Pocket

2017年2月28日、東京都立川市にある地方裁判所にて、小金井市ストーカー事件の判決が下りました。

懲役14年6ヶ月。

皆様は小金井市ストーカー事件の判決を、長いと思いますか?短いと思いますか?

弊社としての意見はストーカー事件の判決が14年6か月は短いと思います。

「死ななかったんだから、よかったじゃないか」

ネット上には様々な意見が分かれていました。

被害者の方は、ストーカー被害がなければ順風満帆な人生を送れていたかもしれません。

しかし、被害者は岩崎受刑者が最長14年6か月刑務所で過ごしても後遺症やPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩み、岩崎受刑者は出所後、人生をやり直せるかもしれませんが被害者の人生は一生障害を持って生きなければなりません。

一生障害を持たなければならない被害者と懲役14年と6ヶ月。

人の一生を台無しにした代償が14年と6ヶ月というのは短いと思うというのがストーカー事件に対する見方になります。

被害者の冨田真由さんの夢や希望を奪い、冨田さんの人生は光り輝く未来が待っていたはずなのに、加害者の自己中心な犯行によって、本来描くであろう人生とは大きく変わります。

岩崎被告は自ら行った行動であり、冨田さんは望んではいない行動になり、望んで罪を犯した者が10年余の刑で自由になり、自分勝手な行動を起こした被害にあった方が一生恐怖に怯える事を想像するだけでもストーカー加害者の罪というのが軽く思えてなりません。

加害者の罪と被害者の受けた被害は法律によって裁かれ、法律は国民が生きる上で必要なルールとして作り上げられたものです。

復縁屋という業種は人と人との縁を繋ぐ事を業務として行っている中で、復縁したいと相談頂く方がストーカーかどうかの判断をしなければなりません。

誰かと復縁したいから…といった言葉を鵜呑みにして、ストーカー犯罪に加担してしまう可能性も考えられます。

ストーカーに対しての考え方を岩崎受刑者から学び、復縁相談とストーカー相談の区別をシッカリと付け、同様の事件が起きない様に弊社としても社会に貢献していきたいと思います。

類似事件には三鷹ストーカー殺人事件があります。

復縁屋・復縁工作の総合探偵社(株)ジースタイル

犯行についての報道や裁判の報道を見るたびに思い出すのが、三鷹のストーカー殺人事件です。

三鷹のストーカー殺人事件の加害者は一度被害者と付き合っていましたが、加害者の嘘(学歴や身元等)の嘘が露見し、被害者に拒絶されました。

一定期間後、復縁をしたかった加害者は被害者と数ヶ月連絡を取っていましたが、被害者からの着信拒否により気持ちが爆発し、被害者の家に侵入。

帰宅してきた被害者を襲い、刺殺しました。

加害者は「脅してまで関係を続けるのはおかしいと思い忘れようとしたが、(気持ちが)積もっていった」と話しているそうですが、つまるところこちらの加害者も、被害者に拒絶されたことが引き金です。(ちなみにこちらは懲役22年が確定しました)

ストーカーの恐怖を知らない男性はとても多いのです。

復縁屋・復縁工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

180センチを越える加害者が迫って来た時、被害者はどんな気持ちだったでしょうか?

恐怖、絶望…もちろん想像しか出来ませんが、180センチは男性でも大柄な体躯の持ち主であり、被害者は極々普通の女性です。

実際に被害に合われている方は得体のしれない人物にストーカーをされているだけでも恐怖を感じ、ストーカー加害者の体躯が大柄な人物であれば、自分が何をされるのか?という想像を巡らせ、恐怖は留まる事を知りません。

ストーカー加害者が犯行に及ぶ理由は様々ありますが、ストーカー犯罪の被害者にしてみればとても納得のいく理由は1つもありません。

小金井ストーカー事件の加害者が「話を拒絶され、悲しみと怒りが湧いた」という言葉を発していましたが、この記事を読んでいる方は、もしも自分よりも1mも身長の高い男性から、「話を拒絶され、悲しみと怒りが湧いた」という言葉を聞いたら、男性であっても女性であっても恐怖を感じませんか?

恋愛をしていれば、受け入れてもらえない場合があるのは当然の事であり、受け入れてもらえないからこそ、受け入れてもらえる様に努力をしなければなりません。

告白を受け入れる事を拒絶したら、自分よりも大柄な男性が怒りを露わにした表情をすれば何かされるのではないか?と考えても不思議ではありません。

他の事件にも言える事ですが、総じてストーカー事件の加害者やストーカー体質の人は、自分の権利や尊厳は重要視するのに、相手の権利や尊厳は無視します。

自分がされる側(被害者)ならどう思うか?について考える事が出来ず、加害者である自分が被害者の様に振る舞います。

一般的な言葉で言えば身勝手な言動や身勝手な行動になり、自分勝手な自分よりも体躯の大きな男性がイライラ感を出していれば男性であっても恐怖を感じると思いませんか?

そして、体躯の大きさだけではなく、何をされるのか?という想像が出来ない相手の行動に恐怖を感じない方はいないのではないでしょうか?

ストーカーの恐怖を知らない男性はとても多いのですが、得体の知れない人物の行動に恐怖を感じない方はいません。

ストーカーに合ったら返り討ちにしてやる!!と意気込む男性は多いのですが、実際にストーカー被害に男性が合うと恐怖に慄きます。

例えばバイセクシャルではない男性が、ホモセクシャルの男性からストーカー被害を受けると同じ男性同士の為、強い口調で何を言っても聞いてもらえない事を知り、どうすれば良いか分からなくなる男性はとても多いのです。

そもそもストーカーとは?

復縁屋・復縁工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

そもそもストーカーとは何をもってストーカーだというと思いますか?ストーカーの定義をご理解されていない方も少なくないのでストーカーについてお浚いしておきましょう。

ストーカーの語源のstalkはつきまとうという意味で、stalkにer(~人)をつけたものが、ストーカー(stalker)になります。

ストーカーは様々なタイプに分類されますが、総じて

  • 相手の立場に立って相手の気持ちを想像して相手を慮る能力がない
  • 自己や他者に対する甘えの感情が強く、思い込みで行動する
  • 欲求不満(承認欲求や性欲の)を相手へのアクションに変えて解消

との共通点があり、

  • 根拠がないのに相手が自分を好きだと信じている
  • むしろ嫌っている証拠があっても、自分のことを好きだと信じて疑わないとの被愛妄想の傾向が強い

といった、文章だけで判断すれば他人の気持ちを理解する能力が欠けている事が分かります。

他人の気持ちを理解する能力が欠けている事に本人は自覚がないのですが、相手からの拒絶に対して過度に敏感になり、特定の人物から嫌われる事に対する思い込みの強さがストーカー行為へ発展させます。

誰しも他人、特に好きな相手に拒絶される事は辛く悲しい事ではありますが、大抵の人は「拒絶される原因は自分にある」と考えますが、ストーカーは自分に原因があるという考えには至りません。

ストーカーの思考では、「自分を拒絶をするなんて許せない」と、拒絶した相手へ感情をぶつけます。

ストーカーの怖さは一般常識から外れ、自己中心的な考えを持ち、相手を思いやる気持ちの欠片もありません。

思いやる気持ちがないから相手の痛みや苦しみを考える事が出来ない為に、ストーカーをされると何をされるか分からない恐怖に苛まれます。

復縁屋として考える、ストーカー事件と“ストーカー”と呼ばれる人の存在

復縁屋・復縁工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

復縁をしたい

日々復縁したいという希望を持ち、悩み、細い細い縁の糸を引き寄せて弊社のサイトに辿り着いた方と関わらせて頂いている中で、小金井ストーカー事件の加害者の様な相談者からご相談を承った時、復縁屋の立場ならどうしなければならないのか?について書かせて頂きます。

もちろんストーカーからの依頼を請ける事はありません。

依頼を請けないから依頼を請ける事は出来ません。と伝えるだけでは、ストーカーを野放しにする事にも繋がります。

ストーカーは法律の観点や道徳という観点だけではなく、ストーカーの対象者を不幸にさせる事であり、他人を不幸にする為の相談を受けて放置する事は出来ません。

復縁屋という業務は復縁させる為に協力する業務を承りますが、ストーカー思考では復縁は叶わない事を直接的な言葉で相談者に伝えなければなりません。

相手の気持ちを考える事が出来なければ復縁は叶わないのですから、ストーカーが復縁を叶えたいのなら、ストーカーの考え方自体が間違っている事を伝えなければなりません。

受け入れてもらえないのは、自分が悪いという認識を植え付けていくのがストーカーからの復縁相談の内容になり、自分が悪いという認識を持つ事が出来ないなら復縁を諦めなさいという話しを復縁屋はしなければなりません。

探偵とストーカーとの関係

復縁工作・復縁屋をお探しなら(株)ジースタイル

ストーカー規正法が改正されるきっかけになった事件(逗子でおきたストーカー殺人事件)では探偵が関わっており、違法な手段で被害者を調査しておりました。

浮気調査や素行調査を専門で行う探偵社は『復縁屋や別れさせ屋は違法行為に加担する』という言葉を口にします。

復縁屋や別れさせ屋は違法行為に加担しませんし、ストーカー撲滅等に力を入れているのは浮気調査、素行調査の探偵社よりも復縁屋業務や別れさせ屋業務を行う探偵社の方が熱心にストーカー撲滅を行っています。

依頼がない探偵社はストーカー案件だと分かっていながらストーカーに加担し、犯罪行為に手を染めます。

探偵には警察のような捜査権限はなく、張り込みや聞き込みでの調査しか出来ませんが、法律を平気で破る探偵社は多く、ストーカー行為への加担を平気でする探偵社の存在を良く聞きます。

探偵は法の枠内で依頼を完遂するものであり、法の枠外(アウトロー)なことを行う事が認められている存在ではありません。

ヒアリングの段階でストーカーの危険性が疑われる場合は、依頼は一切受け付けておりません。

仮に本契約に至っていおり調査過程でストーカーである、またはストーキングの目的であると判明した場合、その段階で、約は解除させて頂く旨を契約書に記載しております。

また、場合によっては関係各所に通報することもございます。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁したい自衛官の男性が、ストーカーから始まり放火という重罪へ... 再三、弊社のブログでも復縁したい相手へのストーカーについて警鐘をならし...
元交際相手への「執着心」「被害者意識」がストーカーの始まりです... ストーカー行為は明らかに『異常な行動』です。何故ならば、犯罪につながる...
ストーカーがストーカー行為を止めない理由... ストーカーの特徴として、ストーカーは事の重大性が分かっていないという特...
ストーカー被害にお困りのときは… 本日放送の坂上忍さんとヒロミさんの番組、「怒りの追跡バスターズ...
ストーカーをする人ってどんな人? 復縁したいけどストーカーになるのは…という悩みを抱えている方と...
脅迫めいた事を言ってくる元不倫相手の男の本音... 弊社には、不倫関連の復縁、別れさせについての悩みのご相談は数多く寄せら...