Pocket

復縁工作の方法は接触方法、心理誘導の方法、調査方法などが挙げられます。

対象者(復縁したい相手)の調査をし、復縁工作員が調査で判明した場所で接触し、対象者を復縁に向けて心理誘導していくまでが復縁工作の方法として取り上げられます。

復縁工作の方法を気にする方の多くは、接触方法にこだわり、調査方法や心理誘導の方法については、あまり気にしません。

接触する事自体は難しい訳ではありませんが、接触方法ばかりを気にする為、復縁工作本来の目的である心理誘導まで至らないケースがあり、復縁工作で一番気にしなければならない部分を蔑ろにして復縁屋に依頼した結果、復縁は失敗に至ります。

復縁工作の方法はどんな方法で依頼者の復縁まで進めていくのか?について参考にして頂く復縁工作の方法に関する記事なので、復縁工作の依頼を検討している方、他社で復縁工作の依頼中の方、復縁工作の仕組みについて知りたい方は参考にして下さい。

復縁工作の方法を提案させて頂く前にお読み下さい

復縁工作・復縁屋をお探しなら(株)ジースタイル

復縁工作の方法を提案させて頂く前に理解して頂かなければならない事があります。

復縁工作方法を事前に提案する事は出来ますが、必ずしも復縁工作方法が事前に提案させて頂いた様に進む事はありません。

対象者は人間です。

人間である以上、全ての行動予測が出来る事はありません。

人間の全ての行動予測が出来ない事は皆さんがご理解頂いている事ですが、全ての行動予測をする事は出来ないという意味を本当に理解していない方もいらっしゃいます。

対象者の行動を全て理解していた場合、復縁工作の方法を提案する際に1~10まで予測に基づいた方法を提案する事が出来ますが、対象者の行動を全て予測する事は出来ない為、1~10までの方法を提案する事は出来ません。

復縁工作の方法は1~10までを提案するものではなく、要所要所の要となる部分を押える方法を依頼者に提案させて頂くのが復縁工作の方法になります。

例えば復縁工作の契約をする際に回数制の復縁屋と契約をしたとします。

回数制の復縁屋は回数で何をするか?について提案をしますから、TOTAL20回の実働を保証する復縁屋と契約した際に下記の流れで説明してくれます。

  • 1回~4回:調査(対象者に恋人がいるかどうかの確認)
  • 5回~10回:対象者と接触(連絡先を交換する)
  • 11回~15回:別れの原因の聞き出しや復縁に向けた心理誘導
  • 16回~18回:復縁成功
  • 19回~20回:不測の事態の予備期間

回数制の復縁工作の方法を提案してくれる復縁屋の説明は概ね上記の内容になりますが、人間は思った通りに動かないのが人間です。

思った通りに動かないのが人間だという事を一番良く分かっているのが復縁屋であり、復縁屋は依頼者に思い通りに人間は動かないものだという説明が出来なければなりません。

人間が思い通りに動かない以上、上記の様に回数で相手にも求められる行動を復縁工作の方法として説明は出来ません。

復縁工作の方法を提案させて頂く際の注意点

復縁工作の方法を教えて欲しい!と、問い合わせを頂きますが、復縁工作の方法を復縁屋が依頼者に説明する時のメインは『どうやって心理誘導していくか?』がポイントになります。

しかし、復縁工作の方法を問い合わせ頂く方は『どうやって接触するか?』をメインにご相談頂きます。

復縁工作の方法を提案する際に、どうやって接触するか?という部分にだけ着目していれば復縁工作が成功する事はありません。

どうやって接触するのか?というのは復縁工作を何度も行っていると、接触する事自体は大した問題ではない事を知っている訳ですが、復縁工作をした経験がない人にしてみれば、復縁工作員が不自然に接触しないか?不自然な接触から復縁工作の依頼がバレないか?といった心配をします。

まず、復縁工作員が接触する事を怪しまれる方法で接触する事はありません。

何故なら、大抵の方々が自分が復縁工作の対象者になっている?と考える事はありません。

復縁工作という言葉に辿り着くまでには、復縁したい立場にならなければ復縁工作というキーワードを知る機会が一般の方にはほとんどありません。

復縁屋や別れさせ屋がメジャーになってきたとは言え、復縁されたい側が復縁工作を調べる理由もなく、復縁工作員が接触する事に対して、復縁屋は勿論慎重に接触を行いますが、接触してきた人物が復縁工作を仕掛けようとしている!と思う事は、ほぼありません。

対象者が復縁工作員への警戒がない以上、復縁工作の方法で一番気にしなければならないのは、どうやって復縁に向けて心理誘導していくか?という部分が最重要であり、最重要な事を気にせずに接触だけを気にしていれば、復縁工作の目的が復縁工作員の接触になりますので、どうやって復縁するの?という肝心要の部分が抜けてしまいます。

復縁工作の方法を復縁屋から提案してもらう際は、気にしなければならない部分を間違えない様にしましょう。

復縁工作の心理誘導は復縁工作の方法として事前に説明する事は出来ません。

別れ問題抱えてる?

復縁工作の方法は厳密に言えば伝えようがない理由は、復縁に向けた心理誘導の方法を説明するのはとても難しいという事をご理解頂かなければなりません。

復縁工作の接触方法や調査方法は事前に説明出来ますが、心理誘導は対象者に合わせて対応していく為、事前に大まかな流れを伝える事は出来ても、現場で対象者と接点を持っている復縁工作員がほぼアドリブに近い状態で心理誘導を行っていく為、復縁工作の方法で一番重要な部分を事前にお伝えする事は出来ません。

復縁に向けた心理誘導を行う際に、工作員に対象者が関心を持ち、対象者を工作員が酷い振り方をする事で依頼者が慰めて対象者と依頼者が復縁する!!といった成功率0%に近い復縁工作の方法を提案する復縁屋もありますが、どんな対象者であっても成功する復縁工作の方法がない以上、最初から復縁工作の方法全てを依頼者に伝えられる事がおかしな事だと気付かない依頼者と復縁屋があります。

対象者の心理状態を誘導するから心理誘導と言います。

復縁工作の心理誘導とは、対象者の些細な気持ちの変化などを汲み取る事や、対象者が抱えているストレスを解消する事など、状況に合わせて対応していくからこそ心理誘導は復縁工作の方法で依頼前に説明して欲しいと言われても説明しづらい部分になります。

対象者が何を想い、何を考えているのか?

人の行動を全て予測するのは不可能と冒頭でもお伝えした様に、予測不可能な部分を説明出来る事は矛盾を感じなければなりません。

復縁工作の方法を料金よりも気にする事は悪い事ではありまえせん。

もう一度大切な人の心を取り戻すなら…

復縁工作の方法と復縁工作の料金で、気にしなければならないのはどちらだと想いますか?

出来れば無料でお金を掛けずに復縁したいんだから、復縁工作の料金を気にします!!という方は復縁工作が失敗に終わる可能性があります。

予算を組み、予算内で復縁工作の依頼をしたいのは分かりますが、予制制限があれば復縁工作の方法を全てご提案する事は出来ません。

復縁屋も単純にビジネスとして復縁工作の方法をご提案させて頂きます。

ビジネスという言葉を敢えて使わせて頂いているのは、無料で復縁屋が復縁工作員や調査員を相談者にご提供する事はなく、調査員や工作員をご利用頂くには復縁工作に掛かる費用は必要不可欠になります。

復縁屋はビジネスとして復縁工作をご提供する以上、予算制限のある依頼者に対して予算以上のサービスを提供する事はありません。

予算以上のサービスを提供する事はないという事は、予算を聞かせて頂いた時点で予算を上回る復縁工作の方法は復縁屋が提案するプランの中から除外されます。

成功率を求めて復縁工作の依頼をする場合、予算の上限は成功率の低下に至る事も考えられます。

成功率を求めて復縁工作の方法を知りたい時は、料金を気にするのではなく、方法を気にしなければ、提案される復縁工作の方法は成功率の低い方法を提案される事もあります。

復縁屋として欲しい情報が揃っている時の復縁工作の方法

復縁屋・復縁工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

対象者(復縁したい相手)の情報を依頼者がほとんど持っており、復縁工作をする上で必要な情報が全て揃っている時は、復縁調査を省き、復縁工作員が対象者へ接触する方法をご提案させて頂けます。

対象者と接触し、別れの原因の聞き出しや復縁に向けた心理誘導を行い、復縁の後押しをする復縁工作の方法となります。

対象者の状況に応じて、心理誘導を行いますが、事前に依頼者から対象者の詳細情報を頂ければ頂けるほど復縁工作員は対象者へ復縁の後押しをし易い事もあります。

新しい恋人が対象者にいた場合の復縁工作の方法

対象者に新しい恋人がいた場合、復縁工作の前に別れさせ工作をしなければなりません。

対象者と第2対象者(対象者の恋人)の調査を行い、別れの原因を判明させます。

別れの原因がなければ別れさせ工作員が接触し、別れるように仕向けます。

対象者達が別れた後に復縁工作員が対象者に接触して、別れさせた相手と依頼者との比較等、依頼者を過去の人という認識で終わらせるのではなく、復縁に向けて心理誘導していく方法が用いられます。

対象者が恋人と別れた心の隙間を狙い撃ちする復縁工作の方法が良く用いられます。

対象者と連絡が取れない。対象者の所在が分からない時の復縁工作の方法

  • 対象者の所在が分からない。
  • 対象者と連絡が取れない。

対象者がどこにいるか分からない状態や連絡も取れない状態で復縁工作に頼る方は非常に多いのですが、対象者の所在が分からなければ対象者探し、対象者との通信手段が一切ないなら、通信手段の復活を復縁の前段階と設定する復縁工作の方法があります。

どこにいるかも分からない対象者と復縁を望む場合、対象者を調査して所在地確認をしなければ、復縁の前に何も始まりません。

所在地確認が出来たら、新しい恋人の存在を確認する為の調査や職場などの判明をさせる調査といった様に調査を繰り返す事で対象者の情報を入手し、入手した情報を基に対象者に復縁工作員が接触し、依頼者に関する情報を抜き出す復縁工作の方法を行います。

連絡が取れないなら、連絡が取れる状況に仕向ける復縁工作の方法が必要になり、対象者の情報が全く無い場合は調査で1から判明させる事を繰り返して復縁工作に繋げる復縁工作の方法を行います。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

友人に頼った復縁工作と復縁屋の復縁工作の成功率の差は歴然... 復縁工作の依頼を復縁屋にお願いしたいけど、復縁工作に掛かる依頼金が用意...
復縁工作の話の聞きだし方 復縁工作って実際にどんな風に復縁に繋げてくれるの?という疑問を...
復縁したい相手の情報が少なくても諦める必要はありません。... 復縁屋、別れさせ屋で、復縁したい相手や別れさせたい相手である対象者の現...
復縁したい相手とよりを戻したい! 「昔お付き合いしていた人のことを思い出して、なんとなくまた付き合えたら...
復縁工作の手口(理屈)をご理解下さい 復縁工作の理屈はかけ算です。復縁工作がかけ算というのはちょっと...
復縁工作の方法にこだわる依頼者 復縁工作の方法にこだわり、復縁目的ではなく復縁工作目的になって...