Pocket

復縁屋ジースタイルでは、復縁相談をいただいた際に復縁成功へ向けたアドバイスとして、復縁工作を第一候補に挙げることはありません。

どうして復縁工作を第一候補にしないのかと言えば、復縁屋の立場で言うのもおかしな話ですが、「復縁工作をせずに復縁できるのであればそれに越したことは無い」と考えるからです。

恋愛は、突き詰めれば個人間の人間同士のトラブルです。

他者の介入なしに自分たちだけで解決できれば一番良いと思いませんか?

少なくとも復縁屋ジースタイルでは、弊社の介入なしで復縁成功に至ることができるのであればそれが一番良いと考えるため、まずはお話を伺いながら、弊社の介入を用いずに復縁成功に至ることができる方法を模索します。

しかし残念ながら、復縁希望者それぞれの状況によっては、復縁工作等の弊社の介入がなければ復縁成功が難しいのではないか?と考えるしかない状況もあります。

今回は、復縁工作をしなければ復縁成功が難しい復縁希望者はどのような状況か?を、状況別にご紹介させていただきます。

そもそも復縁工作のメリットとデメリットとは?

復縁屋・復縁工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

まず、「復縁工作をしなければ復縁成功が難しい復縁希望者はどのような状況か?」の紹介の前に、今一度復縁工作のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

復縁工作のメリットとデメリットを把握していれば、自分は復縁工作が必要な状況なのか?の判断がしやすくなりますよね。

このブログ記事において復縁工作について簡単に定義するならば、

「他者の介入がなければ難しい状況にある復縁において、尾行・聞き込み・張り込み等の探偵業のスキルを用いて対象者に接触して復縁成功に向けてサポートを行うこと」

と言うことができますが、メリットとデメリットについては上記の一文ではわかりにくいと思います。

以下の項目で、復縁工作のメリットとデメリットについて確認してください。

復縁工作のメリット

復縁工作のメリットは複数ありますが、今回は主なものを4つ紹介します。

復縁工作のメリットは、イコール他者が介入することのメリットであり、ひいては復縁工作が必要な理由にも繋がります。

復縁希望者ひとりでは復縁が難しい状況をひっくり返すことができる理由が復縁屋ジースタイルの復縁工作のメリットそのものであると言っても過言ではありません。

復縁したい相手の居場所を知ることができる

復縁したい相手と破局してから期間が経っている場合、また同棲からの破局や婚姻関係からの破局では、復縁したい相手が現在どこにいるのか?が全く不明なケースが多くあります。

  • 実家に帰っていると思うが、定かではない
  • 勤め先はわかるが、転居先はわからない
  • 最後の話では勤め先の近くに住むと言っていたが、細かくどこに住んでいるのかは知らない

といったケースで、特に連絡先がブロック(着信拒否)されてしまっている場合、連絡は勿論会うことすらできないのですから、復縁するためのアプローチの方法もありませんよね。

その点復縁工作で復縁を目指す場合、復縁したい相手が今どこに住んでいてどのような生活をしているのか?も調査(復縁調査)しますので、アプローチの手段に困ることはありません。

復縁したい相手に接触し、客観的に「何故復縁したくないか?」「どうなれば復縁しても良いか?」を聞き出してもらえる

復縁成功を目指す際にネックになることと言えば、復縁希望者の立場では「相手と連絡が取れないこと」と考えるかもしれませんが、実は一番大きなネックは「どうして相手が復縁したくないか?」を知らない点です。

何故「どうして相手が復縁したくないか?」を知らない点がネックになるのかと言えば、仮に復縁したい相手と会うことができたとしても、相手が「この人と復縁はしたくない」と思えば復縁は成功できなくなってしまう、つまり復縁が失敗してしまうからです。

復縁を成功させるには、復縁が失敗するかもしれない理由を無くさなければなりません。

復縁希望者によっては「相手は○○という理由で別れたいと言っていた」と、自分は相手が別れたい理由は知っているから問題ないと考えるかもしれません。

ですが、相手が別れたい理由はあくまで「別れたい理由」であって、相手が「復縁したくない理由」ではないですよね。

例えば実際に復縁屋ジースタイルが承った復縁案件で復縁したい相手である元彼女さんに接触して話を伺ったところ、別れたい理由としては「話をちゃんと聞いてくれないところが嫌」と復縁希望者自身も把握している別れたい理由を聞くことが出来ました。

しかし、元彼女さんに更に話を伺い続けると、

「今の段階で復縁したら結婚もありえるけど、結婚したら転勤が多い彼(=復縁希望者)に合わせてわたしもあちこち引っ越さなければいけなくなることが嫌」

と、別れたい理由とは別の「復縁したくない理由」を聞き出すことができました。

復縁希望者としては「話をちゃんと聞いてくれないところが嫌」という別れたい理由の改善をすれば復縁ができると考えるかもしれません。

が、「話をちゃんと聞いてくれないところが嫌」という別れたい理由=不満を持つ相手と復縁するために「話をちゃんと聞くようにする」と改善したところで、「結婚したら転勤が多い彼(=復縁希望者)に合わせてわたしもあちこち引っ越さなければいけなくなることが嫌」という相手が考える復縁したくない理由について「大丈夫だよ」と言える何かを事前に考えておかなければ、結局は復縁は成功できなくなってしまいます。

復縁はたやすいものではないというのは復縁業界ではお決まりの台詞ですが、復縁を難しいものたらしめる理由のひとつが、この「復縁したくない理由」の把握を必要とする点です。

復縁を希望される側は、復縁に応じた先のことを考えます。

復縁に応じた先のことを考え、考えた上でこれから先に想像できる未来に対して尻込みしてしまうのが、復縁を希望される側の気持ちです。

その尻込みしてしまう理由=復縁したくない理由を無くすことが、復縁の成功率を高めることに繋がります。

復縁工作では、復縁したい相手が考える復縁したくない理由までしっかり調査し、復縁の成功率を高めるサポートが可能です。

これは充分なメリットと言えます。

復縁したい相手に接触し復縁を意識するように促してもらえる

復縁したい相手との復縁を目指すときに起こり得る問題のひとつに、復縁したい相手が復縁希望者に対して持つ勘違いがあります。

復縁希望者としては善意で行ったことが復縁したい相手の気持ちとしては余計なことに感じられたり時には悪意に感じられたりした結果、復縁が困難になることってありますよね。

確かに復縁したい相手が喜ばない言い方やアプローチの仕方をしてしまった復縁希望者自身の問題点は大きなものであると言えますが、問題点を改善したところで、復縁したい相手の勘違い=誤解を解かないことには復縁成功には至れません。

復縁工作にはこの勘違い=誤解を解くサポートも含まれ、復縁希望者が抱える真摯な気持ちを間接的に復縁したい相手に伝え、復縁を意識できるように復縁したい相手に心理誘導を行います。

勿論、復縁したい相手に対して復縁希望者からの依頼であると洩らすことはありません。

相手を思い遣って言った一言を違った意味に捉えられてしまったことで怒りを買い破局に繋がってしまった場合などは、復縁屋ジースタイルの復縁の後押しは非常に有効です。

復縁したい相手と再会をするサポートをしてもらえる

復縁したい相手といざ復縁の交渉をしよう!と思っても、「さてどうやって復縁したい相手に会えばいいのだろう?」との壁にぶつかる復縁希望者は少なくありません。

復縁したい相手の居場所も勤め先もわかっている・・・けれど、復縁したい相手に会うがためのタイミングを掴むことができず周囲をうろついていたら、ストーカー扱いされるかもしれない・・・

上記のような悩みを抱えている復縁希望者は、復縁工作で再会の演出をしてもらえば、悩みは解決できます。

復縁工作には復縁調査が含まれますが、復縁調査は何も相手の気持ちだけを調べるものではなく、相手の行動範囲や行動パターンを知ることも含まれます。

復縁調査で得た情報を基に最適な接触のタイミングを事前に知ることができれば、無駄なリスクを犯して復縁したい相手の周囲をうろつくことなく、ピンポイントに復縁したい相手との再会が可能です。

復縁したい相手とスムーズに再会ができることは、復縁希望者にとっては大きなメリットですよね。

復縁工作のデメリット

では次に、復縁工作に伴うデメリットです。

復縁工作をする会社が復縁工作のデメリットを言うの?とお思いになるかもしれませんが、デメリットを知らないままに復縁工作に挑むことは、復縁希望者にとっては大きな不安が伴うことでしょう。

復縁工作への挑戦は、人生の大きな決断とも言えます。

デメリットもしっかり把握した上で利用していただきたいと、復縁屋ジースタイルでは考えています。

復縁工作を利用すれば100パーセント復縁できるわけではない

復縁工作を利用すれば100パーセント絶対に復縁できる、ということはありません。

復縁工作を利用しても復縁できない方は勿論いらっしゃいます。

それというのも、復縁工作はあくまで演出であり復縁希望者と復縁したい相手を繋ぐ行為であって、復縁”サポート”でしかない為です。

一部の復縁工作を希望する復縁希望者に言えることですが、復縁工作を万能の洗脳スキルのように勘違いしている方もいらっしゃいますが、復縁の主役は復縁希望者であって復縁工作業者ではありません

例えるなら、復縁工作業者は料理人であり、復縁希望者は食材です。

いくら料理が上手な料理人であっても、食材の質が悪ければ美味しい料理はできませんよね。

美味しい料理を作りたければ、良い料理人と同時に良い食材を揃えなければいけません。

復縁希望者が食材とするなら、食材自身が最高の状態にならなければいけない、ということです。

復縁工作で復縁の可能性を上げることはできても、0を100にすることはできません。

復縁希望者自身がする50の努力を、復縁工作で80や90まで引き上げるイメージを持っていただければ間違いはないと思います。

「自分自身は努力をするつもりはなく、復縁工作だけで復縁を成功させたい」と考える復縁希望者にはどんな復縁工作をしても無駄なため、自分自身が努力をする気がない復縁希望者にとっては復縁工作の利用はデメリットでしかありません

依頼をすれば費用がかかる

依頼をするということは他人に自分のために行動をすることを望むということで、勿論費用はかかります。

しかも、(どのような状況でどのような内容を希望するかによりますが、)安くは無い費用がかかります。

※復縁工作にかかる費用についての参考ページ
復縁工作料金・費用の紹介ページ
復縁工作料金~価格それぞれのメリット・デメリット~

復縁希望者の中には「幸せが手に入るのであれば、費用は惜しくありません。自分の人生のための必要経費です」と割り切って仰る方もいらっしゃいますが、皆さんが費用について完全に割り切ることができるかと言えばそうではないでしょう。

「お金を支払って協力をしてもらえば、一度失った幸せがもう一度手に入るかもしれない」と考え復縁工作やサポートのご利用を決断なさる方もいる一方、「お金を払ってまで目指す復縁に価値はあるのか?」を考え、復縁を諦めるというよりも復縁を目指すか否かについて改めてお考えになる復縁希望者もいらっしゃいます。

費用がかかることその一点のみで言えば、本来交際が上手くいっていればかからなかった費用だからこそ、安価ではない費用についてデメリットだとも言えます。

しかし、「費用をかけてでも復縁を目指したい」と決意し復縁工作を依頼する方にとっては、費用をかければ復縁できるチャンスを手に入れることができるかもしれない点はメリットだとも言えるでしょう。

「依頼をすれば費用がかかる」というデメリットをデメリットと思うかどうかは、復縁希望者によってそれぞれ変わります。

復縁工作をする以外に復縁方法がないケースとは?

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

さて、復縁工作のメリットとデメリットを把握していただいたところで、本題の「復縁工作をしなければ復縁成功が難しい復縁希望者はどのような状況か?」についてです。

上記のメリットの項をしっかりご覧いただければ今のご自身に復縁工作が必要であるか否かについてはご判断いただけると思いますが、具体的な言葉と共に、どういう状況の復縁希望者は復縁工作が必要であるか?をまとめます。

どうして相手が別れたいと思ったかわからない、相手が復縁したくない理由がわからない

復縁を目指そうと決意までは出来ても、

  • では具体的にどのように復縁を目指すか?

や、

  • 相手が何を考えているか?

が全くわからない復縁希望者については、復縁工作の利用を視野に入れていただく必要があります。

メリットの点でも紹介しましたが、復縁を成功させるには、復縁したい相手が感じた別れたい理由と復縁したくない理由を知ることは必須です。

復縁したい相手が感じた別れたい理由と復縁したくない理由を知らないままに復縁に挑んだところで、的外れな自己改善をしたり的外れなアプローチをして復縁を失敗させてしまうのがオチです。

「高い確率で復縁を目指したいけれど、相手の気持ちがわからない」と仰る復縁希望者の場合は、復縁工作を利用を提案させていただいています。

復縁したい相手がどこに住んでいるかもわからず連絡を取る手段もない

復縁したい相手がどこに住んでいるかもわからず、連絡についてもブロック(着信拒否等)をされていて連絡手段がない場合は、復縁成功を目指すには復縁工作の利用の必要性があります。

復縁は「復縁したい」と強く願えばできるわけではなく、現実として復縁するためのアプローチが必要です。

しかし、どこに住んでいるかもわからず連絡の取りようもない状況であれば、復縁のしようがありませんよね。

復縁屋ジースタイルとしては弊社の介入なく復縁ができれば一番良いと考えてはいますが、アプローチの方法が一切ない復縁希望者においては、復縁工作を利用を提案させていただいています。

復縁したい相手に強く拒絶されており、ひとりでは復縁を目指せない

破局に至った経緯が原因で復縁したい相手に強く拒絶をされている場合も、復縁工作を利用しなければ復縁が困難であるケースが多くあります。

また、復縁するためのアプローチをした時点で今ある最後の連絡手段までもブロックされてしまう可能性がある、といったケースも少なくありません。

周りの友人知人に協力を求めても協力をしてもらえなかったり、協力してもらうには事情を話さなければならず、かといって話すことを憚られる理由で別れていた場合は、協力してもらいたくとも協力をしてもらえないこともあるでしょう。

復縁したい相手からの拒絶が強く明確であり、現状について考えたときに誰も協力してもらえる人がいない・頼れる人がいないとの状況の復縁希望者については、復縁工作の利用を提案させていただいています。

復縁したい相手との間にある問題(トラブル)が大きすぎて、自分ひとりでは解決できそうにない

例えば浮気やDVで現状既に離婚問題に直面していたり、恋人同士の破局で周りを巻き込んで大きな騒動になっている場合なども、復縁工作を利用しなければ事態の収拾がつかない状況にある復縁希望者であれば、復縁工作の利用が選択肢のひとつにならざるを得ません。

また、復縁したい相手が家出状態にあり、まだ完全に縁が切れていないとはいえロクに連絡に応じてもらえない場合なども、復縁希望者が復縁したい相手に連絡をし続ければ復縁できるわけではないために、他者の介入を必要としている状況だと言えるでしょう。

誤った復縁方法で復縁を目指す復縁希望者の中には、「自分の気持ちをまっすぐ伝え続ければいつか届く・・・!」と言わんばかりに何度も復縁したい相手への連絡を繰り返し復縁したい相手の中での復縁希望者の印象を最悪なものにしてしまう復縁希望者もいらっしゃいますが、最悪までになってしまった印象を復縁希望者のみで覆すことは非常に困難です。

一発逆転!とは言いませんが、状況や印象を大きくひっくり返さなければ復縁が難しい状況であればあるほど、復縁工作の利用を提案させていただいています。

復縁工作を利用する必要性を感じたなら、復縁屋ジースタイルにご相談ください

復縁工作のご提案はお任せ下さい

「復縁工作をしなければ復縁成功が難しい復縁希望者はどのような状況か?」について、いかがだったでしょうか?

復縁工作にはメリット・デメリットがつきものであり、どうしてもメリット・デメリットだけで復縁工作の利用について考えてしまいがちになってしまいますよね。

しかし、大切なことはメリット・デメリットではなく、今の自分(復縁希望者)の状況に復縁工作が必要かどうか?です。

必要であればデメリットがあってでも利用しなければ復縁の成功率を上げることはできないでしょうし、必要ないのであればどれほどメリットがあろうと不必要だと思いませんか?

そのため、復縁屋ジースタイルでは「復縁工作を希望しています」とのご相談があったとしても、復縁希望者が置かれている状況をヒヤリングした後に復縁工作が不必要であると判断できれば

「今の復縁希望者さんの状況であれば復縁工作は必要ありません」

と復縁工作の利用をお断りする場合だってございます。

  • 復縁工作の利用が必要な気がしている
  • 復縁工作をしてほしいけれど、今の自分の状況に復縁工作が必要なのかわからない
  • 復縁屋の意見として、今の自分の状況に復縁工作が必要なのか判断してほしい

上記のようなお悩みがあれば、お気軽に復縁屋ジースタイルにご相談ください。

お電話での復縁相談のほうがスムーズではありますが、ライン相談・メール相談での復縁相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁工作と復縁屋 復縁屋の代名詞とも言える復縁工作ですが、復縁工作は元カレ・元カ...
復縁屋と復縁の為の復縁工作 復縁を望む人は自分一人でこの状況を打破しようと、元カレ・元カノの状況を...
今のあなたの状況は、本当に復縁工作が必要な状況ですか?... 「復縁工作をしたいんです」と仰る相談者が多くいらっしゃいます。 ...
別れさせ屋に求めるモノ 別れさせ屋に相談するという事は別れ問題で頭を悩ませている方が多...
復縁屋は復縁する為のお互いの環境を整える為に協力出来ます... 復縁屋に依頼して復縁工作を行えば復縁に近づける!復縁できる!と思う方は...
復縁屋に依頼する人に。 復縁屋に依頼する人にまずは読んでもらいたい事を書かせていただきます。復...