Pocket

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談・ご依頼くださるお客様の中には、《お相手様へどうしてもラインを送りたい方》がいらっしゃいます。

断言できますが、《別れた後に3通送って復縁に繋がらなかったのであれば、その後に何通送ろうが、復縁には一切繋がりません》。

復縁したいとき、過剰な連絡は、むしろお相手様のお気持ちを離すものとなってしまいます。

感情の赴くままに不用意にラインをすることは止めましょう。

何故たくさん連絡をしてはいけないか

復縁屋、別れさせ屋をお探しなら株式会社ジースタイル

お客様とお相手様は、別れました。

恋人、夫婦ではなくなったのです。

その関係性は”元”恋人であり、”元”夫婦、言うなれば、赤の他人です。

赤の他人から何度も連絡がくるというのは、世間一般では「鬱陶しい」「面倒くさい」「うざったい」という印象です。

全く良いものではありません。

「わたし/ぼくはそんな風に感じない」と思うのであれば、ひたすら送り続けても良いでしょう。

その場合、遅かれ早かれブロックをされる、ということは忘れてはなりません。

問題は”自分がどう感じるか”ではなく、”お相手様はどう感じるか”です。

極端な話、お客様と別れてしまった今、お相手様は次の恋愛をする権利があります。

他の方と連絡を取って親密になろうとしている最中に、過去の存在からしがみつかれるかのように連絡が来続けたら、

世の大多数の人は上記の「鬱陶しい」「面倒くさい」「うざったい」という感情を抱きます。

別れた今、お客様がお相手様に何度もラインをしてしまうのは、このような3つの感情を引き起こすだけです。

何のプラスにもなりませんし、プラスどころかどんどん嫌われるだけで、マイナスと言っても過言ではありません。

では全く連絡をしてはいけないのか?

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

上記のようなお話をお客様にさせていただくと9割方仰られるのが、「じゃあアプローチのしようがないじゃないですか」とのお言葉です。

そのように0か100かの思考だから、復縁ができなくなるのです。

復縁をしたいときというのは、1から人間関係、そして恋愛関係を築くときとそう違いはありません。(むしろ一度振られているので1どころかゼロ以下と言えますが・・・)

好きになって片思いをしている最中に、「好きになってもらわなきゃ!!!!」と無鉄砲にたくさん連絡をしますか?
しませんよね。

復縁するためのラインの送り方の基本は、以下の4つです。

・用事が無いときに無駄に、そしてむやみやたらに連絡をしない。
・お相手様が面倒だと感じる余地がある話題をしない
・お相手様が返事をする必要があるもの、返事をしたくなる話題を選ぶ
・お相手様の生活時間を基準に送る

この4つが守れていれば、問題はありません。

逆に言えば、この4つを守ることなく、「何でもいいから連絡をしなきゃ忘れられてしまうのではないか」「今送らないと後悔しそう」と焦るだけで何も考えずに送ってしまうから、返事が来ないし尚更嫌われます。

別れていてもアプローチの仕方はあるんです。

人間関係の基本を忘れ、自分のことしか考えず、お相手様と”元”恋人、”元”夫婦という立場に甘えるから、矢鱈な連絡をしてしまうことで、復縁の道は閉ざされます。

しっかり考えましょう

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

どう送れば良いか、しっかり考えましょう」とお伝えすると、「考えています!でも!!」と仰る方もいらっしゃいますが、そう仰る方は十中八九考えていません。

というよりも、《考えているのは自分のことばかりで、お相手様のことを考えていない》ケースがほとんどです。

そのラインを受け取ったお相手様がどう考えるか、お客様に対しどのような印象を持つか、どう返事を送ろうとするか。

それらを全て客観的に、確証バイアスを含まずに考えることができていますか?
確証バイアス=社会心理学における用語で、個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象

復縁について考えるとき、《最終的に復縁するかどうかを決めるのはお相手様》と復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは考えています。

お客様は、お相手様に選んでもらう立場であり、「選ばれるにはどうすれば良いか?」の視点で全ての行動を考えなければなりません。

それができたときに始めて「考えている」と言えるのです。

お客様は今、しっかりと考えることが出来ていますか?

まとめ

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

途中にも書かせていただきましたが、復縁したいとき、アプローチにラインを使ってはいけないというわけではありません。

使い方を間違えてはいけません、ということです。

自分ならどう感じるか?から一歩進み、お相手様ならどう思うか?をしっかり考え、お相手様に合わせたラインを送るから、復縁に繋がります。

基本は以上となりますが、もしどのようにラインをすれば良いか、具体的なアドバイスをご希望でしたら、是非復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談ください。

■⇒復縁したいなら何かを見て考える事が必要

■⇒クリスマスに向けての復縁活動

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

別れ話にならない為のアドバイス 復縁を考えるよりも関係が続いている状態の方が関係を良好にするにはとても...
復縁したい相手と連絡が取れない 復縁屋・別れさせ屋ジースタイルへ、復縁相談で来られる方で復縁し...
婚活パーティー、婚活サイトの落とし穴... ここ最近では、婚活サイトや婚活パーティーで知り合った人との復縁...
意見の相違が原因で喧嘩をしたり、別れたり…... どれほどラブラブに交際をしていると言っても、所詮他人同士。 ...
愛人関係の復縁で大切なこと こんにちは、復縁屋ジースタイルの佐藤です。 弊社には、様...
復縁成功者Tさんに学んでみよう② 前回の復縁成功者Tさんに学んでみよう①の続きです。 自己...