Pocket

別れの専門家

本当は自分が復縁したいのに、今の現況では手が届かない相手つまり、復縁したい相手となるのですが、その復縁したい相手の新しい恋人に対して、復縁を望む人が抱く感情としては、『嫉妬』や『妬み』のいずれかではないのでしょうか。

復縁したいと思っている相手がいるが恋人の存在がある場合、復縁したい相手との復縁を望む人は同じような感情を抱いている人は多くいます。嫉妬って誰にでも起こりうる感情であって、感じて当たり前です。

仮に、復縁したい相手に現在付き合っている相手がいた場合には、復縁したい相手へというよりは、復縁したい相手のパートナーに対しての嫉妬という感情になります。

嫉妬や妬みは自分自身を疲弊させる感情であることはその立場に立たれている人は理解されていると思います。

復縁したい相手にパートナーがいるという状況の方のほとんどのがこのように嫉妬や妬みに苦しみ、自分の視野を狭くしてしまっている人が多いのも事実です。

だからこそ、しっかりとその問題に向き合って、まずは、その心の本質を見極め解決することが必要となります。

嫉妬や妬みという感情の根本にあるのが「羨ましい」という気持ちです。
自分が復縁したい…」という強い想いと「恋人がいる…復縁は難しい…」という思いの心のバランスが取れていません。

ですが、どんな人にも嫉妬や妬みという感情は多かれ少なかれあります。しかし、それらのネガティブな感情というのは決して物事をいい方向には進ませないことは、今その立場にたっている人誰もが感じているはずです。

しかし、復縁したいと考えているあなたが、復縁したい相手が仮にパートナーと別れたとしても、復縁したい相手があなたともう一度「復縁したい」「ヨリを戻したい」と意識するという事は可能性は低いといっても過言ではありません。

が、復縁したい相手とそのパートナーとの関係が終らなければ、復縁を望む人の復縁自体が成立することはないのです。

よく、復縁屋別れさせ屋のような所にに相談する前に、友人や知人に自分の現在の胸の内、悩みを相談されるようですが、言われる事は、「復縁は無理」「恋人がいるなら諦めた方がいい」さらには、「考えないようにすれば」と簡単に言われる始末です。考えてしまうことを意識しないようにすることほど難しいことはありませんし、”無意識”にを”意識”しなければならないので、これは根本的な解決にはなっていないことは理解できると思います。

復縁したい相手のパートナーにただ単にネガティブな感情を抱く暇があるのであれば、復縁したいと考えている自分の復縁の為に今何をすべきか?を本気で熟考する必要があります。

この負の感情を無理に抑制しようとすると、必ずや後悔することにもなりかねません。

悩み、考えたところで何の結果も出せない感情に心を向けるよりは、自分の復縁したいを叶える為に時間やお金を使った方がはるかに有意義だと考えます。

復縁したい相手が今付き合っているパートナーとの別れを望み、その後、「復縁したいと本気で考えているのか?」をはっきりさせる時なのかもしれません。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

浮気がバレてからの復縁に大切なこと... ジースタイルにお電話をくださる方にも多い、「浮気がばれてしまいました」...
「重い」と言われ別れを告げられた 復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの相談員山下です。 別れに...
復縁したい人の間違った復縁活動 自分で解決できる復縁問題であれば、勿論、復縁屋へ依頼をすること...
人の話を最後まで聞く事の大切さ 自己主張が強く、自己中心の考え方しか出来ない人は、人の気持ちも...
モラハラに気付いていないから逃げられる... 皆さんはモラハラという言葉をご存知でしょうか?社会では一般的に...
復縁したい相手との都合のいい関係 別れた後も身体の関係があるのに、元カレ・元カノは復縁はしてもら...