Pocket

よりを戻したい、復縁したいなら

復縁工作の依頼を請けた後に感心される事が良くありますが、何故今更感心するのだろう…と思う事があります。凄いですね。という言葉をいただくのは嬉しくない訳ではありませんが専門で行っている以上、出来て当たり前のことを褒められると複雑になります。

大工さんはトンカチや鋸の使い方が上手ですがトンカチや鋸の使い方を褒められても嬉しくはありません。良いモノが出来て初めて喜びを感じ、出来たモノに対して感謝されるからこそ遣り甲斐を感じるはずです。

復縁屋は復縁工作をするのが目的ではなく復縁させる事が目的ですから調査や工作の能力を褒められても普通の事を普通にこなしているだけで特別な何かをしているとは思いません。

もちろん復縁成功率100%を保証する事が出来るサービスではありませんし大工さんの様に完成物を確実に提供出来るサービスではありませんがその過程を褒められる事に抵抗を感じる事もあり、復縁出来ていない段階で感謝される事や復縁出来ていない段階で感心される事は違うのではないかと思います。

感謝の言葉を頂く皆様には『感謝するのはまだ早いですよ。感謝の声を頂くのは復縁してからにして頂けますか?』とお伝えしていますが工作の途中で頂く言葉には『まだまだこれからなので油断しない様にしましょう。』とお伝えさせて頂いています。

復縁屋は【復縁工作をするのが目的ではありません。】という事を弊社ホームページでも何度か書かせて頂いていますが、ご依頼頂く方達は『復縁屋に依頼したから…』と依頼した時点で安心しきってしまい、目的である復縁に向けて油断してしまう事があります。

復縁工作を行う事や復縁屋に依頼する事は【復縁】に辿り着くまでの過程に過ぎません。

目的を達成するまでの過程を復縁屋側と依頼者側でお互いに褒め称えあった所で目的に達成するかどうかは別の問題ですし【目的を達成させる為に復縁工作】を行っているという事を忘れてはいけません。

復縁屋に依頼したから大丈夫。復縁屋に依頼したから安心だ。と復縁屋に依頼する事で安心してしまうのではなく、復縁屋に依頼したのは復縁成功までの過程で有る事を忘れない様にして下さい。

復縁したいから復縁屋に頼るという発想自体は悪くはありません。復縁屋は復縁の専門家ですから復縁成功させる為に何をすれば良いのか?という道標を示してくれます。

過程はあくまでも過程であり結果ではないので過程を結果と捉えてしまっては目的である結果には届きません。

過程を結果として捉える人の中には復縁工作の最中に接触が出来れば復縁に一歩繋がるから接触を第一の目標にしているという人もいます。

これも大きな間違いで復縁屋の工作員が対象者に接触したから復縁に繋がるとは限りません。

接触して『対象者から別れた本当の原因を聞き出す事や復縁に向けた心理誘導』が出来て初めて工作員が接触したメリットがあるのですが接触したから先に進んだ…と考える方ですと、接触する事が目的の復縁屋との契約に焦ってしまい、本来の目的である復縁には全く届かない。といったケースもあります。

接触が復縁に繋がると錯誤させる復縁屋も存在しますが接触はあくまでも接触で会って復縁ではありません。

復縁屋へ依頼する事や復縁工作を行う事を目的にするのではなく【復縁が目的】だという事を間違えないようにして下さい。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

相手が音信不通の理由 復縁したい相手とは現在音信不通である・・・という復縁相談が来る...
同棲の落とし穴 好きな人と同じ屋根の下での生活がしたいと同棲に憧れを抱き同棲を...
冷却期間、どれだけ空ければいいの?... 「冷却期間って何?」 「それって必要なの?」 復縁したいと復縁を望...
復縁したいのに連絡が取れない… 復縁したいのに連絡が取れないから家に直接会いに行こう。会社に突...
今の関係って付き合っているのかよくかわからない・・・... 必ず告白してからお付き合いがスタートするとは限りません。 お互い...
心理学を使ってよりを戻したいと思わせる... 一度別れた相手と、どんな時によりを戻したいと考えますか?よりを戻したい...