選ぶ事自体が間違っていたという事になります。

料金や方法は別れさせ屋を選ぶ選択肢の一つになりますが、料金や方法に捉えられて重要な部分を見逃せば自分が求める結果を得られる事はありません。

最初からシッカリと説明を聞き、依頼する前に検討する部分を間違えなければC社に依頼して要望が叶っていたかもしれません。

料金で別れさせ屋を選ぶのは間違いだ。とは言いませんが、別れさせ屋選びで料金や方法だけを求めていけば失敗するケースは多々あり、それだけに固執し、何が大事なのかを理解していなければ別れさせ屋選びの段階から失敗してしまう事も考えられます。

工作の方法や料金だけを見て別れさせ屋と契約するのではなく、必要な部分を抑えて別れさせ屋に問い合わせをする様にして下さい。

別れさせ屋を方法で選ぶ場合

あの人を取り戻したいなら別れさせ屋

別れさせ屋に『どんな方法で別れさせてくれますか?』という質問をしてみて下さい。

この段階で『対象者に異性を近付けて浮気の状況を作ります』という様な別れさせ屋があれば、絶対に契約を交わさない様にして下さい。

その別れさせ屋に依頼してハニートラップをするという内容だとしても、それが成功するかどうかは対象者の情報も無ければ分からないハズです。

異性を近付ければ別れるだろう…、異性を近付けて浮気の現場を作ってしまえば別れるだろう…といった安易な考えの元に工作を行う事が予測され、その先の結果は容易に想像する事が出来ます。

浮気をするから別れる事が確定しているカップルは存在しません。

別れる為の要素があり、その要素が溜りに溜まって別れるケースはありますが、人間の考えや行動に確定事項というモノはありません。

別れるかもしれない…別れるだろう…という予測は出来ても確定で別れる。といった事はありません。

だからこそより効果的な方法を模索する事や情報収集をし、その情報を元に別れ問題を解決する為の方法を提案しなければならないのですが、ハニートラップをしたから別れるといった確定事項はありません。

別れに到るには別れる為の鍵穴となるものを探し、その鍵穴鍵を指すからこそ別れという扉は開きます。

その鍵穴に無理に違う鍵を指した所でドアは開きませんし、鍵穴に合った鍵を指さずに鍵を回さなければ鍵穴は潰れてしまいます。

強引にハニートラップをした所で2人の関係が強固なものとなってしまう事もあり、別れに到る所か関係が良好になってしまう事もあるのです。

別れさせ屋が提案してくれる方法は上記の例で言えばとなります。

その鍵を指す為の鍵穴はどんな形状なのか?を調べるから鍵を合せる事が出来ますが、その形状を調べる事無く無理に鍵を指せば上手く行く事はありません。

別れ問題を抱えて方法を求めるのは絶対に間違っているとは言いませんが、別れさせ屋が行う方法で関係が更に良好になってしまう事も考えられますからご注意下さい。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

別れさせの解決策とは? 別れさせたい相手(別れたい相手)との円満解決を望む方からのご相談を復縁...
別れさせ工作をする為に 別れさせ工作を成功させる為には情報がなければ調査をしなければ何...
2018/04/04の別れさせ成功者の声 I.Kさん (24/大阪) 別れさせ屋工作成功例はコチラ ストー...
福岡で妻と不倫相手を別れさせたい 福岡で妻と不倫相手を別れさせたいとお考えの際に不倫の証拠を...
2017/05/11の別れさせ成功者の声 M.Kさん (27/東京) 別れさせ屋工作成功例はコチラ 7ヶ月...
夫と大阪で離婚したいなら 夫婦生活に悩み離婚を意識しているものの夫が大阪で離婚に応じてくれない…...