Pocket

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁相談メールにて、このような内容のご相談をいただきました。

年初に夫の浮気がわかりました

それまでは本当に中の良い夫婦で、浮気そのものすら信じることができなかったほどです。

でも気になって事実か確認すると、夫は浮気を認めました。

完全に遊びだったそうです。

すごく謝ってくれて、わたしもまだ好きだったので、再構築を選択しました。

でもわたし自身もすごく傷付いて、夫に対して、これからはお小遣い無しにしました。

だけど、気持ちが晴れません。

夫を信用したい気持ちはあります。

でも信じることができないんです。

浮気をする気持ちもよくわかりませんし、どうしてわたしと子どもを裏切ることができたのかもよくわかりません。(小学生の子どもがいます)

浮気をされる自分が悪かった部分もあるのだろうと思って、夫に優しくしたり、食事も夫が喜ぶものを作るようにしました。

でもそれに対して夫から何かリアクションがあるわけでもなく、なんだかわたしの一人相撲な気持ちです。

夫のことは好きなんです。

夫も、再構築を選んでくれた以上、家庭をやっていく気持ちがあるんだと思います。

関係性としては復縁はできています。

だけど、なんというか、気持ちが限界なんです。

こんなことになるのならば、夫の浮気なんて知りたくなかった。

どうすれば、夫の浮気を知ってしまう前のような夫婦に戻れるでしょうか?

「浮気は心の殺人」なんて言葉もありますが、この相談者様の心は一度殺されてしまったのでしょう。

しかし残念ながら、二度と浮気を知る前に戻ることはできません。

以前のようにになることはないのです。(参考:芸能人の浮気からの復縁の現状

何故かと言えば、既に「相手が浮気をした」という記憶は残ってしまい、「相手が浮気をする人」という事実は変えることはできないからです。

その記憶と事実は消せません。

今回ご紹介した相談者様のように、再構築の道を選んだけれど、それでも気持ちの面で上手くいかなくなっているお客様というのは多く存在します。

復縁してもいいと思った、復縁した。

よりを戻してもいいと思った、よりを戻した

それで終わりではありません。

浮気された側も、そして浮気をした側も、それぞれ消せない記憶と事実と抱えて前に進むことになります。

「復縁できたんだから、過去のことは過去のこととして忘れるべき」「自分が”復縁しよう”って決めたんだから、過去のことを引きずっているなんて器が小さい」、そんな意見もあるでしょう。

ですが、人はそんなに単純なものではありません。

パートナーに浮気をされたけれど復縁したいと思っているお客様、浮気をしたけれど、復縁したいと思っているお客様、それぞれに考えていただきたいのです。

復縁ができたとしても、以前のように元通りに戻ることなんてありません。

これから先一生、「パートナーが浮気をした」「自分が浮気をした」、その記憶や事実と、双方共に向かい合い続けなければならないのです。

その苦しみは軽いものではなく、そして乗り越えることは簡単なことではありません。

好きな気持ちがあっても、大変なことなのです。

関係性の復縁のことだけを考えるのではなく、気持ちの復縁、それを考えましょう。

取り戻せない過去についてどういう考えて挑むかが、これからの未来を作ります。

 

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい別れたい・別れさせたい・離婚したい・離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

なんとかして下さいよ!!! この記事のタイトルに書いてあるように「何とかしてくださいよ!!...
復縁lineで文字に気持ちを乗せる事 復縁したいから手紙を書けば気持ちを伝える事が出来るという誤認識...
自分がこう思うから”相手もそうに違いない”ではない... 良かれと思って人にしてあげていた事について、感謝どころか逆に迷...
自分の要求だけでは関係は作れません。... 復縁屋に復縁工作の相談してくる方の中で『復縁出来るなら幾ら掛か...
復縁したい相手に嫌われたくない 弊社には別れに至ってしまったけど、復縁したい相手とはまだ連絡は...
復縁可能な人or復縁が不可能な人 弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁の相談に来られる方は非常に増...