Pocket

復縁したいなら

復縁したい…連絡ツールはlineだけ…

今こうしたカップルはとても増えて来ています。

lineとは相手とのやり取りをメールよりも簡単に出来るSNSになりますが、便利になりすぎて携帯電話番号の交換をしないカップルやlineだけでやり取りをするカップルは急増中です。

確かにlineは便利なコミュニケーションツールですが、関係の終わり方も簡単になりつつあります。

コミュニケーションの終わりをlineブロックという形で一瞬で断ち切る事も出来ますし、別れを伝える事もなくlineブロックで一方的に関係を終わりにする人たちも多いのです。

そんなlineのやり取りが残されつつも別れを告げられ、「友人関係に戻りたい…」と伝えられてしまった人は元彼(元彼女)にどんなlineをして復縁を迫るのでしょうか?

多くの人達は「縋る(すがる)」「恋人当時の延長でline」を繰り返し、復縁したいという言葉に頼り切りになるか、「思い出を語る」「どれだけ自分が好きだったかを伝える」という事を繰り返し、元恋人との連絡頻度が減り、連絡頻度が減った事に焦りを感じて復縁したいと復縁屋にご相談に来られます。

実はあまり知られていないのですが、これらの方法は確実に間違っています。

間違っているのに、復縁したいという気持ちが強く、冷静な判断が出来ない状態ですと、間違った情報を正しいと思い込み、関係を切られてしまいます。

なぜ間違えてしまうのか?

復縁したいと思っているのは自分なのですが、元恋人は自分の事をまだ少しは好きだと思ってくれているのではないか?という認識から復縁したいと押せば復縁してくれるかも…?という自分本位な考え方をしてしまい、それが原因で間違ったlineを送ってしまいます。

少なくとも相手はあなたと同じ気持ちを持っている事はありません。

同じ気持ちを持っているのなら復縁したいと悩む事はないのです。

これがキチンと理解出来ていない為、復縁したいという内容を送るlineを送り、「一か八かの勝負」を仕掛けます。

しかし、この一か八かの勝負は全く一か八かではなく、最初から負けるのが前提の博打になっており、段階を飛ばして勝負をしても負け戦でしかないのです。

負け戦の勝率を少しでも上げる為、ネット上に落ちている復縁ブログ等を参考にして冷却期間を設けて負け戦に挑みます。

これがlineの送り方を調べる方の停止した思考状態になります。

文章を作れば作るほど相手に伝わるわけも無い言葉を沢山書き、文章を沢山書けば自分の思いが少しは伝わるのではないか?と再度自己満足に陥ります。

しかし、そもそもこういったlineを送る時点で負け戦なのですが、そこは見てみぬフリをします。

負け戦に裸の王様が自分は鎧を纏っていると思い込んで突っ込んでいく事と変わりませんが、自分は鎧を纏っていると思い込んでいる為、間違っている事に気付かず自爆しに行くのが復縁失敗する方のlineの書き方です。

どんな内容をツラツラと並べようとlineの内容は「復縁したい」という文字を並べているだけであり、別れた相手に復縁しようという言葉を伝えた所で返事は決まっています。

え!?復縁なんて考えてないよ。

この言葉を相手からもらう為に自爆する為のlineを送ってしまいます。

もちろん言葉が優しく伝えてくれる相手であれば、この様な言葉を頂かないかもしれないですし、未読スルーされてしまう事も考えられます。

復縁したいなら送らないといけないlineは?

復縁したいなら送らないといけないlineは段階をシッカリと踏んでいく為のlineになります。

他の復縁ブログを見れば「数ヶ月の冷却期間後に送るlineで復縁できた」といったlineの書き方が沢山書いてありますが、何もせずに数ヶ月冷却期間を置いたからといって復縁出来るはずがありません。

数か月後に送るlineも段階を踏まえて送っていたからこそ復縁成功したという部分が省かれています。

別れた時と同じ印象を持たれていて、「この人と付き合っていても先がない」という印象のまま数ヶ月に復縁したい!とlineを送っても復縁成功はありません。

たまたま運良く復縁成功でも良い…と考えるかもしれませんが、たまたま運良く復縁というモノはなく、復縁は必然でなるべくして復縁成功したという形が求められます。

では復縁したいから送るlineというのはどんなlineが良いのか?

それはあなたが異性として魅力的な人物だと思わせるような段階を踏んでいくlineになります。

段階を踏んでいくlineを送るというのは復縁したいと一方的に送るlineやどれだけ相手を愛しているか、どれだけ相手を必要としているかをツラツラと書き並べるlineではありません。

自分の魅力を直接的ではなく、間接的に相手に分かってもらえる内容であなたの存在をアピールしていかなければなりません。

もちろん自分は〇〇といった人間ですよ。というlineを書けばNGです。

自分は〇〇といった人間ですよ。

という内容を間接的に伝えていくからこそ、少しづつ段階を踏んで復縁に向けたlineを送っていき、元恋人が異性として意識をしてくれる様に仕向けなければならず、その〇〇ですよ。の中には、もちろん別れの原因となった原因が改善されている内容を含めたモノを伝えていかなければなりません。

復縁のlineの送り方が分からない…自分が送るlineで復縁を意識してもらえるのか?と今一度復縁の為のlineを送るのであれば是非一度自分が送っている内容を見返してみて下さい。

参考ブログ記事

復縁を伝えるメールの書き方

復縁活動を行っている際に元恋人に対しての連絡ツールがなければ自己改善の成果を伝える事が出来ません。

せっかく自己改善を行って元恋人に認めてもらえる様になってもその伝え方を間違えてしまえばせっかくの自己改善も無駄になってしまいます。

1人で復縁する為には復縁メールやlineをどう伝えていくか?というのは必須になります。

どんなメールやlineを送れば復縁出来るのかな?という際に元カレ・元カノへのメールやlineの送り方が分からない…メール、lineの送り方で失敗したくない方は下記を参考にして下さい。

そもそも復縁メール・復縁lineに送り方はあるの?

もう一度ちゃんと話したいなら株式会社ジースタイル

復縁したいを叶える為に元恋人に送るメールやlineは復縁したいと伝えたいけど復縁したいと伝えてはいけないという、ナゾナゾみたいな原則があります。

昨今ではlineのコミュニケーションツールとしての広がりからメールよりもlineでのコミュニケーションを取る方も増え、既読、未読等の機能等も兼ね添えている為、メールよりもlineの送り方を知りたいと考える方も大変多くいらっしゃいます。

元恋人に対して送るlineの内容はイベントを使ったlineの送り方や相手の立場に立って送る送り方が求められます。

誕生日やクリスマスなどのイベントを狙ってlineを送る方は大変多いのですが、誕生日のlineの送り方やクリスマスのlineの送り方を考え、イベントに合せてピンポイントで送る事ばかりを考えて復縁失敗に繋がってしまう方がほとんどです。

lineの送り方は元恋人に喜んでもらう内容や元恋人の立場に立って送る内容が必要になり、相手の立場になって考えた内容を作らなければなりません。

そして問題なのが別れという結果を得てしまったあなたが今のままでは元恋人の立場になって考えることは出来ないという現実に気付かなければなりません。

元恋人の立場になってlineが送れるなら、今現在復縁したい…という気持ちになっている事はありません。

自分と元恋人の考え方の行き違い等があり、それが原因で別れてしまった…という状態なら、行き違いの考え方等を正してからlineを送らなければなりません。

イベント等を使ってlineを送る際に、あなたにもこのイベントを使って復縁したい…という下心が少なからずあるのではないでしょうか?本当に誕生日を祝うだけ、純粋にクリスマスを祝うだけのlineであれば、誕生日おめでとう!の一言やクリスマスだね!の一言で済みますが、実際はそうではないですよね?

会話を繋げていくには相手の気持ちを考えることが出来なければなりません。

現実の会話では相手の表情や声のトーンなどを意識しながら会話が出来ていたモノが、メールやlineに慣れてしまい、相手から得られる情報は文字の羅列になっている為、そこから相手が何を考えているのか?といった推測が出来なければ会話が成立する事はありません。

会話を繋げていくには相手との関係性を理解しているという事です。

関係性を理解しているからこそ会話が繋がり、その段階を踏んでいくからこそ復縁に繋がるキッカケを見つける事も出来るのです。

相手の気持ちを考える事が出来ずにlineを送れば相手はそのlineに関して良しとしてくれません。

lineの送り方は相手が自分をどう見てるのか?相手との関係性を考えるからこそ、どんな内容で送り、どんな返信が来るであろう事が予測出来るので、その後にどんな会話で繋げていくか?といった会話の連続が出来ることで続けていく事が出来ます。

参考ブログ記事

復縁lineのメリットとは?

lineのメリットはいつでも復縁したい相手に送信する事が出来、レスポンスが早い事になります。

しかし、元恋人との関係が悪ければこういったメリットの恩恵を受ける事は出来ません。

メールやlineのメリットはレスポンスの早さや相手の都合の良い時間帯を気にして連絡をする電話とは異なるので自分の都合で送ることが出来ます。

メールやlineのやり取りが出来る人は元恋人の情報を会話の中で入手する事も出来ますが、情報入手は復縁問題解決にとって大切な事になります。

情報入手とレスポンスの内容で元恋人との関係性を図る事にも繋がり、lineのやり取りを行う事で自分との距離感を縮める事も離れる事も出来るメリットがあります。

その為、復縁したいとlineを送る人は多いのですが、元恋人から返信があった場合に、どのように対応すればいいのか?が分からない…返事が来なかったらどうしよう…と考える方も多いのですが、返信が来る、来ないというのも情報の1つになりますし、そういった情報を一つづつ積み上げていくので、復縁に向けて何をすれば良いのか?という事にも気付きます。

復縁メールやlineのメリットを活かす事を考えながらメールやlineを作成すれば内容も自ずと変わって来ます。

復縁lineを無視された場合は?

復縁lineは純粋に元恋人にその旨を伝える為に利用される事もありますし、あえて復縁したい気持ちを伏せて相手の情報入手を行えますが場合によっては無視されてしまう事もあります。

送り手としては不安が強くなりますがlineでは既読スルー、もしくは未読スルーといった相手からの反応がない事が分かってしまう為に、完全に嫌われている…と考えてしまう事もありますが、内容に興味がなく、反応がないのか、それとも他の理由があり、反応がないのか?を調べなければなりません。

まず元恋人がlineを無視する意図や、元恋人の心理状態、関係性など、情報を精査し、理解する事で元恋人がどんな気持ちで既読スルー・未読スルーをしているのか?という部分を考えます。

別れの原因次第になりますがlineをもらっても復縁するつもりはないので連絡しないで欲しいという意図や自分の事は諦めて欲しいと考えている意図、他にも今は気持ちに余裕がないので返信をしない等、色々な意図を推測します。

それらの状況を読み解くからこそ無視をされた状態であっても、情報として利用する事が出来、自分との関係性について考える事で復縁の可能性を手繰り寄せていかなければなりません。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁したい相手がブロックを解除してきた…何故?... 時間経過がきっかけだったり、復縁工作の結果だったり。 または単純...
復縁lineで文字に気持ちを乗せる事 復縁したいから手紙を書けば気持ちを伝える事が出来るという誤認識...
毎日復縁したい相手の事ばかり… 復縁したい相手との復縁を望んでいる方、今頑張って復縁活動はして...
私はヤリ○ンです。という間違った自慢... 自分から私(俺)はヤリ○ンです。という自慢をする事は珍しく、特...
「想い」が「重い」 「気持ちが重い」って別れる理由にする人っていませんか? ...
失った信用(信頼)を取り戻して復縁 一度失った信用(信頼)は取り戻すことができないのか? 信用(...