Pocket

復縁の手紙を書くにはいくつかのポイントがあります。そのポイントを教えて欲しいという相談者も多いので復縁の手紙を書く為に必要な事をいくつか挙げさせていただきます。

まず手紙というものを根本的に理解しなければ復縁の手紙について書く事が出来ません。手紙はデジタルツールと違って手書きである分、自分の気持ちを相手に伝えやすい。と考えがちですが自分の気持ちを相手に伝えやすいのが手紙の特徴ではありません。

手紙の優位点は読みやすいという一点のみであり、lineの様にスクロールさせて読ませるよりも文字の大きさもlineよりも大きく読み手が読み易いのが手紙の特徴になります。

それ以外に手紙の優位点はありませんが、手紙を書く事で『気持ちがこもっている』『手書きだから気持ちを伝えようとしている』『時間を掛けて一生懸命書いたから気持ちが伝わる』という事はないので手紙を送る事で都合の良い解釈は省かなければなりません。

『時間が掛かっている』『一生懸命書いた』という事はlineでもメールでも変わりません。

時間が掛かっている事も一生懸命書いた事も手紙を送られた相手にしてみればlineだろうと手紙だろうと分かりません。

キレイな字で書いたものを『丁寧に書いたんだな』という事は伝わるかもしれませんが、そもそも手紙を送る際に雑に書く様な手紙であれば送られた相手も不愉快になる事から丁寧に書いて当たり前という認識を持たなければなりません。

丁寧に書かれて当たり前という認識は誤字をした場合、黒く塗りつぶして続きを書く人もいるのですが、黒く塗りつぶして先を書く事は丁寧に書かれていて当たり前の状態のマイナスポイントになると考えなければなりません。誤字を黒く塗りつぶしているから復縁しないに繋がる訳ではないのですが、丁寧に送る事を心掛ける手紙ならではになり、脱字をした際に後からカッコを使い文字をつけたす事も同様に気を付けなければなりません。

実は復縁の手紙にはメリットがある

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁の手紙にあるメリットは読み易さというモノ以外にも実はもう一つのメリットがあるのです。

それは物理的な重さになります。

物理的重さとはメールやlineでは与えられない物による重さを与える事が出来るのです。

スマホ一台でメールやlineが出来る時代ですからスマホの質感は常に持っていますが、封筒や便箋の重さを唯一与えられる連絡ツールが手紙になります。

手紙を書く人の多くは手紙の質感を自分の気持ちの重さと考え、長い文章を書けば気持ちをその分乗せて相手に伝えられる事が出来ると錯覚するようです。

実際に復縁の手紙をもらった人達にアンケートを行った結果、『丁寧に書いてあって気持ちは伝わる』というアンケート結果はありますが、手紙の中身について触れられる事はありません。物理的な手紙の質量について沢山長い文章を書いてもらったという事は書かれているものもありますが、そこが一生懸命書いたんだな。というのが伝わる様です。

手紙の枚数の多さはlineやメールの様な電子ツールでは伝わらない様な質量を伝える事が出来ます。

送り手はそれを気持ちの重さとして送る方が多いのですが、手に取って伝わる重さは手紙のメリットになります。

長い文章を書けば書くほど気持ちが伝わる訳ではありません。

復縁の手紙を書く為のポイント

手紙を書く際に

優しさに甘えてしまってごめんなさい。でももう甘えてばかりいるのはやめます。

本気です。信じて下さい。最後のチャンスを下さい。こんな風に誰かの為に変わりたい。成長したい。って思ったのはあなたしかいないんです。

沢山辛い思いをさせてしまいました。本当にごめんなさい。。話し合わせて下さい。

という謝罪の内容と話せませんか?会えませんか?という事を書く方は多いのですが、こういった一見謝罪と見せかけて話す事や会う事を目的としているであろう内容を書けば『結局どうにかして会おうとしてるだけ』と捉えられてしまいます。

一通の手紙の中に色々な内容を盛り込み、その中にはどうにか自分の都合を押し通そうという内容ばかりが目につき、会って話せばどうにかなる。という気持ちが透けている復縁の手紙を書く人は大変多くいますが、会って話せばどうにかなるという考えが透けて見える為、会って話をしてもらえません。

実際に手紙を読んでもらえるかどうかは別の話しですが、別れ話をした後に手紙をもらって話しがしたいとなるにはlineやメール、電話等が不通になり、手紙で一方的に連絡を取るという手段に至った訳です。

デジタルが拒絶された後にアナログで伝える内容も会いたい。話せば…という気持ちが透けて見えれば連絡をしてみるかな…?となる事はあり得ません。

謝罪の気持ちや感謝の言葉、それらを伝える事が出来るから連絡をしてみようかな…となるのですが、別れた後に会えばどうにかなる…と思える様な言葉を出された所で会いたい。連絡したい。とはならないのは当然の事かと思います。

復縁の手紙を書く人の大きな間違いはこの部分にあります。

復縁の手紙の有効活用法

気持ちを伝えたいけれど連絡ツールがない…家を知っているけれど、突然家に押しかければ迷惑になるかもしれない。

そういった状況の時に唯一残されたのが手紙という手段になり、手紙を読んでもらえるかどうかは別の問題ですが唯一連絡が出来るツールでもある訳です。

lineが繋がっている状態で既読が付く時に手紙を送った所で復縁に繋がる事はなく、手紙で送るのなら、その内容をそのままlineで送る事となんら変わりはありません。

復縁の手紙の有効活用は復縁屋にしてみれば連絡ツールがなくなったから使うモノであり、連絡ツールがある内に使う必要はありません。

例えば直接会って話す機会がありながら、何を言えば分からなくなってしまいそうだ…だから今の気持ちをしたためる内容を書いて渡すというのであれば有効利用する事が出来ますが、文字に起こすよりも言葉で伝えた方が気持ちを伝える事が出来、補足として伝えるつもりであれば補足した内容の手紙として渡す事を意識しなければなりません。

復縁の手紙には会って話す事のサポート、連絡が取れなくなった時の最後の手段等、復縁に関してサブ的な要素として活用する事が求められますが、手紙を『書いた』という自分の中で満足した部分がある為に復縁の手紙を自己満足から書いた事による満足としてサブではなくメインとして考える方がいます。

復縁の手紙を書くのなら何かのアシストをする役割とした認識で手紙を書く事で手紙自体の効果を使う事が出来ます。

復縁の手紙を書くのなら

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁の手紙を書くのなら何を伝えるつもりなのか?という要点を絞った内容を書かなければなりません。そして復縁の手紙の要点を絞った内容というのは元カレ・元カノに嫌われない事、元カレ・元カノと友人関係を築いていく事、これらを目的とした手紙を書かなければなりません。

復縁の手紙に良く見られる『もう一度好きになって…』といった内容を送った所で現状は好かれていない⇒好かれていないから別れた⇒別れたからスグに好きになってもらってもう一度付き合いたいと考えがちですが、好きになってもらうには別れた当時とは自分が変わらなければならず、変わった部分を提供出来るから復縁に繋がる訳ですから、変わった部分を見てもらう期間を設けなければなりません。

変わった部分を見せずに『今の自分でも復縁して下さい』と手紙で伝えた所で元カレ・元カノは何故復縁しなければならないの?となってしまいます。

今のあなたでは付き合っていく事に不安や不満があるから別れを決断されたのですから、再度付き合いたいと考えるのなら今の自分ではない違う自分にならなければなりません。

そして、その自分の変化を相手に見せていく事で以前とは違う魅力を持った異性だという認識を与えるので復縁に繋がる事はありますが、復縁の手紙を書くのなら復縁して下さい。と伝えるべきではありません。

文字を伝えるだけであればlineやメールで伝える事が出来ますが、それが使えなくなったから、もしくは使えるけど伝えられなくなっているので手紙を活用するかと思います。lineやメール、電話で謝罪の言葉をどれだけ伝えても復縁に繋がらなかったのなら全く別の切り口で伝えなければ、わざわざ手紙を利用するメリットはありません。

復縁の手紙を使って復縁したいと考えながら復縁に繋がらないのは同じ言葉を何度も繰り返し元カレ・元カノに伝えているからというケースもあり、しつこくごめんなさいと伝えた所で「もう何度もその言葉は聞いたよ」と思われるだけで何の効果もありません。

復縁を目指している方がブログ等を参考にして『lineやメールよりも手紙の方が復縁には効果的』という記事をご覧になられている方は大変多いかと思いますが、同じ言葉を何度も繰り返し伝えた所で言葉は伝わりませんし気持ちを伝えるのにlineではなく手紙に変えた所で内容が同じであれば何も伝わりません。

lineやメールよりも手紙の方が復縁には効果的という言葉を真に受けるのではなく、どの様に気持ちを伝えるか?という事を考えて言葉にし、内容を作る事が重要になります。

手紙で伝わるモノはlineでも伝えられます。そして連絡手段が全て無くなり手紙しか連絡ツールがない…という状態であれば、正直なところですが1人で復縁を目指した所で復縁の可能性は相当低く、復縁屋に相談して復縁工作等の手段を考えなければ復縁の芽は消えていくであろう事をご理解いただければと思います。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

ラインのブロックを解く前に何故ラインをブロックされたのか?考えて下さい... 昨今ではLINE(ライン)はコミュニケーションを取るツールとして利用し...
メールとLINE(ライン)の送り方次第で復縁成功率が変わります... 復縁成功する為のメールや復縁成功する為のLINEについて悩みを抱えてい...
よりを戻したい人が打つline 元カノとよりを戻したいと思ってlineを送ってみました。僕の送...
その文章で復縁したい相手に本当に反省が伝わりますか?... ネットで見つけたとある書き込みが、反省を伝えることについて考え...
女性がもらってウザく感じるメール8選... 付き合っていた頃なら許せていたけれど、別れて他人になった段階で、メール...
東京で大雪に見舞われたから復縁lineしたい... 東京が雪に見舞われ、復縁したい相手に心配する様なメールを何度も...