Pocket

メールと違い既読と付くことから、相手が読んだのか・それはそれがいつかがわかってしまうところが、ラインの長所であり短所です。

復縁したいと思ってヤキモキなさっているお客様にとって、ラインは便利な反面取り返しのつかないミスを招いてしまう諸刃の剣でもあります。

復縁屋ジースタイルを利用しようと思うお客様は、これを参考にしながら、復縁をする過程でのラインとの付き合い方を考えてみてください。

ラインの既読無視に振り回されない

もう一度取り戻したい手がある…復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

ラインとの付き合いを考える中で、復縁に限らず一番大切なことです。

ラインの画面の中のことはあくまで画面の中のことで、リアルではありません。

既読無視があったからと言って、路上で話しかけて無視されたのとはわけが違います。

例えば、トイレに行く前に受信確認し、「出たら返そう」と思っていたのに、出たら忘れてた、なんて事は、お客様も経験がおありではないでしょうか?

「既読無視だ!なんで?!」と短絡的に追撃ラインを送るのではなく、意図せず結果的に既読無視になった場合と意図しての既読無視の場合の両方を想定し、行動すべきです。

ラインで意図せず結果的な既読無視だった場合

とりあえず、待ってみましょう。

次の日などに、「そういえば前に話していた○○だけど」など、さりげなく会話を途切れさせない工夫をなさればよいと思います。

やってはならないことは、返事を急かすことです。

お相手様にもお相手様の事情があり、忘れていただけや、受信した本文は確認したけれどちょっと忙しくてすぐに返事を返せなかった場合があります。

そんなときに返事をせかされては、「面倒だな」と思われてしまいます。

ラインで意図した無視だった場合

ご自身に置き換えて、意図して既読無視するときの心理はどのようなものでしょうか?

恐らくポジティブなものではないと思います。

ここでも必要なことは、第三者の視点を持つことです。(復縁や復縁工作には、第三者の視点は忘れてはならない一番重要な点です)

何故既読無視されるのでしょうか?

  • 返事が不要な内容である→「おはよう」「おやすみ」など
  • 返事が面倒な内容である→「今日はこれ食べたよ」など
  • 返信したくない→内容問わずで絡みたくない

以上の3つが考えられます。

ラインを何故既読無視をされるのか

復縁したいと思いつつもラインで交流をしているときに、意図的に既読無視をされたら辛いですよね。

では、何故無視されるかのかその理由と対処について考えましょう。

「おはよう」「おやすみ」など返事が不要な内容、通称「時報ライン」

やめましょう。

おはようにはおはようしか返せませんし、おやすみを送るであろう夜は相手がすでに寝ている可能性があり、良好な関係でなければ良いものになるパターンは少ないです。

そのような時報ラインを送られても会話が発展しないので、もらったほうも困惑してしまいます。

「今日はこれ食べたよ」など返事が面倒な内容、通称「日記ライン」

日記ラインに返事を送るのは、なかなか面倒だったりします。

もらった側が返しやすい内容のラインを送るほうが返信は来易くなるので、良好な関係であるなら、「今日○○食べたよ、今度一緒に行かない?」など、誘いの方向にしましょう。

しかし、誘いの頻度については考慮が必要です。

返信したくない、絡みたくない

追撃はしないことです。

一旦すぱっと送らなくなるもの、駆け引きとしてひとつの手かもしれません。

ラインをブロックする心理、ラインをブロックしない心理

取り戻したい笑顔がそこにある

まずはブロックされているかをチェックしてみましょう。

チェックの方法はインターネットで調べれば出てきますが、もしわからなければ復縁屋ジースタイルまでご連絡をくだされば、お教えさせていただきます。

ラインをブロックされていた

こちらから「ブロックを解除して」とラインで伝える方法は、基本的にはありません。

とりあえず放置して、冷却期間をあけるくらいしかないでしょう。

しかし、ブロックした側はした側で妙な罪悪感に襲われる人もいて、永遠にずっとブロックしているパターンは少ないです。

数週間~数ヶ月でブロックが解除される場合もあるので、とにかく焦らないことです。

ブロックしたくなるほどお相手様に避けられている事実を受け入れ、その間に御自身を見直しましょう。

また、復縁屋ジースタイルの復縁工作で、ブロックを解除してもらえるようにお相手様に思いなおしてもらえるようにアプローチすることも可能ですので、なかなか解除にならず辛い思いをなさっていらっしゃるお客様は、是非ご依頼も含めてご相談ください。

ラインをブロックされていない

そもそも別れた人をブロックしない心理とは、どのようなものでしょうか?

考えうる可能性としては、以下のものがあります。

  • ブロックの仕方を知らない
  • また連絡あるかも?など、ちょっと復縁を期待したり、相手からの連絡を待っている
  • 連絡手段を一切断つと、極端な手段な手段をとってこられそうで怖いと思っている

良い場合と悪い場合、アンビバレントな理由ですね。

復縁を考える際、ご自身はどう思われてブロックされていないのか、今一度考える必要があります。

ラインのタイムラインの活用

大切な家族を取り戻すなら

タイムラインは、相手が非表示にしていない限り、誰でも見れるオープンな投稿となります。

必ず見てくれるとは限りませんが、相手にプレッシャーをかけずに自分の日常をアピールすることは可能で、うまくいけばお相手様のお客様に対する印象を良くする一助になるかもしれません。

例えば、比較的閉じこもりがちだった方が「新しくこんなことを始めてみた(カルチャースクールなど)」などを投稿しているのを目にすれば、変わったんだなと思ってもらえます。

注意点と致しましては、「対一人ではなく全員が見れる」ということで、復縁したいお相手様お一人に向けた内容になり過ぎた結果、プレッシャーを与えてしまわないようにすることが重要です。

一旦ラインをやめてみるのも手

復縁工作、別れさせ工作、出会い工作をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋ジースタイルにご相談くださるお客様でも、何度もラインを送ってしまってブロックされてしまったお客様は、多々いらっしゃいます。

依存し執着している状態もお客様の一面ではありますが、その状態では正常な判断ができない場合もございます。

そういうときは、お辛いかもしれませんが、一度アンインストールしてみてはいかがでしょうか?

手元にあることで連絡したくなり、連絡がないことで辛くなるのであれば、双方傷付く前に当分はアンインストールするのもひとつの手です。

アカウントの削除さえしなければラインは再度ログインしてパスワード等を入力すればまた利用できるので、執着しすぎている自覚のあるお客様は、とらわれを捨ててみれば、少し楽になるかもしれません。

復縁とライン~ラインにまつわるエトセトラ~のまとめ

復縁屋・復縁工作・復縁相談をお探しなら株式会社ジースタイルの無料相談へ

今世の中には、“ライン疲れ”との言葉もあります。

復縁をするきっかけにとても良いラインではありますが、いつでも繋がれるからこそ不用意な発言で相手を傷付けることがあり、それがきっかけでお相手様と尚更心の距離が離れてしまうこともあるでしょう。

一度付き合ったり結婚した相手だからと相手の懐の深さに甘えず、初心を思い出してお相手様を口説くときの緊張感を持って、ラインでの交流を図ってみてください。

復縁する為のラインのご相談も復縁屋ジースタイルでは承っています。

復縁工作のご提案はお任せ下さい

復縁屋ジースタイルでは、復縁する為のラインの送り方などは有料アドバイスで対応させて頂いています。

状況を分析させて頂き、状況に応じたラインを送る事で復縁成功率を高める効果をもたらし、復縁の専門家が状況に応じた復縁ラインの対応をさせて頂けます。

どんなラインを送れば良いのか?

復縁ラインで失敗したくない…

といった復縁する為に専門家が提供出来る知識と経験を元に添削作業を行う事で失敗しない為のラインを送れます。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

絶対によりを戻せるlineを探しているなら必見の方法... よりを戻したい、復縁したいからlineの送り方を教えて欲しいというご相...
LINEを連続送信した容疑で逮捕者が…... 7月12日にこのようなニュースが報道されました。 ―――――――...
復縁したいならlineの中身が重要を知って下さい。... 復縁の情報にどんなモノがあるんだろう…と復縁に関する情報はない...
一度壊れた関係がlineをキッカケに復縁する為には?... 一度壊れてしまった関係がlineをキッカケに復縁するという事は珍しくあ...
メールとLINE(ライン)の送り方次第で復縁成功率が変わります... 復縁成功する為のメールや復縁成功する為のLINEについて悩みを抱えてい...
ラインのブロックを解く前に何故ラインをブロックされたのか?考えて下さい... 昨今ではLINE(ライン)はコミュニケーションを取るツールとして利用し...