Pocket

復縁工作、復縁屋、復縁相談をお探しなら株式会社ジースタイルにお任せ下さい
突然ですが、お客様は去此不遠という言葉はご存知ですか?

間にひらがなが入っておらず、なんだか中国語みたいですよね。

実はこれは仏教にまつわる言葉で、大乗仏教(日本の仏教)で作られた言葉です。

「去る」「此処」「不(ず)「遠い」、「こちふおん」と発声し、「此を去ること遠からず」と読みます。

そうやって口語にしても、それでも意味がわかりづらいですね。

詳しく説明するととても膨大な量の文章になってしまうのですが、この言葉をシンプルに説明すると、「あなたの求めるものは遠くにはないし、遠くではないよ」とのニュアンスです。(求めるものとは、仏教的に言えば「救い」だとか「極楽浄土」だとかです)

人はいつも自分の欲しいものは遠くにある、だから手が届かない、と四苦八苦しながら生きていますが、”本当”はあなたのすぐ側、心の中にあるよ、というのがこの言葉の意味となります。

「それがどう復縁に関係が?」とお思いになるかもしれません。

ですが、この「”本当”はあなたのすぐ側、心の中にあるよ」というのは、復縁には非常に重要なのです。

復縁したい人・復縁できない人は、手が届かなくて見えもしない、見ても真実ではない理由にばかり目を向けて、「どうして復縁できないんだろう?」「だから復縁できないんだ」と、自分の外の世界にばかり理由を求めます。

例えば「向こうもわたしも仕事が忙しかったから・・・」などです。

でも、それは間違えた考え方です。

仕事が忙しくても、お相手様との関係性に対して手を抜かなければ悪化や破局はしなかったでしょう。

そこで手を抜いたご自身の責任で、破局に至ったのです。

理由は外界ではなく、常にお客様の中にあります。

例えば復縁したいお相手様に新しいパートナーがいても、「お客様がより魅力的であれば」、お相手様は戻ってくるでしょう。

仕事が忙しくてもそれを「フォローできるお客様であれば」、お相手様にとってお客様は必要な存在になることができます。

復縁したいお相手様に今は嫌われていても、「お客様が好かれる人になることができれば」、お相手様はお客様をもう一度愛してくれるでしょう。

このように、復縁できない理由は常にお客様の中にあるのです。

その理由をきちんと見つめて自分自身に磨きをかけなければ、例えどんな奇跡的なめぐり合わせがあっても復縁はできません。

復縁工作をしても、です。

「遠くにある、だから手が届かない」と仕方ない理由を探してそれに迎合することは簡単です。

ですが、そうやって思おうと、納得しようとしてもできないから、やはり「よりを戻したい」との気持ちが溢れるのでありませんか?

だったら外の世界に目を向けるのではなく、仕方ない理由を探すのではなく、もっと自分自身を見つめましょう。

何故お客様はお相手様に必要とされなくなったのでしょうか?

どういう性格のせいで、どういう行いのせいで嫌われて不必要だと思われるようになったのでしょうか?

お客様の問題点はどこにありますか?

「”本当”はあなたのすぐ側、心の中にあるよ」、その言葉を胸に、もう一度自分に問いかけてみてください。

復縁できない理由は、常にお客様の中にあります。

これはどんな別れ方のお客様にも共通していることです。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

嫌われている自覚はありますか? 「突然連絡が途絶えました」「明らかに拒否されています」 ...
よりを戻す期間はどの位? よりを戻す為に平均してどの位の期間儲けられているんだろう?自分がよりを...
付き合いの長さで復縁の可能性は変動する?しない?... お付き合いが長ければ長い程、別れた後に復縁したい、元彼(元彼女)しか考...
「キューティー・ブロンド」はご存知ですか?... お客様は、「キューティー・ブロンド」という映画はご存知でしょうか? ...
恋人の事を信じることが出来ない為、不機嫌な言動を繰り返す... 復縁を望む人だけの一方的な想いだけでは復縁する事はできないとい...
復縁を望む方の立場は弱い 弊社へ、復縁したい旨の相談を日々お受けしていますが、やはり復縁を望む方...