Pocket

妻と復縁したいなら、妻が今どう考えているか?どういう状況なのか?を把握しなければなりません。妻と離婚していない事が前提ですが、離婚している場合と離婚していない場合では対応の仕方が異なります。妻から離婚を切り出されていると状態と離婚している状態では大きな差があり、離婚していない状態であれば何故離婚を考える様になったのか?という部分から考えていかなければなりません。

関係が破綻して来る際には破綻に至る原因があり、その原因が改善されなければ離婚は免れません。例えば男性として見れなくなったから離婚したい。という言葉の中には夫を男性として見れなくなった要因があり、そこには不倫関係がある可能性も考えられます。

一つ一つの理由を深く考えていく事で本当の原因に辿り着く事が出来る様になり、それらを改善していく事で男性としてもう一度見てもらう為の努力の指針が見えてきます。離婚後に復縁したいと考えるのなら婚姻関係を継続したくない理由も含めて考えていかなければなりません。

婚姻関係は続いているが妻に離婚を言い渡されている

復縁屋・復縁工作・復縁相談をお探しなら株式会社ジースタイルの無料相談へ

婚姻関係は続いているが何年も仮面夫婦状態が続いており、妻から離婚を言い渡され復縁を望むモノのどう復縁すれば良いか分からない…という夫からの相談を頂く事は少なくありません。『妻が何を考えているか分からない』』『妻の待つ家に帰るのが辛い…』といった悩みを抱えている方はとても多いのですが本当に妻が何を考えているかを考えた事があるのかな?と思える様な方達はとても多く、大抵の方達は妻が何を考えているか?という事よりも離婚をどうすれば回避出来るか?という考えばかりを巡らせます。

妻側にしてみれば離婚をしたい。夫側が離婚をしたくない。

この話し合いは平行線を辿り、平行線の話し合いは後に『話したくない…』という状況になり、話し合いの場を設ける事からお互いが避ける様になり、我慢の限度を越した妻から『そろそろ良いんじゃない?』と離婚の本題に入られてしまい、その場になって焦りを抱きますが妻にしてみれば散々待った』という状態から話し合いが拗れます。

結果的に更に話し合いが拗れてしまい協議離婚に応じない事や調停、裁判と問題は大事になり、大事になってから更に焦りだし復縁屋に相談に来る事になります。調停や協議離婚中に復縁屋相談に来る夫のほとんどが「復縁工作をしたら復縁成功率何%ですか?」「復縁工作をしたら復縁出来ますか?」「復縁工作に掛ける費用を掛けたくないんで無料でどうにか出来ませんか?」という相談をいただきますが、ここでも自分の事ばかりを考えている事に気付いておらず問題が大きくなってから行動を起こすものの、妻の気持ちを考えず、自分の事ばかりを考えている為、復縁工作を行っても成功率はとても低くなってしまいます。

大抵の方が『離婚協議中でお金がありません。』『成功率が高くないならお金を出したくありません』と仰いますが、復縁屋にしてみれば自分のした事に対する代償なのに、それをしたくないなら妻が離婚したいと言うのも頷けるという事にもなります。

復縁工作をした方が良いですよ。という話しではなく、そもそもの考え方が愛する妻に対しての接し方や発言、行動をしていたのかな?という疑問も残ります。どうにもならなくなるほど問題を放置しておいて、どうにもならなくなったら他人に頼ろうとし、他人に頼ろうとしてるにも関わらず自分は身を削りたくない。

夫婦関係になり、家族となった妻や子供よりも自分の事しか考えない旦那、父、夫は家族にとって必要な存在なのでしょうか?

第三者の意見として言わせていただければ、自分の事ばかりを考える旦那、父、夫は家族にとって給料を持ってくるだけの存在であり、収入面で妻が自立できる目途がつくのなら必要性がありません。こうした根本的な考え方自体が間違っている事に気付かない夫は離婚を突き付けられ、自分を変えようとしている。と妻に言った所で『どうせ自分の事しか考えないのに変えられる訳がない。変えた所で自分には関係ない』と判断され『自分を変えるから離婚を考え直してほしい』という言葉は妻の元には全く届きません。

離婚を本当に考え直して欲しいのなら、夫として、父として、旦那として間違っている部分に気付く事が出来なければ家族を守る事は到底出来ませんし、妻にしてみれば『自分の事しか考えないくせに家族を名乗らないで欲しい』と思われてしまい離婚を止める事は出来ません。

参考記事

離婚しているけれど元妻と復縁したい

復縁屋・復縁工作・復縁相談をお探しなら株式会社ジースタイルにお気軽にご相談下さい

元妻と復縁したいという事は『もう一度元妻の事を愛します』という事を示す言葉になります。妻の事を愛するという事は自分の身を挺しても妻の事を考え、妻を幸せにするという事が求められます。しかし、一度離婚を決意したという事は妻は『もう一度あなたの事を愛します』という言葉を受け入れてくれる事はありません。

受け入れてくれないモノを受け入れてもらえる様にする為には妻の求める愛情表現を示すという事が必要になるのです。元妻は愛情表現を受け入れようとはしません。そこに愛情を示すというのは無理なのではないか?と考える人は多いのですが、愛情表現の仕方を忘れて自分本位に考えて来た人が無理なのではないか?という言葉を発し、自分が今までにどれだけ愛情を与えていなかったのか?という事を考えようとしません。

人の気持を動かすのは気持ちでしかありません。

気持ちとは言葉や行動に込められたものであって愛している好きですといった単語ではありません。単語を伝えた所で気持ちが伝わる事はなく、気持ちを伝える為には単純な単語を羅列するだけでは伝わりません。この単純な単語の羅列を気持ちと考える夫はとても多く、気持ちの伝え方を忘れてしまっている為、元妻への復縁を拒絶されてしまうのです。

女性はいくつになっても女性であり、妻であり、母もまた女性になります。

女性に対して妻、母への接し方をすれば当然気持ちが伝わる事もなく愛情表現をしていると自分の中で考えても結局は独りよがりの愛情表現でしかありません。

離婚の原因が夫婦喧嘩の延長なのか?それとも生理的に受け付けられない様な要因を作ってしまったのか?不倫等の外部要因があるのか?が分からなければ愛情表現の方法も異なります。何をするから気持ちが伝わるではなく、気持ちを伝える為の行動をするから気持ちが伝わるという事を理解しなければ復縁を意識してもらえる事はありません。

行動ありきではなく、気持ちありきという事が離婚してしまった妻との関係を修復する為には必要な事ですが復縁出来ない夫の行動ほとんどが行動ありきで気持ちを伝える事に対しての理解を示している方はほとんどいません。

妻と復縁したいから『妻がイヤだって言ってた事をやらない様にしよう!!!』というのは勿論間違っていませんが、妻が不倫していたら、これは意味がない事には気付くと思います。『妻が○○がイヤだって言ってたから○○しない様にしよう!!!!』という発想はもう既に遅いのです。

復縁したい気持ちになってる時点で、この発想では既に遅いという事に気付かずに家事を手伝うから…育児を手伝うから…と妻が望んでいる事とは反している部分を直そうとして、いつまでも自分が○○を直せば復縁出来るのでは?と考える方もいらっしゃいます。妻の気持ちが分からないなら、そもそも復縁したいと伝えても伝わるはずがありません。伝わるはずがないものを伝えようとして結局の所何も伝わらないという事です。

妻と復縁したいなら妻の気持ちを考えなければ気持ちが伝わる事はありません。妻と本当に復縁したいと考えるなら妻の事を考える事が出来なかった自分を認めて解決策を考えなければなりません。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

別れたいと思われてしまう男性の特徴。復縁活動の参考に... 別れたいと思われる男性には特徴があり、好きで付き合っている男性でも、男...
復縁したい男性は読んでください 弊社に復縁相談を寄せられるお客様の中には、現在進行形で別居問題...
お付き合いした事がない男性の恋愛事情... 20歳を越えたお付き合いした事がない男性から復縁したいという相...
焼肉代を取り返したいと憤慨する男性... 弊社は、復縁したい相手と復縁を望む方の為に、復縁ができるようサ...
復縁に女性の人って?という質問は意味ありますか?... 「女性の人って〇〇な時~」「男性の人って〇〇な時~」という質問...
復縁したい男性は参考にして下さい 復縁したい男性の傾向は元カノから突然の別れを宣告されてしまい、心の準備...