Pocket

人によっては、「プライド」の高い人もいれば、そうでない人もいますよね。
この「プライド」の高さや「プライド」の無さというのは、その人の人格であり、個性であるため、すぐに変えることは出来ないと思う。

ただ、恋愛や復縁においては、「プライド」の高い低いは大した問題ではなく、考えなければいけないのは、あなたの持っている「プライド」とは、本当に必要なプライドなのか、必要の無いプライドなのかということが重要になってくると思うんです。

必要なプライドなら、高くても全然悪いとも思いますし、持っていれば持っているほど良いプライドだと思うのです。

またプライドの低い人も、必要の無いプライドを持っていないのであるならば恋愛向きと言えますが、必要なプライドをも持ち合わせていないのなら少し問題となります。

つまり復縁においては、「プライド」の高い低いよりも大切なのは、必要なプライドをどれだけ持っているか、必要の無いプライドを捨てることができているかが需要なんですね。

捨てるべきプライドと持つべきプライド

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

プライド」というのは、ときに自身の尊厳を保持し、物事に対する自信や自己の軸を持っています。しかし、ときに自身のエゴや慢心によって自己の成長を止め、気づかないうちに自分自身を貶める2つの要素をもっていると思うのです。

普段の生活において、自分自身の振る舞いの中ではこうしたことはなかなか気づくことはできないものです。

誰かを愛している時、特に相手に愛されていると感じている時は、どうしても見落としがちにはなってしまいます。

もちろん、身の回りのことを含めてすべてを自分一人で生きているのならば、こうしたプライドというのを気にせずに生活することができるのでしょうが、人は一人では生きていけない存在です。

特に復縁を望む方であるならば、元々恋人やパートナーがいたわけでありますから、自己中心的なプライドは邪魔以外の何者でもありません。

生きるためには衣食住が必要で、また仕事をするためには必ず誰かと関わって仕事をしなければいけない。特に恋愛となるとなおさらです。

誰かとともに助け・助け合いながら私たちは日々を生きています。

他者と折り合いをつけていったり、互いに決めたルールを守ることで、自分一人ではできないことをいくつも分業したりしながら個人の幸せを踏まえながら互いの満足度を高めることを果たしていく。

恋愛であるなら、パートナーの気持ちをしっかりと慮って、思いやりや気遣いといった相手に歩み寄る心を持ち合わせておかなければならない。

もちろん、だからといって相手にすべてを迎合しうまく相手と渡り歩くということも難しいのは事実ではあります。

自分と相手とでは価値観や意識の共有を完璧にすることはできないわけですから、当然でしょう。ちょっとした考えの違いや互いがもっている思いや視点が違うからこそ、人は様々なところで衝突も起こってしまいます。

そこで大切なのがコミュニケーションになってきます。コミュニケーションとは、それぞれに価値観が違う人同士が、その互いの価値観を次第に共有し円滑なやりとりをするために必要なやりとりのことですよね。ただ当たり障りのないことだけを話すことがコミュニケーションということではなく、相手と価値観の違いを認識し衝突しつつも、互いを認めあったり、共に何かを築き上げていくものです。

そうした、他者とのコミュニケーションにおいて意味をなしてくるのが「プライド」。プライドによって、相手の考えや自分の軸を踏まえて対話をすることで相手のことをわかりあえたり尊敬することもある。

しかし、自身のプライドが邪魔することによって、相手の価値観を受け入れることができなかったり、自分自身の保身に走ったりすることがある。プライドが邪魔をして相手を考えを共有することができないこともあれば、自分と相手とのプライドがぶつかることでそこから新しいものが生まれたりする。

プライドには、もっていても仕方のないものと絶対に譲れない守るべきものとの2つがあると私は思っています。

自分自身の見栄や恥、自分と違う考えをもつ相手を受け入れず、自分の考えに固執するプライドは、自分自身の成長をも阻むと思うのです。

自分が傷つくことを恐れ、自分の非を受け入れ謝りや訂正をおこなったり自分の欠点をしっかりと受け入れて相手から教えを請う姿勢、そして自分自身はまわりの人によって生きているということに対する謙虚さをもちえないまま過ごしたならば、気づいたら自分のまわりから人はいなくなってしまいます。

そうしたプライドは守るものではなく捨ててしまうことが一番なのです。自分のエゴを捨て、自分が置かれている状況を客観的に俯瞰し、そこから自分自身がなにをすれば一番いい選択肢なのかを考え行動する。それによって、自分自身を成長させると思います。

別れるた相手と過ごしていた時のことを一度思い出して見てください
自分本位なプライドを持っていたことはありませんか?そのプライドは本当に必要でしたか?

けれども、捨ててはいけないものもあります。自分自身として許せないもの、自分自身の信念や生きていることの意味に関わること、ここだけは絶対に譲れないと真に相手に表現することができるもの、自分の存在意義を問うものは大切に守るべきものだと思います。

このようなプライドを持ち合わせていないと、全てを相手に委ねてしまうといった楽な生き方、楽な相手との接し方をすることで、相手はあなたを大切な存在と思うどころか、都合の良い存在、悪く言えばどうでもいい存在となってしまうこともあるのです。

少し話が難しくなってはきましたが、話の要点としては、あなたの持っているプライドがあなただけの保身の為のプライドであるならば持つべきではない。あなたが何に対しても向き合い、正直でいるためのプライドはしっかり持つべきであると思うのです。

そして相手や周りの人がいて自分が生きているという感謝を忘れず、「相手や周りから必要とされる人間であるためには」を常に考えていくことが恋愛だけに限らず、普段の生活から必要だと思うのです。

まとめ

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

自分が今、置かれている状況がなんなのか。自分の固執したプライドを守ることが大切なのか。それともプライドを捨て相手を受け入れ自分の失敗や恥を認め素直に受け入れて自己の成長を図るか。あなたはこれからどうすべきだと考えますか?

今の時代は、自分にここちの良い情報を入手したり環境をつくりだすことは容易です。ちょっと嫌なことがあっても目を逸らしたり違ったところに行けばいまの自分を受け入れてもらえる場所があったりいます。

ただ、一度立ち止まって考えてみてください。日々流れるものの中で自分があえて流れに身を任せるものと自分として揺るぎないものがなんなのか、この機会に改めて考えてみるといいかもしれません。

そして復縁を本気で望むのであれば、もう一度しっかりとその相手の真意を振り返り、その人がどういった思いで自分に対してコミュニケーションを図っていたのかを理解するようにしてみて下さい。

どんな辛いことだと一見思うことも見え方が変わってきます。なぜ元恋人や元パートナーはこんな指摘や批評をしてきていたのか。表面から伝わるものではなく、もう一度その人の奥深くを読み取り、振り返ることは大切だと思うのです。

人は一人では生きていけないと最初に言ったように、自分自身の保身は結局は自身の居場所を自分でなくしていくものにもなってきます。

全ての人が当てはまるわけではないでしょうが、復縁したいと考えているあなたにも心当たりがあるのではないでしょうか。もしくは本当の振り返りができていないのではないでしょうか。

捨てるプライドと持つべきプライト。自分の判断や価値を捨てるか守るかを、もう一度自分に問いかけていただきたいと思うのです。

 

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁したい相手と会えないのは、あなたに会う価値がないから... 交際相手との生活時間の違いや双方の忙しさによって破局を迎えてしまう...
復縁したい相手と復縁を望むのはあなた自身です... 復縁出来る状況であるならば復縁出来だろうと復縁を望む人は安易に...
復縁成功者達から学ぶ事 復縁したいという数か月前と復縁した直後の変化、当事者には分から...
復縁後に再度別れる理由と、パンケーキの3原則... こんにちは、ジースタイル復縁アドバイザーの佐藤です。 復縁後にま...
寂しいから復縁したいでは復縁はできません... 人は一人で生きていくことは出来ません。必ずや誰かとの繋がりをも...
別れを受け入れているという嘘 好きな人から「別れよう…」と言われたら…。特に、自分からではな...