Pocket

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

こんにちは、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの佐藤です。

先日更新された”元カノと復縁したいから女性の心理を学ぶ?”と似ている内容になってしまうのですが、佐藤に対して「女性の気持ちを教えてください!」と仰るお客様がいらっしゃいます。
勿論女性全般に言えることでしたらお答えできますが、例えば「~な感じでラインをしたら元カノはどう思いますか?」と聞かれてしまうと、少し困ってしまいます。
だって、佐藤は元彼女さんではないのですもの。
元彼女さん個人の気持ちはわかりません。
そのようにお答えすると、「じゃあ佐藤さんだったらどう思いますか?」と・・・。

ですから、佐藤は元彼女さんじゃないんですって。(笑)

佐藤個人がどう思うかを聞いて、どうなさるのでしょうか?
佐藤はどうも思わなくても、元彼女さんにとっては嫌な場合もあります。
逆に、佐藤はすごく嫌でも、元彼女さんにとっては嬉しい言葉だったりするパターンもあります。

このように”当の本人ではない人の意見を主体に行動を決めてしまうこと”というのは、とても良くない判断です。
第三者の異見を聞くことは大切です。
しかし、第三者は第三者でしかありません。
誰かを通してお相手様を見るのではなく、他の誰でもないお相手様そのものを見る必要があります。

復縁のアプローチは、そう何度もできるものではありません。
この手を試してだめだったら次はこの手、そしてあの手と”下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”なんてものではないのです。
復縁したいとの気持ちを叶えるチャンスは1度しかないと思ってもかまいません。
その1度のチャンスを、お相手様本人ではない人を主体にして決めて、後悔はしませんか?

では復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの相談員に相談することに意味が無いのかと言えば、そうではありません。
そもそも復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに談をする意味とはどこにあるのでしょうか?

まず他人に相談をするために言語化する過程において、状況を俯瞰して整理しなければなりません。
例えば時系列然り、他人に理解してもらうためには順序だてて説明しなければなりませんよね?
破局してしまうと、「あの言葉が悪かったのかな?」「あの態度が悪かったのかな?」と、どうしても出来事を局所的な視点でしか見ることができなくなってしまいます。
しかし、本来時間は一線の上を流れているものであり、ひとつひとつの出来事は単発で起こるわけではなく、全て繋がっています。
例えば何かひとつの言葉を言われたからお相手様は「別れよう」と思ったのではなく、それまでの積み重ねがあった上で、引き金となる言葉を言われて「もう無理だ、別れよう」となったのです。
その流れを無視して単発の出来事にのみこだわり、「あの言葉が悪かったんだ!それを謝れば復縁ができる!」と思い込んでお相手様に謝罪をしても、お相手様からすれば的外れな謝罪でしかなく、結局は復縁に繋がることはありません。
他人に相談をし、交際の始まりから破局に至るまでを俯瞰して時系列に沿って整理することで、上記のような局所的出来事のみを注視する思考の間違いに気付くことができます。
これがまず1つめの、相談をする利点です。

2つめの利点として、相談をすることで、第三者の着眼点を得ることができます。
それというのは、単純に解決方法を得ることができるということではありません。
例えばお相手様に酷い言葉を言ってしまったとしましょう。
佐藤がお客様から「彼女に酷いことを言ってしまったんです」と聞いた場合、

    ・具体的にどのような内容なのか
    ・その言葉は彼女にとって事実なことなのか
    ・何故その言葉を言おうと思ったのか
    ・今までもその言葉を言ったことはあるのか
    ・言われたときのお相手様のリアクションはどうだったか
    ・言われた後のお相手様のリアクションはどうだったか
    ・言ってしまった後に、どのようなフォローをしたか
    ・フォローに対するリアクションはどうだったか

などなど、少なくとも8つは質問をさせていただきます。
これら全てを聞くから始めて状況がきちんと整理できるわけなのですが、ここまで掘り返して聞かれると、必ず「どうだっただろう・・・」とお客様はお考えになり言葉が止まります。
これがポイントで、もしひとりで考えているだけの状況のときに既にきちんと整理をして俯瞰して破局について考えることができていれば、「どうだっただろうか」と悩む必要はないはずです。
悩むということは、状況を整理することができておらず、本来気付かなければならない部分に気付けていなかったとうことです。

1つめのように全体の流れを改めて整理できること、そして起こった出来事に対して更に深く考えることで、今まで気付けていなかった問題に気付けることが、復縁を扱うプロである復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに相談をする意味となります。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに相談をする意味は、相談員に行動を決めてもらうためではありません。
今以上にしっかり考えるために、復縁屋・別れさせ屋ジースタイル相談員をノート代わりにして、状況を整理して行動を決める材料を増やすために相談するのです。
どのような行動をするかを決めるのは復縁屋・別れさせ屋ジースタイルではなく、お客様です。
そして冒頭にも書きましたが、お客様が本当に意見を聞きたいお相手様はお相手様なはずです。
相談員に頼っていただけることは非常に光栄ですし、お困りの際は是非頼っていただきたいと思いますが、本当に土壇場の正念場の行動を決めるのはお客様ご自身でなければならず、その行動をとるための根拠の主体は、お相手様になければなりません。

・・・といっても、ではどのように相談をすればいいのだろうかと相談のハードルを高く感じてしまうかもしれませんが、上記のようなスタイルの相談ができるように相談員がアテンドしますので、お気軽にお電話をいただければと思います。

以上、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの佐藤でした。

■⇒京都府の復縁について

■⇒誰の為に努力しているんですか?

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁屋の利用の仕方 復縁屋は復縁を売る仕事ではなく、復縁をサポートする仕事を行って...
復縁工作と別れさせ工作(復縁屋と別れさせ屋)... 復縁屋と言えば復縁工作、別れさせ屋と言えば別れさせ工作、復縁工作だけを...
復縁工作で復縁したいを目指す方へ 復縁工作とは元カノ・元カレと復縁したいという気持ちを叶える為の復縁サポ...
復縁屋との面談 復縁屋は探偵業社が行っている所が多く、探偵業法に則り、口頭での契約とい...
厳しい状況でも復縁屋しだいで復縁できるのか?... 別れた相手の事をずっと忘れられないという人は珍しくありませんが、恋愛と...
復縁工作はあくまで過程です 弊社では様々な復縁のご相談、特殊工作の件でのご相談を頂くのです...