Pocket

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

○○に新しい男がいるような気がするんです!別れさせ工作もしたほうがいいですか?!
なんて仰るお客様がいらっしゃいます。
確かに復縁のためには、時に別れさせ工作も必要な場合もあります。
それは否定できません。

で・す・が。

さて、工作ばかりを優先していて、復縁はできるでしょうか?
答えはNOです。

その理由はといえば、簡単なお話。
仮にお相手様に新しい交際相手がいるとして、”その人と別れたら元の交際相手である依頼者様の元に戻ってきてくれる”なんてことはないからです。
また別の方とお付き合いなさるかもしれません。
「選ばれたのは綾鷹です」なんてCMがありますが、選ばれなければ復縁はできません。

人は誰しも、よほどの事情がなければ、自分が一番好きだと思う人と交際をします。
お相手様にとってお客様は一番ではなくなったから、別れたんです。
これが非常に重要で、”一番にならないと復縁はできない”のです。
別れさせ工作をしたとして、独り身になったお相手様が、既に一番でなくなったお客様と再度交際するでしょうか?

別れさせ工作や復縁工作、どちらにも言えることですが、工作はしないにこしたことはありません。
というのも、工作は期間も費用もかかるからです。
期間や費用をかけても100パーセントとは言うことはできませんし、そもそもお金を無限に持っている人はいません。
無駄・・・とまではいかなくとも、他の方法がある状態でわざわざ工作をする意味って、ないと思いませんか?(こちらを参考にしてください
その上、別れさせたからといってお相手様が別の方を選べばまた別れさせ工作の繰り返しになるだけです。
各種工作をやったからといって、全てまるっと全部がハッピーエンド!なんて保障はないのです。

じゃあ復縁屋に依頼をしても無駄じゃん!
・・・なーんて思われそうですが、そういうわけではないですよ?

もっと他に、優先すべきことがあるんじゃないですか?
ということです。

極端な話、別れさせ工作なんてしなくても、お相手様に「久しぶりに見かけたら・・・あれ、前よりも素敵になってる・・・」と思ってもらえる人になれば、略奪して復縁できますよね。
そうすることができれば、壮大な復縁工作だって必要ありません。(ちょっとした再会工作だけで済みます)
復縁について悩むお客様は、悩んで悩んで思いを燻らせて腐らせて、物事を複雑に考えてしまいます。
答えはもっとシンプルなんです。

以前よりも素敵な人になる
それさえできれば、一度付き合った実績はあるのですから、本来復縁だってそんなに難しいものではないはずです。
それをあーでもないこーでもないと考えて自分に言い訳をして、「新しい交際相手がいるから復縁できないのかも?!」なんて考えるのは、自惚れでしかありません。
答えは簡単なものです。
交際相手として不足と思われているから復縁できず、復縁したければ以前よりも素敵な人になること!
たったそれだけです。
「新しい相手が~」なんて外部に問題と解決を求めるより、自分が魅力不足であると内部の問題を見つめて解決をするために努力をしましょう。

しかし、”たった”と言ってしまえば簡単なように見えますが、簡単ではないのが復縁。
それをサポートするのが、弊社株式会社ジースタイルのような復縁屋です。

破局の本当の原因を調べ上げ、改善すべき点を明確にし、最短の復縁に向けてサポート致します。
日数的にも費用的にも無駄のない復縁サポートをお求めの方は、是非一度株式会社ジースタイルにご相談ください。

■⇒彼から距離を置きたいと言われたら

■⇒喧嘩をしても、好きですか?

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れの悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい・各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁電話相談のメリット・デメリット... 株式会社ジースタイルでは復縁についてのお悩みを抱えているお客様...
復縁相談から結果報告までの流れとは?... お客様のほとんどが、今までに復縁屋を、ご利用する事はなかったと思います...
あなたは復縁成功出来る人?それとも復縁成功出来ない人?... 別れた相手ともう一度やり直したい。 自分はこのまま復縁活動をして...
復縁屋工作の心理誘導を理解して復縁成功を目指そう... 復縁工作の方法といえば心理誘導の事を指しますが、ご相談頂く方達...
復縁屋と友人への相談の違い 復縁したい時に真っ先に相談するのが友人達への相談だと思います。...
復縁工作と成功率の為の情報量 復縁工作をする際に対象者を発見し、接触しなければなりませんが、...