Pocket

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

昨今増えている夫婦の問題、そして離婚の原因でもある托卵を、お客様はご存知ですか?

托卵とは『卵の世話を他の個体に托する動物の習性のこと』(引用元:ウィキペディア 托卵 より)ですが、夫婦間での托卵となると、例えば鳥のカッコウなどが行う托卵とは少し意味が変わります。

端的に言えば、『妊娠をした女性が、子どもの生物学上の父親以外の男性に対して「あなたの子どもよ」と嘘をついて、全くの他人に実子として育てさせる行為』が、夫婦の問題・離婚の原因にもなる托卵です。

例えば血液型が戸籍上の父親である男性から生まれる血液型ではなかったり、成長の過程でどう見ても顔が似ていなかったりしたことで、不信感を抱いた戸籍上の父親である男性がDNA鑑定を行ったりして、托卵の事実が露呈する、という出来事が、漫画や小説の中だけでなく、実際にあるのです。

正にこの托卵が行われた出来事として有名なケースが、光GENJIの大沢樹生さんと喜多嶋舞さんの騒動です。

元々離婚の際にお子さんの親権は喜多嶋さんでしたが、途中で大沢さんに親権が移動、その後に大沢さんが父子関係についてDNA鑑定を行ったことで父子関係が否定され、喜多嶋さんの托卵が判明しました。

さて、復縁屋として今回この托卵とのキーワードを出したのは、『托卵をしてそれが原因で破局をしても復縁はできるのか?』を取り扱うためです。

結論から言えば、全く不可能ではありません。

ただ、それが簡単ではないことについては、お客様自身も充分にお分かりでしょう。

その「簡単ではない理由」として大きく立ちはだかる問題が、「実子と信じて愛を注いできた男性からの信用を、数年かけて裏切り続けていた」ことです。

男性側からすればこの裏切りについて許すことができないために「復縁なんてありえない!」となります。

その容易ではない復縁をするために大切なポイントは何か?と考えれば、まずは「托卵が露呈してしまった時の態度」です。

よくあるケースとしては、結婚して戸籍上の父親になっている男性から托卵を知られてそれについて責められたときに逆ギレしてしまい、そのせいで以降の話をまったく聞いてもらえない状況にしてしまう女性が多くいらっしゃいますが、これは一番のNG行為です。

DNA鑑定をされて科学的に托卵が証明されてしまえば、例えお客様自身が「そんなことはない!」と否定したところで”証言”と”証拠”ではどうしても証拠が優先されてしまいます。

かといって、その場ですぐに「托卵しました。ごめんなさい」と言ってしまうことも良くありません。

何故ならブラフ(鎌をかけただけ)の可能性もあるからです。

そのために、まず托卵を指摘されたときは、その場を離れることがベストな選択肢となります。

もしお客様に思い当たる事実があるならば(少なくともDNA鑑定をされて父子鑑定が否定となったのであれば、お客様には思い当たる夜があるでしょう)、「ゆっくり話したいからちょっと待って」と『しっかり向き合うために時間をとろう』と協力姿勢を示すことが一番です。

そうやってお客様自身ができる限り落ち着いた状態で話し合いに挑めるように努めることが、何よりも良い選択です。

「そんなことはない!」を始めとした感情的な対応をすることは、一番よくありません。

お相手様から見れば、それは逆ギレです。

托卵をして裏切り続けた上に逆ギレまでするのか!」と思われては、ロクに話し合いができなくなるのも当然でしょう。

まず落ち着いて、出来る限りこれ以上自分にフリな証言や態度をしないようにしましょう。

落ち着いて証言や態度をとることについては、それ以降も大切なこととなります。

もし一度逆ギレをしてしまったとしても、自分の逆ギレに気が付いた段階で改めるようにしてください。

指摘されたシチュエーション以降についてはお客様の状況や家庭環境如何によるために一概に今このブログで「こうしましょう」は言えませんが、大切なことは『自分が逆の立場だったらどう思うか』を絶対に忘れないようにしてください。

多くのお客様は「お相手様はどういう心理にあると思いますか?」と伺うと「裏切られて怒っていると思います」と仰いますが、そうではありません。

怒っている・怒りよりも何よりもまずは「悲しい」です。

実子と信じて愛を注いできた子どもが、実は見ず知らずの他人の子どもだった。

それで混乱しない男性はいませんし、愛の結晶と思っていた子どもが・・・となれば悲しく思って当たり前でしょう。

その悲しさに気が付いてあげて、その上でその悲しさにどう対応するかを考えなければ、「お相手様は怒ってる、怒りを静めなければ・・・謝ろう!」だけでは、謝られる側も托卵の事実を何度も突きつけられるだけで何の癒しにもなりません。

また、復縁したいとお考えであればお子さんの問題もありますし、感情だけに流されて対応をしていたら失敗が目に見えているでしょう。

托卵の状態からよりを戻すことは簡単ではありません。

ですが、ひとつひとつの行動をきちんと考えて行い続ければ、まったく不可能というわけではありません。

托卵を指摘されて焦ってしまう気持ちもあるでしょうが、まず落ち着くこと。

それが大切です。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁したい相手に対し反省や後悔を訴えて復縁を迫る前にご相談を... 「後悔と反省の気持ちを必死で訴えたのに、復縁したい相手にはわかってもら...
復縁したい人の心は弱いもの 本気で復縁したい人の心は本当に弱っている。と復縁相談を受けてい...
無意識の行動は大問題です 復縁屋に復縁の相談を持ちかけてくる方は、パートナーを失った方、...
目標を立てるだけでは何の意味もありません。... 何か事を成すにはまず、何を目的とするか?その目的のために目標定...
努力をしない結果、復縁失敗する人 復縁するための自己改善は、自分の悪かった所や良くない癖を認識す...
よりを戻す為に必要な事を参考にして下さい... よりを戻したいと言葉に出すのは簡単ですが、その言葉を叶える事はとても難...