Pocket

長年連れ添って夫婦生活を送っていると

  • 価値観の違い
  • お子様の教育方針
  • 金銭的な問題
  • DV・不倫

といった原因で夫婦喧嘩に発展し、別居⇒離婚という結末を迎えてしまう夫婦は少なくありません。

付き合っていた頃は気にならなかった小さな差異が、同居生活が長く続く事で目についてしまい、仲が良かった時は気にもならなかった事が気になり出し、徐々に関係が悪化することもあります。

「女心と秋の空」なんて言葉もありますが、女性の心は非常に変わりやすいことは有名な話ですよね。

男性の立場で「昔は違ったのに…」と感じる頃にはもう遅く、とうの昔に奥様も同じ事を感じてしまっていて、夫が仕事に行っている間にパート先や習い事などで出会った男性と「昼顔妻」に…なんてことは、よくある話です。

  • ※昼顔妻=夫がいない平日昼間に不倫をする主婦のことを言う。(引用元:ウィキペディア

家庭での夫や子どもについての愚痴、女性として見られなくなり「母親」「妻」としてしか見てもらえなくなってしまった不満。

何より女であることを持て余す奥様の心と身体の隙間に不倫相手は蛇のようにするりと入り込み、久しく恋愛を忘れていた奥様は情熱的な誘惑に負けてしまい、不倫相手に心も身体も絡め取られてしまいます。

女性は情が深い方が多い分、不倫相手との情事が重ねるごとに

「不倫相手と一緒になりたい…」

という感情を持つようになり、悪い意味で行動力のある女性は、不倫相手と一緒になる為に夫との生活に見切りを付け、家を出ていくこともあります。

上記のように「不倫相手と一緒になりたいから別居生活を選んだ女性」もいる一方で、「別居生活を送っている最中に不倫相手が出来た女性」とのケースもあります。

元々夫に不満があった妻が別居生活で自由を満喫している間に好きになる相手を見つけてしまい…というイメージです。

このような状況の「別居生活を選んだ妻との復縁」を考えた際に、不倫相手が存在しているせいで復縁が上手く進まないケースは多々あります

不倫相手との未来を夢見る妻は不倫相手の存在を隠しながら「離婚する!!」の一点張り。

反面、別居生活から元に戻りたいのに八方塞になってしまった夫というのは、強気に出るわけにもいかずかといって離婚もしたくないと、あたふたするのみです。

妻側は離婚したい。

でも夫側は離婚したくない。

という状態が続けば、意見が平行線になります。

状況が進展しない妻は、弁護士を委任するかもしれません。

有責側から離婚はできないとはいえ、別居生活が長く続けば続くほどに婚姻関係の破綻は証明されてしまい、最終的に嫌でも離婚の話に進みます。

弁護士に委任されれば、代理人たる弁護士がいるからこそ、妻側との連絡は遮断されてしまいます。

奥様とお子様に関する情報は弁護士経由で得る事になり、離婚問題解消に時間が掛かり、望まない未来に進む可能性もあります。

何とか離婚を阻止しようと奥様やお子様に直接訴えかけた際に「自宅周辺の巡回・張り込み・尾行」等、ストーカー(つきまとい行為)と言われても仕方のない行動を取ってしまい、復縁から遠のく事もあります。

妻と復縁したいだけなのに…。

復縁を望んだ結果にしてしまう行動で周囲の見方も異なりますが、奥様に恐怖心を抱かせてしまえば復縁は絶望的になり、ストーカー行為という印象を与えてしまえば離婚に向けて一直線です。

何かの拍子や友人・知人からの情報、SNSの情報で奥様に男性がいる事が判明した場合、冷静に受け入れる事は難しくなりますよね。

モヤモヤしている気持ちを少しでも解消させる為や、自分の目で事実確認をしたいので「自宅周辺の巡回・張り込み・尾行」を繰り返し行い、想いと行動が裏腹になります。

警察からの指導や弁護士が介入してしまえば、経験のない事から不安に押し潰されてしまいそうになり、離婚しなければならないのか…と心が折れてしまいます。

奥様の不倫相手の存在を知っているか知らないかで旦那側が取れる行動は変わるのですが、不倫相手の存在を知らなければ離婚したいという妻の気持ちを理解するのは中々難しいと言わざるを得ません。

奥様と別居した際に不倫相手の陰がある時は、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂ければ不安や心配を解消し、離婚に進むのではなく、復縁に向けたご提案をさせて頂く事が出来ます。

別れさせ屋ジースタイルが奥様と別居している状態で出来る事

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル

奥様の生活状況や周囲にいる人物(不倫相手や異性との交流)を割り出し、離婚させない状況作りに向けてご協力させて頂きます。

別居中の奥様と関係のある人物(対象者)の素行調査で判明させる為に下記をご提供させて頂く事が出来、弁護士のご紹介もさせて頂けます。

  • 奥様と対象者の不貞現場の証拠集め
  • 対象者の自宅・職場の判明
  • 対象者の行動調査「仕事帰りの立ち寄る場所や休日の行動(趣味など)」
  • 対象者の家族構成割り出し(既婚・未婚・同居人・実家など)
  • 対象者の不利となる証拠集め
  • 不貞行為が判明した場合の報告書の作成
  • 不倫相手に対する別れさせ工作業務全般

同居していた際は全てとは言えないまでも奥様の行動やお子様の成長を見守る事が出来ても、別居してお互いに別々の生活をすれば私生活が全く見えなくなる為、不安に苛まれます。

不安からネガティブな思考になり、疑心暗鬼になり過ぎて奥様に対する愛情が捻じ曲がってしまい、復縁に向けての話し合いではなく別居生活を送っている奥様に対する詮索が始まり、奥様の離婚の意志は強まります。

事実確認を円滑に進めて不安や心配事を解消する為に調査が必要な部分でもあり、事実確認が出来れば安心感から奥様に対する接し方も変わります。

別れさせ屋ジースタイルに別居中の妻と復縁するなら専門家が専門知識を駆使して対応させて頂けます。

別れさせ工作で別居中の奥様と不倫相手を別れさせたい

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社(株)ジースタイル

別居中の奥様に不倫相手が存在したなら、不倫相手と奥様との関係を破局させなければ、離婚の回避は免れません。

不倫相手の存在が分からなければ奥様が何故別居しているか?という理由が分からないままに別居解消を申し立てる事になります。

真実が分かるからこそ離婚の話し合いが出来る状況になりますが、真実が分からないままに離婚の話し合いをしようとしても別居中の奥様は離婚を急かすだけで話し合いに応じてくれません。

別居中の奥様に不倫相手がいれば別れさせ工作を行う事で不倫相手との関係を解消させる事に繋がり、復縁に向けた話し合いをする機会が作り出せます。

別居中の奥様が何故別居しているのか?

判明させた後に復縁したいなら必要となるのが別れさせ工作になります。

別れさせ屋ジースタイルは別居中の妻に対する対応の仕方をアドバイス出来ます。

別れさせ工作のご提案はお任せ下さい

別れさせ屋ジースタイルに日々寄せられる別れ相談、離婚相談は年間300件以上になります。

別れ相談、離婚相談は現代では弁護士に相談するのではなく、別れさせ屋や復縁屋を運営する探偵社に相談する機会が増えて来ました。

離婚、別れといった別れに関する専門家と、離婚、別れといった人間の感情を無視して法律を元に相談を承る弁護士では相談内容に対する返答の仕方も異なります。

別居中の妻から離婚したい…と伝えられ、復縁したいと弁護士に伝えれば交渉はして下さいますが、奥様がNOと言えば交渉は決裂する事になります。

離婚、別れを回避する為に必要なのは奥様との交渉ではなく、奥様が離婚したい。別れたい。と考えている状態を心理誘導し、離婚したくない。別れたくないに変えなければ回避する事は出来ません。

一緒にもう一度過ごしてもいい…と別居中の奥様から考えてもらう為には交渉ではなく心理誘導が必須になります。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

別れさせたい相手がいる時に別れさせ屋に頼る事... 別れさせ屋ジースタイルには日々別れ相談を頂くので、「別れさせたい相手が...
復縁する為に別れ工作が必要な場合がある... 元カレ・元カノがいる人は、その相手との復縁を望み復縁屋へ復縁相...
『妻には他に男がいるかも・・・』と、ヒヤリングによって疑念が明確に。... 復縁を目指す為には、復縁したい相手をただ調べても、復縁に辿りつくことが...
恋人同士を別れさせたい。好きな人と付き合いたい。... 好きになった人に恋人がいた… もっと早く出会ってれば…と考える事...
恋人に新しい好きな人が出来てしまったら別れさせたい?... お付き合いしていた方に他に好きな人が出来たことでフラれてしまっ...
好きな人に恋人がいたときは…別れさせたい!?... 「恋は交通事故のようなもの」と言われていますが、出会ってしまっ...