Pocket

復縁相談者の方々から復縁したいご相談を頂き、復縁活動についてお話しを聞かせて頂きますが、別れの本当の原因について理解せずに復縁活動を行っている方は少なくありません。

復縁屋ジースタイルに良くある復縁相談で、相談者の方々から、彼(彼女)に気持ちが冷めたと言われました…という言葉を頂きますが、気持ちが冷めるにも理由があります。

何故気持ちが冷めたのか?という部分を知る事で復縁活動の方向性を定める事が出来ます。

気持ちが冷めた理由を分からずに復縁活動を行ったところで、気持ちが冷めた理由が分かっていないのですから、正しい復縁活動に進む事は出来ません。

別れの原因が分からなければ、復縁活動を進めようとしても進む事がありません。

原因が分からなければ、その原因を改善する為に努力する事が出来ないのです。

しかし、復縁相談のほとんどが、別れの原因を解明せずに復縁活動を進めていき、別れの原因を理解していないのに、復縁に向けて努力をしていると仰います。

病院に行って、風邪かもしれない…とお医者さんに伝えて検査をしたところ、肺に影が合った…という状態の人が、病院に行って検査をしなければ、肺に影がある事にも気付かず、市販されている風邪薬を飲んでも、肺にある影は取れません。

原因が分からずに治療法を自分なりに模索しても、そもそもの原因が間違っている訳ですから、いつまで経っても回復に向かう事はなく、そのままの状態を続けていけば、肺にある影は確実に体を蝕みます。

復縁も原因が分からないままに民間療法を行えば、確実に復縁成功からは遠ざかるのです。

別れに到るには様々な要因があり、それらの要因について書いてみたいと思いますので、復縁活動をしている方の参考にして下さい。

浮気が別れの原因となる場合

別れの原因として多いのが、浮気、二股等、他に好きな人が出来たので別れたい…という理由から別れに到るケースは少なくありません。

しかし、この場合、別れ話で浮気をしているから別れよう…二股相手の事が好きだから別れよう…と伝えれば、別れ話を伝える側は自分に落ち度があって別れ話しをする事になるので、別れの本当の理由について真実を話しづらい事があります。

逆に、復縁活動をしている方が浮気をした場合に浮気を許せなくて別れに到ったというケースも少なくありませんが、一度の浮気を許してもらえない理由があります。

状況によっても様々ですが、浮気が別れの原因の場合、本人が別れの本当の原因を解明するのは難しく、別れの本当の原因を知る事が出来ない為に、復縁活動中の方は正しい復縁活動を行う事が出来ません。

暴力(DV)が別れの原因となる場合

暴力(DV)を行った為に別れに到った…という復縁相談者も多いのですが、暴力(DV)が原因で別れた復縁相談者の多くは『二度と暴力(DV)をしないから復縁して欲しい…』と元カレ・元カノに伝えます。

しかし、元カレ・元カノは応じてくれません。

何故なら、何故二度と暴力(DV)をしないと言えるのか?という部分が元カレ・元カノには伝わらず、『ここで許してもまた暴力(DV)を振るわれるだろう…』と考えるのが暴力(DV)をされた側の思考になるのです。

この場合、二度と暴力を振わないと伝えるのではなく、暴力(DV)を振るわない理由が付与されなければ、言葉で暴力を振わないと伝えても伝わる事はありません。

暴力を振わないと伝えるから復縁できるのではなく、暴力を振わない理由があるからこそ、復縁の可能性を上げる事にも繋がります。

口先で暴力を振わないと伝える復縁活動ではなく、暴力(DV)を奮ってはいけない事をシッカリと認識して、その認識があるからこそ暴力を振う事がないと分かってもらう為の復縁活動を行わなければ復縁できる事はありません。

喧嘩が原因で別れた本当の原因は何?

幸せをつかむなら

復縁したいを叶えようとする方達から頂く相談『ちょっとしたケンカ(口論)が原因で別れてしまいました』というご相談を復縁屋ジースタイルに頂く事は少なくありません。

この『ちょっとした~』という部分が実は曲者であり、ちょっとしたを相手はちょっとした…と考えていないケースは少なくないのです。

復縁活動中の方の中では大した事がない問題、しかし、復縁したい相手からすれば大問題、問題に対する捉え方の違いから、すれ違い、離縁となってしまうケースは少なくありません。

ちょっとした…の中に含まれるちょっとした部分を改善する事が復縁活動には求められます。

些細な嘘が原因で別れに到るケース

些細な嘘が原因で別れに到るケースがあり、嘘を吐いている側は些細な嘘でそこまで怒らないでしょう…と考え、些細な嘘を繰り返します。

些細な嘘を繰り返している内に、それが当たり前になり、元カレ・元カノは気持ちが少しづつ冷めていきます。

些細な嘘を吐いている事が原因で別れに到った復縁活動者は『もう二度と嘘を吐かないから…』と嘘を吐かない事を前提に復縁したいと求めます。

しかし、些細な嘘が原因で別れに到ったケースでは嘘を吐かない事を改めるから復縁できるのではなく、嘘を吐いてしまう自分が何故嘘を吐いてしまうのか?を解明し、改善していかなければなりません。

将来の不安がよぎり、お付き合いを継続出来ないと判断された事が別れの原因

将来に対しての不安がよぎり、お付き合いを継続させる事が出来なくなった…

これが原因で別れに繋がる人達は別れの本当の原因に殆ど気付けません。

将来が不安というのはあなたと一緒にいる将来が見えない。という事に繋がり、その原因が仕事や外見などを気にしてしまい、別れの本当の原因に行きつく事が出来ません。

何故あなたと共に歩む未来が見えないのか?

この別れの原因には仕事などの収入以外の別の別れの原因がある事が多々あり、共同生活をしていく上で、一緒に共同生活を行えないと判断される理由があるのです。

例えば携帯電話を勝手に盗み見る等をした場合、携帯電話を盗み見る事が別れの本当の原因になるのではなく、携帯電話を勝手に見ても何とも思わない性格、考え方に問題があり、他にも何かされるのでは?と考えた結果、別れを決意されるケースがあります。

その為、携帯電話を見るのは止めるから復縁して欲しい…と伝えても復縁に繋がる事はなく、復縁活動者は携帯電話を見ないという改善方法を努力しますが、根本的な考え方の違いに気付かない為、復縁に到る事がありません。

別れの原因の1つである「嫉妬」「束縛」を元に考えてみましょう

ずっと一緒にいたい人がいる

復縁屋ジースタイル復縁相談を頂く方の別れの理由に、「嫉妬」「束縛」というワードがよく出てきます。

程よい適度な嫉妬であれば、嫉妬されている事で愛情を感じる人もいますが、嫉妬、束縛のレベルが越えれば重荷になってしまい、ストレスを感じさせてしまう事があります。

嫉妬や束縛が原因で別れに到った場合、嫉妬や束縛の内容について考えなければならず、どこまでが相手にとってストレスを与えない嫉妬や束縛になり、それ以上の嫉妬や束縛をしていた為に別れに到ったのではないか?と考える人は多くはありません。

「嫉妬」から始まる「束縛」は、人によって許容範囲が異なり、許容範囲を超えた場合、別れの原因となるケースがあります。

嫉妬し、そこから束縛へと行動、言動が移行していエスカレートしていきます。

行きすぎた行動、言動に耐える事が出来ず、別れに到るのですが、復縁活動中の方は『自分の嫉妬が…』と嫉妬を一括りにしたり、『自分の束縛が…』と束縛を一括りにし、嫉妬や束縛の何が問題で別れを告げられたのか?について考えません。

嫉妬や束縛が別れの原因となった場合、嫉妬や束縛が別れの原因になったのではなく、嫉妬や束縛を肯定する考え方、行動が問題となり、別れに繋がります。

しかし、嫉妬や束縛が原因で別れに到った…という方が復縁活動を行うと、

  • 嫉妬しない
  • 束縛しない

だから、復縁して欲しいと復縁したい相手に伝えて復縁を拒否されます。

嫉妬や束縛をするから別れに到ったのではなく、嫉妬や束縛をしている自分自身の考え方を改める事が出来なければ復縁に到る事はありません。

多くの方が嫉妬や束縛といった表面上の問題ばかりを考えてしまう為、別れの原因となった自分自身の考え方について否定する事が出来ません。

その為、復縁活動が実を結ぶ事がないのです。

「好きという気持ちが嫉妬させる」というのは勘違いで、好きな相手であっても嫉妬しない人も存在します。

純粋な「好き」に、「自分は愛されていないのでは?」という不安な気持ちが混合すると嫉妬という感情が顔を出します。

干渉や束縛をして

  • お前の為
  • 心配している

と思い込んでいる人は、「信頼して見守る」という相手に対する思いやりの気持ちが欠落します。

信頼して見守る事が出来ない自分の気持ちを相手に押し付け、その押し付けに耐える事でストレスを感じさせてしまったからこそ別れを告げられた。

表面上は嫉妬や束縛が別れの原因だと思っていても、本当の別れの原因は異なる事が少なくないのです。

嫉妬や束縛を繰り返す人が改善しなければ復縁できないポイントは?

嫉妬や束縛を繰り返す人は、

  • 自分が言われたらどう感じるだろう?
  • 自分がされたらどう感じるだろう?

という相手の気持ちに立って考えるよりも、自分の不安を抑える事が出来ません。

高圧的、攻撃的な態度で、嫉妬や束縛をされるのが当たり前の様に接し、相手がどんな想いをするのか?を相手に求めます。

電話に出なかったら不安でしょ?ラインの返信が遅かったら何かあったのかと不安でしょ?

相手には自分の不安に気付いてよ。と求めるけれど、相手の状況(電話出来ない状況や返信できない状況)については考える事が出来ません。

自分の不安は相手に押し付けながら、相手の状況については考慮せずに、嫉妬や束縛が正しい事であるかの様に相手に伝えます。

その為、

  • 自分の事を考えてもらえない…
  • 言ってる事は分かるけど、考え方の違いから付き合っていくのは難しい…

と考えさせてしまい、別れに繋がります。

この場合、嫉妬や束縛をしない。と伝えれば、復縁に繋がるでしょうか?

嫉妬や束縛は表面上の問題で、別れの本当の原因は考え方の違いになります。

考え方が違うので、この先も一緒に歩んでいくのは難しい…と判断され、嫉妬や束縛は別れの原因ではなく、別れのキッカケでしかありません。

別れの本当の原因を知らなければ復縁活動は無意味になります。

あの日の幸せを取り戻したい

別れの本当の原因を知らなければ、復縁活動が実を結ぶ事はありません。

上述した嫉妬や束縛が原因だと思って復縁活動を行う事と、考え方の違いを改善する方向で復縁活動を行うのでは、方向性が全く異なります。

復縁活動を行う方々の多くは、嫉妬や束縛という表面的な問題を見て『嫉妬や束縛をしない自分』になろうとして復縁活動を行いますが、考え方の相違があるという事は嫉妬や束縛以外にも問題を抱えている事に気付きません。

考え方の相違があるからこそ、共に歩む未来が見えなくなり、結果的に別れを告げられた訳ですから、考え方の相違を復縁したい相手に擦りあわせていく事で復縁成功にも繋がります。

しかし、多くの復縁相談者は別れの本当の原因について氷山の一角である嫉妬や束縛をしない自分になる。

嫉妬や束縛をしないから復縁して欲しいと伝え、復縁したい相手から『そういう事じゃないんだよね…』と伝えられ、復縁活動は迷走します。

そういう事じゃないんだよね…と言われた後に『じゃあその理由を教えてよ』と伝えますが、復縁したい相手にしてみれば『細かい事を言ったらキリがない…』と言われてしまい、『復縁して教えてくれたら全部直すから!!』という言葉に繋がります。

その結果、言われる言葉が

そういうところも復縁したくない理由だよ。

と言われてしまいます。

考え方の相違をわざわざ言わなければならないという事は、自分で気づく事が出来ない人、つまり、付き合っていく上で、いちいち小言を言わなければならない人になってしまいます。

いちいち小言を言わなければならない人と、付き合いたい、復縁しても良いかな?と思ってもらう事は出来ません。

それなら、小言を言わなくても済む人を探した方が復縁したい相手も楽なのです。

別れの本当の原因について知らなければ復縁に繋がる事はありません。

別れの本当の原因について相手に聞いても教えてくれません。

自分で別れの本当の原因について気付き、その原因となった部分を改善していくからこそ、元カレ・元カノは小言を言わなくてもいいし、付き合っていて楽な相手、付き合っていて楽しい相手にも繋がり、復縁を意識してくれる事にも繋がるのです。

別れの本当の原因を知りたければ復縁屋ジースタイルへ

よりを戻したい。。。その悩みを解決したいなら

別れの本当の原因を知らなければ復縁活動は結びつかない事は、この記事でご理解頂けたのではないでしょうか?

別れの本当の原因を知るからこそ復縁活動は正しい方向に進み、その結果、復縁成功にも繋がります。

もしも、あなたが別れの本当の原因について分かったつもりになっていて、間違った復縁活動を行っているかもしれない…という不安があるのなら、復縁屋ジースタイルは、あなたの復縁活動をサポートするサービスを行っています。

復縁はしたいし、別れの原因について間違っていない…と考えるのなら、復縁屋ジースタイルの協力は必要ありません。

しかし、自分の復縁活動に自信がない…このまま復縁活動を行っていても復縁できる気がしない…それでも絶対に復縁したい!!!とお考えなら復縁屋ジースタイルが提供する復縁工作という方法で別れの本当の原因を知り、復縁成功を目指す事が出来ます。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

だからあなたは嫌われます 多くのお客様に面談をさせていただいていると、「この人はこういう性格だか...
別れの理由を知るからこそ復縁という結果を得られるのです。... 復縁屋ジースタイルに復縁相談を頂く方々の半数は、本気で復縁したいと望み...
双方の話しを聞くから真実が見えます... 相談者の方々から『聞いて下さい…』というお話を頂き、相談者の話...
別れの原因となる自分自身の問題点を知る事が復縁への近道... 別れの原因となる自分自身の問題点を知る事が復縁への近道となるのですが、...
「何もしてないけどフラれました」 「何もしてないけれどフラれました(もしくは「何もしてないのにフラれまし...
「何もしてないのに…」は間違い 同居をしていたのですが、嫁とうちの母が喧嘩をし、嫁が出て行きました...