Pocket

やっと解放された

先般、大阪簡裁で行われた、別れさせ屋が行う別れさせ工作について、『公序良俗に反しない』との判決が出て話題になっている事はご存知かと思います。この事案は、男性が探偵会社へ別れ工作の依頼したのですが、元彼女(つまりは、復縁したい相手)と付き合っている男性との関係を終らせる目的で、実際に探偵社の工作員が別れさせ工作を行い、復縁したい相手との関係を終らせる事に成功させたのですが、社会道徳に反しているから費用は払わないという主張をして支払いを拒んだ為に、依頼を受けた探偵会社が訴訟を起こしたというわけです。

結果、依頼者の方が敗訴となりました。

復縁したい相手の恋人である男性に、女性を接触させるという事は、ハニートラップという事になりますね。

別れ工作、つまり別れさせの方法としては、皆さん耳にしたことがあるかと思いますが、ごく一般的な方法としては「ハニートラップ」というものがあります。別れさせ屋にご相談した事がある人は、ハニートラップの提案をされた事ある人も少なくないのではないのでしょうか。

「ハニートラップ」この言葉はよく耳にする事があると思いますが、”甘い罠”という意味です。

「Honey」=「はちみつ、蜜、甘い」で、「Trap」=「罠、(人を陥れる)策略」の二つを組み合わせた言葉で、女性などが色仕掛けを施し、男性を罠にはめることを指します。

丁度一年前位に、知名度の高い人気俳優が女子高生との関係が発覚し、無期限活動中止に追い込まれた事件がありました。今年になっても、同じようなケースでジャニーズの人気グループのYさんが同じような一件でグループを脱退せざる状況に追い込まれた事件がありました。
時事ネタ専門参照

事実は解明されてはいませんがにわかに、この二つの事件は、ハニートラップではなかったのか?と疑しさをもった人も多くいたのではないかと思います。

以前、知事だった時代に、東国原英夫さんがハニートラップに掛けられそうになったとの話をテレビ番組でしていた事もありましたよね。その位、ハニートラップというのは身近に横行しているといっても言い過ぎではないんじゃないかと思います。

何故”ハニートラップ”に引っ掛かってしまうのだろう?」自分はそんな手口に引っ掛かる事はないだろうと考える方はいらっしゃると思いますが、自分は大丈夫だ!と思っているのであれば危険です。

”ハニートラップ”というのはあまりにも巧妙過ぎるため、「本当の出会いである」と思い込んでしまうのです。実際に巧妙なハニートラップは、これが罠なんて思いもしないのがハニートラップでもあるのです。

トラップは罠ですし、出会い方も巧妙に相手にわからないように仕掛けてくるわけですから、疑いようがありません。しかも、色仕掛けで肉体関係を迫ると考えている方も多いと思いますが、プロのハニートラップは色仕掛けだけで相手を落とそうとはしませんし、じっくりと時間をかけて距離を縮めていきますし、相手の職場等に潜入して仲間であるかのように振る舞うケースもあります。

このように、自分の知らぬところで、ハニートラップというのは実行されているわけです。

別れさせる方法は様々あるのですが、数ある中のハニートラップは一つの方法です。

人それぞれ状況は同じではありませんし、環境や状況が変われば、方法も異なっていくことになります。

復縁したい相手に恋人がいるのであれば、その関係を絶つことができなければ、復縁という目的にむかうことすらできなくなってしまいます。実際にこのようなお悩みを抱えている方は沢山いらっしゃいます。弊社でそのような方法は提案できればと思いますのでぜひご相談ください。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

別れさせ屋について簡単に… 別れたい、別れさせたいという恋愛の中で一番労力を使う部分のサポ...
2018/04/05の別れさせ成功者の声 T.Kさん (29/青森) 別れさせ屋工作成功例はコチラ 彼氏が...
岡山で妻と不倫相手を別れさせたい 岡山で妻と不倫相手を別れさせたいとお考えの際に不倫の証拠を突き...
別れたい(離婚したい)なら参考に… DV被害やストーカー被害など、昨今では別れさせたいというご相談と同時に...
夫と新潟で離婚したいなら 夫婦生活に悩み離婚を意識しているものの夫が新潟で離婚に応じてくれない…...
山形県で夫と不倫相手を別れさせたい... 山形県で夫と不倫相手を別れさせたいとお考えの際に不倫の証拠を突...