Pocket

復縁したいと思っている人が書く手紙の内容は一体どんな内容を書くのか?手紙の書き方、書いてはいけない事なども合せて書いてみますので参考にして下さい。

復縁したい時にまず考えて頂きたいのが元カレ・元カノに『どんな形で復縁したいという気持ちを伝えるのか?』を考えなければなりません。今の時代はメール、SNS(フェイスブック・ツイッター・line)などのインターネットツールもありますし電話もあるので元カレ・元カノとのコンタクトの取り方は沢山あります。

そういった電子ツールを使ったコンタクトの取り方と手紙という古風なツールの違いについても理解した上で復縁の手紙というものは書かなければなりません。

復縁の手紙の特性

本気で復縁したいを考えるなら…株式会社ジースタイル

復縁したい人が復縁屋に相談に来る際に『手紙の方が気持ちが伝わるから手紙で伝えようと思います。』という言葉を頂く事がありますが、この考えはまちがいになります。後程後述させて頂きますが【気持ち】に関して言えば手紙だろうとlineだろうと伝わる気持ちは変わりません。

手書きで書く事で気持ちが手紙の中に入ると誤解しがちですが、復縁屋の経験上、気持ちが伝わるかどうかは電子ツールも手紙も変わりはないのです。

では手紙の特性とは一体何があるのでしょう?

手紙の特性とは『返信は不要ですよ』という事を伝えられるものがあり、lineやメールと違い【返事を要求しない】が一番の手紙の特性になります。返事を要求しないという事は元カレ・元カノに対して『これで最後の連絡にします』という通知にもなり、背水の陣で挑むのが復縁の手紙になります。

この手紙を送った以上、もうこれ以上は要求しません。この手紙を送った以上、関係性を築こうとは思いません。】その想いをのせて送るのが復縁の手紙の効果になります。

しかし大抵の方は手紙を送る際の【想い】について誤解して考えている為、手紙を書けば『好きだという気持ちが届く』手紙を書けば『別れたくない気持ちが届く』と誤解しがちです。相手に届いてしまう【気持ち】は決別の覚悟がある気持ちが届いてしまうにも関わらず、実際に手紙を書く内容は【よりを戻したい】という内容が書かれています。

その為、手紙の内容に込めた【想い】と手紙の特性に込められた【想い】にギャップが生じて連絡が取れなくなった後の最後の手段である手紙も復縁には全く効果がなく撃沈してしまうといった事があります。

復縁の手紙には気持ちがのる?

復縁の手紙に書く内容を【元カレ・元カノの事が如何に好きだったか…?】という事を書く方や【元カレ・元カノの事を忘れられない…】と書く方、【2人で行った思い出の場所について】と書く方、【謝罪文】を書く方がいらっしゃいますが、それらを伝えれば元カレ・元カノは『復縁しても良いよ』といった甘い言葉を掛けてくれるのではないか?と淡い期待をして手紙を書いている事かと思います。

ここで1つ矛盾が生じるのですが手紙の特性について手紙を書く事で気持ちが届くと考えていた人にしてみれば復縁しても良いよと甘い言葉を掛けてくれるのではないか?という淡い期待も手紙には込められてしまうという事に気付かなければなりません。

都合の良い部分である『手紙には気持ちが伝わる』といった事は考えるのですが送り手側の淡い期待に関しては伝わるとは考えない人が多いのが復縁の手紙を出して気持ちを伝えようとしている人の特徴になります。

最後の通信ツールとして手紙を出してしまえば【復縁する気がないなら返信は不要】というのが復縁の手紙の特性ですが、送り手はどうにかして復縁したいという気持ちをのせて手紙を書きます。そしてインターネットにある復縁の手紙の書き方等を模倣して手紙を書くのですが、手紙を書く為のテクニック等を使えば手紙に気持ちが込められるのであれば、その気持ちすら見透かされてしまうのです。

手紙に気持ちがのせられてしまうという事は邪な気持ちものってしまうという事を忘れてはいけません。

復縁の手紙はlineやメールとは違うのか?

復縁を考えた時に手紙という手段を用いる人は多いのですがlineやメールと手紙とは何が違うのか?という事を理解しなければなりません。

lineの特性としてlineは読めば『既読』という機能がついていますがメールや手紙には既読機能はついていません。手紙を送りたいと仰る方に復縁屋が『何故手紙を送るのですか?メールではダメなんですか?』というご質問をさせていただきますと『メールだと見てくれているかどうかが分かりません。』という答えが返ってきます。

手紙だと読んでくれるのですか?』と質問を続けてさせていただきますと『読んでくれると思います』とお答えされる方が多いのですが『手紙では読んでくれてメールだと読んでくれない理由は何故ですか?』というご質問をさせていただくと『手紙なら気持ちが込めてあるんで読んでくれると思います。』とお答えいただく事が非常に多いのですが、この考え自体が間違っていると言わざるを得ません。

元カレ・元カノは手紙だろうとメールだろうと読みたいと思えば読みます。手紙は届いた後に中身を開けなければ読む事が出来ませんが、それはメールであっても同じです。

読みたいと思うかどうかは手紙だから読みたいと思うのではなく、メールだから読みたくないと思うのではなく送られて来る手紙やメールが誰から来たかで読みたいかどうかが決まるのです。読んでくれると都合良く考えるのなら手紙であってもメールであっても読んでくれますが、『手紙が届いて中身を見ずに破って捨てられるかもしれない』という事は考える事が出来ません。

そして都合の良い解釈をするからこそ元カレ・元カノに都合の良い解釈をしている事が気付かれてしまい復縁の手紙は不発に終わってしまうのです。

メールやlineで気持ちを書いて「送信」っとボタンを押すだけで瞬時に相手に届きます。瞬時に届くものにはありがたみを感じられないと自分の書いた手紙が時間を掛けて書いたものであり、時間を掛けたから読んでくれるだろうという認識は捨てなければなりません。

書くのに時間が掛かり、送るのに時間も掛かる。自分で元カレ・元カノの家のポストに届ければ、もしかしたらポストに入れる前にバッタリと会って直接話す機会が持てるのではないか?と淡い期待を更に持ちます。突然家に手紙を持って現れればサプライズとなって復縁を意識してくれるのではないか?と都合良く考え、その都合の良い考えがまた手紙にはのってしまいます。

手紙は書くのに時間が掛かるものですが気持ちを伝えるのに『文章』である事は違いがなく、文章である以上、メールもlineも大差はありません。

参考ブログ

復縁の手紙には何を書くかが重要です。

もう一度取り戻したい手がある…復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

復縁の手紙を書く方が一番知りたい事が『復縁の手紙の書き方』になるかと思います。どんな手紙を書けば良いのか?どんな手紙を書けば気持ちが伝わって復縁出来るのか?という事が一番知りたい内容だと思います。

復縁の手紙の書き方にはポイントがあり【何に対しての手紙】を書いているのか?という事を明確にしなければなりません。

例えばケンカをして別れに到った場合、ケンカの原因になった事やその原因について自分の到らなかった所などを書かなければなりません。本当の原因について理解していて謝罪や誤解を解く内容について書いた上で元カレ・元カノを【失いたくない】ではなく【失いたくなかった】という内容を送るからこそ謝罪の言葉や誤解を解く方向に進む事が出来ます。

ケンカの原因について元カレ・元カノも悪いよね?といった事を書けば元カレ・元カノに対しても非を認めて下さいと言っている様なものなので、こういった事は絶対に書いてはいけない手紙の内容になります。そして自分がした事について相手に伝えるという事は自分から『よりを戻したい』という事も言えないのが、この場合の復縁の手紙の書き方になります。

伝えたい事は《ケンカ別れでお互いに遺恨を残したまま離れるのは止めましょう》という文章の流れになり、これが友人関係をもう一度築き上げましょう。という内容にもなります。友人関係を築きましょうと一言も書かなくても友人関係になりましょう。と伝える事で、そこからの発展があり、復縁に繋がる事にもなるのです。

これはケンカのケースですからケンカではない場合の手紙の書き方については方向性が変わっていきます。

ケンカであってもそうでなくても別れの本当の原因を送り手側がシッカリと認識していなければ手紙を書く事自体が出来ないのです。

復縁の手紙の書き方は【別れの本当の原因について理解していなければ書けない】というポイントがあります。

復縁の手紙の効果

復縁したいと本気で願うなら…復縁屋ジースタイル

復縁の手紙について復縁屋に相談してくる方は多いのですが、復縁の手紙の書き方を教えて下さい!!!という相談もまた多くあります。

復縁の手紙をどう書けば良いかが分からない…この状態で復縁の手紙に辿り着いているのは『手紙を書けば気持ちが伝わる』と安易に考えている事が良く分かります。手紙を書けば気持ちが伝わるなら相手の気持ちを軽く考え、『手紙を書けば復縁してくれるでしょ?』と元カレ・元カノへの気持ちも大したものではない事が分かりますが本人は到って本気です。

実際に手紙を書けば復縁してくれるでしょ?という言葉を手紙に書く事はないとは思いますが手紙を書けば復縁してくれるでしょ?という安易な考えの人が書く手紙にどれだけの効果があるでしょう?

もしも別れた相手から安易な気持ちが込められた手紙をもらったとしたら、あなたは復縁したいな~と考える事がありますか?ほとんどの人が復縁なんてしないでしょ!という返答になるかと思います。

復縁の手紙は書き方によっては有効に活用する事が出来ますが手紙を書くのは自分です。

どんなテクニックを用いようと書き手が適当な気持ちで書くものは手紙に限らずメール、line問わず相手に適当さは伝わってしまいます。手紙を効果的に使うのなら【別れの本当の原因について理解していなければ書けない】という部分を理解し、別れの本当の原因について真剣に考えたモノを文字にして送る事で効果を出す事は出来ますが、先ほども書いた様に手紙を書くという事は『返信は不要です』と背水の陣になり、これ以上は連絡をしません。という事を案に匂わせているのですから、復縁活動の最終手段と考え、手紙を送っても何も応答がなければ諦める位の覚悟を持って文章を考えれば復縁の手紙には効果が見られるかもしれません。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁相談は、できる限り詳しく! こんにちは! 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか? ...
別れが納得できない・・・ 恋人同士や夫婦関係の別れや離婚の理由は様々あると思うのですが、...
お客様にしていただきたい努力とは こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイル復縁アドバイザーの佐藤です。...
ネガティブを上手くコントロールすることで、復縁ができる... 『テクニックは人から教わることもできる。 でも、ハートは自分で鍛える...
だからあなたは復縁ができない 岡目八目、復縁できないお客様の特徴とは 日々お客様からの相談...
誤った考えや甘えが復縁の妨げに こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの山下です。 ...