Pocket

株式会社ジースタイルの復縁工作成功率は業界NO1

復縁相談時に復縁したいです!!!という言葉をいただき、状況をお伺いさせていただくと「付き合ってたんですか?」という疑問ばかりが頭の中をよぎるご相談者の方がいます。

付き合うという定義はお互いに意思表示をする事やお互いに必要とされて初めて付き合っている事だと判断出来ます。

周囲へ付き合っている事の公言ももちろんですが、一方的に付き合っていたと思い込んでいるという状態を付き合っていると判断する事はありません。

しかし、とある相談者の方は自分は付き合っていました。復縁したいんです。と仰り、ではいつ位前に別れたのですか?という質問に対して「一ヶ月ほど前から連絡が取れなくなりました。」という返答をいただきます。

詳しく聞いていくと相手の仕事も知らない、連絡手段もLINEのみ、電話はした事がない、出会ったキッカケは婚活、この時点で付き合っていたのだろうか?という疑問が湧きます。

本人が付き合っていたと思っているのですから、もちろん相談員は付き合っていたのですか?と確証がないモノに対して言う事は出来ません。

話しを聞けば聞くほど付き合っていたのかな?という疑問が強くなりますし、体の関係もないという事に対してもピュアな関係だったという相談者のお話をお伺いすれば、それを信じます。

しかし、こういった方の依頼を請けて調査や工作をした場合、大抵のケースで対象者から「付き合っていない」という話しを聞く事になります。

依頼者の言う復縁は「また付き合いたい」という意味の復縁になるのですが、対象者は「付き合っていない」と考えている場合、またという言葉がおかしくなってしまいます。

復縁工作で連絡を取り合える仲に戻したケースもありますが、依頼者の望むまた付き合うという状態ではなく友人関係に戻る復縁までにしか至らなかったという事もあります。

元々対象者は依頼者の事を好意を持てる異性として見ていなかったという事もあり、状況が違えば目指す方向も変えていかなければなりません。

付き合っていたかどうかは本人だけが決める事ではなく双方の気持ちが揃って付き合っていると言えます。

友人として縁を取り戻して、その上で異性として見られる様に仕向けていく事と付き合っていたという情報の元に関係を取り戻すのは同じ様なルートの様に感じるかもしれませんが全く異なります。

状況把握の大切さをご理解いただければと思います。

 

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁成功を実現したければ相手の気持ちの変化を待ってはいけない... 復縁を目指す復縁希望者さんの中には、 時間が経てば相...
僕はこれしか思いつきません! 復縁相談を頂く方が『僕はこれしか思いつきません!どうすれば良い...
最も効率的な復縁を実現するために お客様の中には、復縁や別れさせについて悩みすぎて夜に寝れなくな...
ジースタイルにはどんな人がいるの?~お客様からのメールに答えるの巻~... こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの佐藤です。 先日お客...
突然冷める恋愛感情 好きで付き合っていた恋人の言動や行動が原因で、自分の恋愛に対す...
自分の今の状況、そして気持ちや考えを整理することが、復縁に繋がる... お部屋を片付けなければ、生活はし辛いですよね。 同じく、身辺を整...