Pocket

復縁したいなら変わらなきゃ

お客様の中には、「本当に日本で義務教育を受けてきたのか?」と疑問に思うほどに日本語が下手なお客様がいらっしゃいます。
弊社スタッフが超能力者であればお心を読み取って状況を把握することができるのですが、残念ながら復縁屋・別れさせ屋ジースタイルには超能力者は在籍していないため、きちんと伝わる形で言葉にしていただかなければ、状況の把握はもちろんアドバイスすらしようがありません。

例えば「破局に至った理由と状況をお教えいただけますか?」とお客様にお伺いしたとします。
日本語が不自由なお客様は、こうお答えになるのです。
「彼と別れたのですが、わたしは別れたくなくて、でも連絡をとれないしどうすればいいか分からないんです。寂しいし悲しいんです。どうすればいいですか?」
・・・これが『理由』や『状況』でしょうか?
『心境』ではありませんか?
この説明から、どうよりを戻すためのアドバイスをすればいいのでしょうか?
できるわけがありません。
「復縁をしたいのであれば、まずは日本語を勉強しましょう」とお伝えするのが精一杯です。

そして、これが一番酷いものかといえばそういうわけではありません。
復縁したいです」と一言だけメールやライン相談が送られてくる場合もあります。
どうすればいいのでしょうか?
「そうですか、がんばってください」以外に言えることはありません。
「付き合っている人と別れました」のパターンもあります。
「そうですか、大変ですね」と答えるしかありません。

そういったお客様にお伺いしたいのですが、逆にご自身がお友達から恋愛相談を受けたときに、状況ではなく『心境』だけを聞かされて何を答えますか?
「よりを戻したいんだよね」「別れたんだよね」だけを言われたときに、何を答えますか?
理由も話さずいきなりそれだけを言われたら、「へー、そうなんだ」としか言えなくありませんか?
もしかすると、お友達であれば「どうしたの?」と言ってくれるかもしれません。
ですが、弊社はお客様のお友達ではありません。
アドバイスを求める、つまり教えを請うのであれば、教えを請うなりに「どんな教えがほしいのか」を相手に伝える必要があるのではないでしょうか?
それをせず、投げやりに誰かに自分の「復縁したい」との欲求をぶつけて、相手に「助けてくれて当たり前」といわんばかりの態度をとる人を、誰が助けたいと思うでしょうか?

また、日本語能力もありますが、これらは人付き合いの基本です。
それができていないのです。

さて、そうやった人付き合いの基本すらできない人が、どうやってよりを戻すのでしょうか?
よりを戻すということは、お相手様にもう一度必要とされることです。
人付き合いの基本すらできない人を、誰が必要としますか?
むしろ「いないほうがマシ」と思われるだけです。
そして何より、そのように

【「いないほうがマシ」とお相手様に思われたからこそ、フラれたのではありませんか?】

少なくとも、お相手様に必要と思われているのであれば、フラれることはありません。
何故なら、必要であれば傍にいてほしく思われるからです。
必要と思わなくなれば、傍ところか視野に入るだけでも鬱陶しく思われるためにフラれます。

お相手様とのコミュニケーションを思い出してください。

【自己中心的な振る舞いをし、お相手様に嫌な思いをさせていませんでしたか?】

いただくご相談を見ただけでも、フラれる理由がわかる場合が非常に多くあります。
その多くは、義務教育レベル以下の日本語能力の不足です。
自分の思いを自分以外に理解してほしいのであれば、まずは日本語で相手にきちんと届ける努力をしてください。
その努力することすらできない人に、復縁への努力はできません。

■⇒よりを戻す期間はどの位?

■⇒復縁のおまじないに読んで下さい

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁を望む方の立場は弱い 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの相談員山下です。 弊社へ...
復縁したい相手は些細な事とは思ってません... あなたが恋人と喧嘩をしてしまうのは、どんな時ですか?恋人同士や夫婦間で...
自問自答できない復縁相談者 復縁したい相手との復縁を望む人というのは、この「復縁するか?」...
復縁したい相手との心の距離を少しずつ埋めていく... 何事も「石橋を叩いて渡る」ということわざがあるように、地道にコ...
復縁したい男性の男らしさとは?② 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの相談員の山下です。 先日...
ホスト・キャバ嬢との復縁 「お気に入りのホスト(またはキャバ嬢)に嫌われてしまった!復縁したい!...