Pocket

別れさせ屋を探すなら…

別れさせ工作の方法で代表的なモノはハニートラップという方法があり、別れさせ屋や別れさせ工作の代名詞的なモノになっています。

他にも強面を使って脅迫する方法が単純に思いつく別れさせ工作の方法と考える方も多いようです。

過去には工作員が脅迫をして対象者達を別れさせる方法を使う別れさせ屋も多かったのですが、そういった工作を行った結果、関係が強固になってしまうという失敗に終わるケースもあり、一昔前の別れさせ工作の成功率はとても低いモノでした。

ハニートラップを行う際も疑似恋愛の前にナンパで接触を試みる別れさせ屋もあり、ナンパで接触したところで接触方法から失敗している為、成功率はとても低いモノとなっていました。

以前は方法が今ほどなく、別れさせる確率はそれほど高くはありませんでしたが、現在では接触の方法から別れさせ工作完了に至る迄の方法を綿密に作り込み、対象者への自然な接触方法や心理誘導を用いた工作方法を行う事で成功率も上昇し、一般的な別れさせ屋の方法になりました。

脅迫じみた方法を行えば対象者達の関係を深めるだけになってしまい、更にデメリットとして「自分達に別れろという人物は…」という依頼者への疑いを持たれてしまうので、一昔前の依頼者は別れさせ屋が暴露しない状態であってもうが隊を持たれてしまう事も多々ありました。

別れさせ屋の方法も時代の変化と共に不自然な状況を作り出さず、自然な形で別れさせる方法へと変化していく事となり、現在の別れさせ屋の工作員は強面工作員や特別美人の女性工作員やイケメン男性工作員というものを使うのではなく、極々一般的な容姿を持つ工作員ばかりとなります。

過去には容姿等も含むAランクの工作員からDランクの工作員等を使い分ける別れさせ屋もあり、容姿で工作員が対象者をどうにかしようとする方法が用いられていましたが現在ではその様な方法を使う別れさせ屋は過去の遺物となりました。

如何に相手に気付かれずに不自然な状況を作らずに別れさせるか?という方法を突き詰めていくと特別な容姿を持つ工作員が近づけば、対象者に警戒されてしまう為、それを理解している現代の別れさせ屋は工作員の容姿に対して評価をするのではなく工作員の技術に対して評価をするという評価の仕方も時代と共に変化していきます。

昨今別れさせ屋のメディア露出が増え、別れさせ工作について知りたい。という方が増加の一途を辿ります。

別れさせ屋がメディア露出をする事で別れさせ工作の方法が世間でも認知されていますが、別れさせ工作の方法といえば、ハニートラップと考えている依頼者や別れさせ屋は多く、異性を近付ける事だけを目的とした別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋は今でも少なくありません。

ハニートラップ自体は別れさせ工作の方法の一つになるのですが、別れさせ工作はそれだけではありません。

状況に応じてハニートラップ以外の方法を用いなければ別れ問題解決に到らない事もありますし、ハニートラップ以外の方法を別れさせ屋が用いる事が出来なければ別れさせ屋は別れさせ屋ではなく、ハニートラップ屋になります。

別れさせ屋は対象者を別れさせる事が目的であって、浮気や不倫をさせる事が目的ではない為、状況に応じて別れさせ屋は工作方法を変えなければなりません。

一般的な感覚で別れさせ屋=ハニートラップと考える方が多いのですが別れさせ工作の方法は様々あります。

工作方法が一つしかない別れさせ屋ほど、見た目が良い工作員が揃っていますよ!と工作員を質の良い大根やキュウリの様に依頼者に説明します。

別れさせ工作は依頼者が出来ない事を別れさせ屋が代理で行う事や対象者達が何をしたら別れるのか?という弱点を突く心理工作になります。

どうすれば対象者が別れるのか?という心理部分を読み解き、それに合わせた工作方法を提案するからこそ結果が伴います。

ハニートラップで浮気・不倫の状況を作り出すから別れるであろう…と考えて、実際に浮気・不倫の状況を作ったけれど別れない。というのは珍しい事ではありません。

依頼者が別れさせ工作といえばハニートラップと考えて別れさせ屋に依頼をした為に工作が失敗したのか?

素人考えの様な別れさせ工作の方法しか提案出来ないので別れさせ工作が失敗したのか?

は分かりませんが、弊社にも他社の別れさせ工作に依頼して失敗したというご相談は多々あります。

  • 別れさせ工作方法についてハニートラップ以外の方法は何かないのか?
  • 恋人、妻・夫が浮気、不倫をする以外で別れさせる方法はないのか?

別れたい・別れさせたい・離婚したい・離婚させたい…とお考えの方は株式会社ジースタイルにご相談下さい。

参考ブログ記事

別れさせ工作の接触方法や心理誘導についての解説

別れ問題で悩みたくない

別れさせ工作を行う際に工作という位なので対象者に接触しなければ工作を行う事は出来ません。

別れさせ屋によっては工作員が対象者に顔を見られてしまうじゃないか!と、別れさせ工作の依頼を請けたにも関わらず、工作員が対象者に接触しない。という別れさせ屋もあるようです。

実際に別れさせ屋がどの様に工作員を接触させるのか?という部分は別れさせ工作を検討している方の興味がある部分ではないかと思います。

対象者と自然に接触出来ないのなら別れさせ工作は失敗してしまうのでは?

と不安を感じる方もいらっしゃると思います。

別れさせ屋に問い合わせをしても『プロなので任せて下さい』という言葉で片付けられてしまう所もあるようです。

別れさせ工作の接触方法は、別れさせ屋のホームページを見ればほとんどのホームページに自然な流れで別れさせを実行しますと書かれている事が目につくかと思いますが、実際に自然な流れで工作を進める事が出来るかどうかは別れさせ屋に相談してみなければ分かりません。

自然な流れで接触して自然な流れで別れさせを成功させる。

言葉で表せば簡単な事ですが、実際にやってみると簡単な事ではありません。

自然な形で接触する方法がなければ、その後の工作実施についても進む事が出来ず、自然な流れでの接触は別れさせ工作には絶対に必要になります。

では実際にどんな方法で工作員が接触するのか?についてですが、何も情報がなければ自然な流れはおろか接触する事も出来ず、別れさせ工作が成功する事はありません。

その為、情報が無ければ、どこで対象者に接触出来るのか?

ポイントを探し出し、どんな形で接触を計るのが一番適切なのか?を判明させるのが別れさせ屋の調査になります。

対象者への接触には本人に直接接触する方法と対象者の友人、知人経由で接触する方法があり、どこで、どの様に?誰に?という情報がなければ分かりません。

情報や状況によって工作員の接触方法も変わり、接触方法次第で別れさせ工作の流れも変わっていきますが、工作員が接触方法に対して神経を使うのは後々の工作成功までを見据えた接触を求められる為、慎重にならざるを得ない事があります。

別れさせ工作員の接触場所の選定

別れさせ工作員の接触場所は路上、お店、会社など、接触できる場所であればどこでも接触自体は可能になります。

その中でも調査をする事で自然な流れで接触出来る場所を絞り込み、家と会社の往復に自動車を使っている場合や電車、自転車、徒歩で移動する場合など、対象者の交通手段にも合わせなければなりません。

この情報の有無だけでも接触方法は異なり、どこで接触すれば自然な流れになるかに正解はありません。

正解は結果的に正解だったというのが正しく、どんな場所なら工作成功率が高くなるという事は場所を絞るからこそ判明致します。

工作員が接触する対象者の選定

工作員が接触する対象者は誰に接触するか?は決まっている訳ではありません。

弱点を突ける人物に接触する事が一番適切な対象者になり、弱点の見つからない相手に対して接触をしても別れさせ工作が成功する事がありません。

対象者は誰が適しているのか?についても情報を分析して選定しなければなりません。

情報不足の場合は調査で情報を積み上げ、対象者の絞り込みをします。

ハニートラップのみを用いる別れさせ屋は、対象者に異性の接触のみを提案するので、工作方法で疑問を抱いた場合は対象者を誰に絞るのか?という標的を変えて別れさせ屋に提案してみましょう。

工作員の接触方法の選定

自然を装って接触する為には日常生活にあってもおかしくない出来事を対象者に与え、工作員は対象者の日常生活の中に溶け込まなければなりません。

工作員が接触する方法が非現実的な方法を用いる事や非日常であり得ない事をすれば対象者に警戒されます。

対象者に警戒されれば別れさせ工作が成功する事はないので、会社~家の往復に自動車を使い、休日は家からほとんど出てこない…という様な状況であれば非日常の接触方法を用いなければ接触する事が出来ない場合もあります。

接触出来なければ工作を進める事が出来ないので接触しなければ先に進みません。

対象者との接触がどうしても難しい…という状況であれば非日常での接触を作り出し、そこから信頼関係を築いていく以外に方法はありませんが、一般的な対象者であれば、この様な事態にはなりません。

参考ブログ記事

心理誘導を行う別れさせ工作方法

対象者をどの様に別れさせるか?

これが別れさせ工作に於いて一番の目的になります。

目的を達成する為に工作の依頼をする訳ですから、極論を言えば依頼者の方々はどんな方法であっても別れさせてくれれば…という気持ちの方が多いと思います。

現代の別れさせ屋が工作に用いる方法には相手の心理を読み解き、その心理状態を利用する工作方法が用いられます。

対象者に合せた工作を用いるからこそ別れに誘導する事になるので、どんな相手に対しても同一の方法を行うのではなく、相手に合せた方法を行うので別れさせ工作の方法は無限にあると言っても過言ではありません。

別れさせ工作に用いる心理誘導とは心理学とは異なり、目的を「別れさせる」という部分に設定し、別れに誘導する様に行動や発言を合わせていく事を心理誘導と言います。

心理学に基づいた行動と同様に捉えられがちですが心理学を学んだから心理誘導が出来るのではなく、正しい着地点とその着地点への導き方が工作員の技術によるものになります。

対象者の着地点を見出す事や、そこに誘導する為には培われた技術が必要になります。

対象者が二人の関係がこのままの関係では問題がある…という心理状態を作り上げる事で別れを意識させ、その後のケンカや別れ話し等に繋げます。

例えばハニートラップは疑似的浮気関係を作り出す事で浮気をされる様な相手とはこれ以上付き合えない…と思わせる事が目的ですが、ハニートラップを仕掛けても意地を張られて別れに到らないどころか関係が強固になってしまうケースもあるのは心理誘導の技術が足りない場合も考えられます。

参考ブログ記事

過去の遺物の別れさせ屋の方法について

過去の遺物の別れさせ屋が用いる方法は上記でも説明しましたがハニートラップ、強面を用いる工作方法を上げさせて頂きましたが、ハニートラップや強面を用いる別れさせ工作が成功率を下げるのではなく、対象者に合せるのではなく、別れさせ屋や依頼者がやりたい事を対象者にぶつける工作方法に問題があります。

不倫・浮気・二股状態を作り出し、修羅場を作り出す別れさせ工作方法と聞けば確かに別れるかもしれない…と考えるかもしれませんが、相手が既に浮気を認めている場合、その方法で本当に別れるのか?という部分に着目しなければなりません。

イケメンや美女がいればハニートラップに引っ掛かるだろう…と安易に考える別れさせ屋も存在するのですが実際に美女・イケメンがいれば別れさせ工作が成功するほど甘いモノではありません。

顔が良いというのは、それだけで才能ですが顔が良ければどうにでもなるのなら役者をしている劇団員に別れさせの相談をした方が別れさせ工作は上手くいくのです。

別れさせ屋はイケメン・美女を使って対象者をナンパまがいの事をしてハニートラップに引っ掛ければいいのではなく、別れさせる為に何をすればいいのか?という方法が求められます。

その為には対象者の弱点に合せる事が求められ、別れさせ屋が長い年月の中で学んだ事は別れさせ屋が机上の空論で方法を提案しても対象者は別れない。という事になりました。

自然に取り入る方法や別れる為に何をすればいいのか?という情報を分析し、対象者に合せた方法を提案させて頂くのが現在の別れさせ屋になります。

何をして、どうなるから別れに到る。

という、何をの部分を分析する能力がなければ別れさせ工作は通用せず、状況に合わせてハニートラップや強面を使うのではなく、状況判断をせずにハニートラップや強面を使う方法は過去の遺物として現在の別れさせ屋が用いる事はありません。

参考ブログ記事

別れさせ屋は工作方法を提案して実際に何をするのか?

心が離れた相手には

別れさせ屋は対象者と接触する事や対象者の情報を得る事、依頼者から情報を聞き出し、様々な情報を元に弱点を見つけ出して別れさせを実行に移しますが、その弱点が何なのか?という事が分からなければ工作方法について提案する事が出来ません。

正確には別れさせ工作を行う事は出来ますが、成功率が下がる工作方法になってしまう為、別れさせ工作を行う事は出来ても失敗に終わってしまう様な別れさせ工作方法を別れさせ屋は提案しません。

では別れさせ屋が工作方法を提案するなら100%成功する見込みをもって工作を行うのか?といえば、残念ながら100%の成功見込みを出す事も出来ません。

Aという方法よりBという方法の方が可能性が高いと判断すればBという方法を提案するのであって、AとBの判断に関しては相手の弱点に即した内容であり、その弱点を調べて分析する事も別れさせ屋には求められます。

何をするから対象者が別れるのか?別れさせ工作の方法を行った場合、対象者が何故別れようと考えるのか?といった方法を提案させて頂き、実行するのが別れさせ屋の業務になります。

浮気相手への別れさせ工作方法にハニートラップ?

自然な形で別れを演出

浮気・不倫相手の関係を破局させる為に有効な別れさせ工作の1つにハニートラップがあります。

浮気する者は繰り返すという言葉がありますが、浮気相手から更に浮気をされた場合、浮気相手や不倫相手は幻滅し、別れに到るケースがあります。

自分が浮気相手や不倫相手で本命の座を狙っている際に他に浮気・不倫をされた場合、『私は一体どんな存在なの?』と考える方は多く、関係をこのまま続けていていいのだろうか?という疑問を持たせます。

更にその状況で浮気・不倫相手と鉢合せをしてしまった場合、修羅場の様な状態が作り上げられますが、その際に絶対に別れない!!と意地を張る方と、そんな人ならもういいや…と諦める方の二通りがあり、対象者がどちらのタイプなのか?という事を見極めるのも重要な項目になります。

絶対に別れない!!と意地を張るタイプであれば、この方法を用いての別れさせが失敗に終わるケースも考えられます。

対象者がどんな人物で、2人の関係を破局させるには何をすべきか?といった部分を理解せずにハニートラップを仕掛ければ別れさせられますよ。

と伝える別れさせ屋も多いのですが、ハニートラップをすれば別れさせ工作が成功すると一概に言えるモノではなく、対象者の状況、考え方に合せて別れさせ工作を行わなければなりません。

浮気・不倫相手に対して強面を使って『別れろ!!』と無理矢理引き裂こうとすれば、対象者2人の関係が更に強固なものとなってしまいます。

ロミオとジュリエット状態を作り出してしまう為に2人の関係が更に燃え上がってしまう事がありますが、例えば不倫している人物が家庭を大事にしているタイプで不倫している事をひた隠ししているのなら、強面が登場する別れさせ工作も『不倫の暴露』を背景にする為に有効になります。

別れさせ屋は状況によって別れさせ工作の方法を提案し、状況に応じて対応していくからこそ工作は成功への道を進む事になります。

参考ブログ記事

ストーカーとの別れ工作方法にはどんな方法が有効!?

DV・ストーカーの魔の手から逃れたい

ストーカーと完全に縁を切りたいので別れさせ屋に依頼する場合も別れさせ工作は有効になります。

ストーカー自身の関心を依頼者から他に向ける事が出来れば工作方法としては効果を示します。

依頼者がストーカーに付き纏われた原因が分かれば、それと同様の事、もしくはそれ以上の事をストーカーに与え、ストーカーの関心を工作員に向かせる事も方法の一つとしてあります。

ストーカーから特別扱いされるには理由があり、その理由が何なのか?を知る事で接触時に工作員への関心を持たせる事が出来、ストーカーの関心を工作員に移させ、付き纏いをなくす事に繋がります。

案件によっては依頼者の元へストーカーが押しかけて来る事もあるので、依頼者周辺を調査員や工作員が張り込みをしてストーカーが近づかない環境作りも作り出す事も求められます。

工作員を交際相手と装い、ストーカーを防ぐ方法も提案させて頂きます。

1人でストーカー被害の恐怖から怯え、誰にも助けてもらう事が出来ない。

誰にも話す事が出来ない…という際に工作員を用いて、ストーカー被害から救われる事が可能になります。

つきまとい行為によるメールや無言電話等の対応など、警察に頼りストーカー認定をさせたところでストーカーが「自分はストーカーではない!!」と自覚しなければストーカー行為がエスカレートする可能性もあります。

自分がストーカー行為をしている自覚を持たさなければストーカー行為は終わりません。

弊社に復縁相談に来るストーカーも多く、ストーカーの心情については一般の方よりも触れる機会が多く、対応の仕方も分かりますが、一般の方がストーカーに触れる機会はとても少ない為、ストーカーについて周囲に話しても自意識過剰と捉えられてしまい、苦しむ方も少なくありません。

ストーカーに「ストーカー行為を止めなさい」と伝えても自覚がない為、何をやめればいいのかが分からないストーカーはとても多く存在します。

その為、ストーカー被害に苦しむ方も大変多く、別れさせ屋はストーカーの関心の先を他に仕向ける方法を用いて依頼者とストーカーの別れさせを成功に導きます。

参考ブログ記事

強面を使う別れさせ工作は?

別れの専門家

基本的に強面を使った別れさせ工作を行う事は少ないのですが、理由は脅した所で簡単に別れないという事を別れさせ屋は知っています。

もしも自分が付き合っている人と幸せな状態の時に『別れろ!!』と脅された場合、あなたならどうしますか?

大抵の方が『警察に行きます』という答えを言うだけで、『別れます!!』という答えをする方はほとんどいません。

通常のカップルや夫婦に対して脅した所で別れないのが普通の事になりますが、その普通の事が分からない別れさせ屋も存在します。

時として有効な事もありますが、浮気・不倫の暴露も含めて強面が必要とされる別れさせ工作の方法はほとんどありません。

強面の工作員は利用価値がないという訳ではなく、強面であっても人の心理が分かるのなら強面であっても工作員としての使い道は十分にありますが、強面が接触すれば不自然さを出してしまい、依頼者が疑われる可能性も招く危険がある為、別れさせ屋はほとんどこの方法を用いません。

顔は才能ですから、その才能が長けているかどうかだけで別れさせ工作員としての判断をするのではなく、目的に沿った使い道があるかどうかが別れさせ工作員として必要とされるかどうかになります。

別れさせ工作は弱点次第で方法が異なります。

新しい幸せを

これまでにも書いて来ましたが、別れさせ工作方法は対象者に合せた方法が求められ、依頼者や別れさせ屋がやりたい事をやって別れさせるという訳ではありません。

別れさせる為には別れの要因となる弱点を突く事がポイントになり、その弱点によって別れさせ工作の内容が異なります。

前述した様に別れさせる為の弱点が異性との交遊という部分であれば別れさせ工作方法としてはハニートラップは適切ですが、異性との交遊を気にしない間柄の2人にハニートラップを行った所で別れさせ工作は失敗に終わります。

別れさせ屋に工作方法を問い合わせると10社問い合わせて、そのほとんどがハニートラップを勧められる事が多いのですが、状況判断が出来ていない状態でハニートラップを勧める別れさせ屋もあり、相手の状況に合せてではなく、その方法しかない別れさせ屋がほとんどです。

工作方法についてお問い合わせを頂く際に弊社ではハニートラップ以外の方法を提案させて頂くケースも多々ある為、『別れさせたいので異性を接触させて下さい』と要望をお伺いさせても、状況をお聞かせ頂き、状況に応じた別れさせ工作方法を提案させて頂いてます。

『別れさせた後にどういった方向に進みたいか?』という、一番大切な部分をお伺いさせて頂かなければ工作員が接触し、浮気・不倫関係になる様に工作を行うだけの別れさせ工作になり、その結果成功しても求めていた結果になるか分かりません。

単純に別れたいけれど、別れるキッカケがない…というのなら、ハニートラップは有効な方法にる場合もあります。

別れたい相手が浮気・不倫している事を突き付けて、別れの現場を作り出してしまうのですから離婚したい・別れたいという際には異性を接触させる事で発生する弱点を作り出す工作が有効的になるのです。

別れさせ工作の成功難易度は情報量でも変わって来ます。

対象者がどんな人間なのか?どんな関係から別れを選択するのか?

別れさせ工作の難易度は対象者の状況にもよりますが情報も大切です。

情報集め、情報を生かす方法によって工作難易度も変わります。

ヒアリング時に頂く情報次第で工作難易度ももちろん変わります。

情報量は多ければ多い方が良いですが、情報が全くない状況でも調査で得る情報次第で工作難易度も変わります。

例えば「不倫している相手と別れさせたい」「ストーカーまがいの元恋人ときれいに別れたい」…etc

別れ問題を解決させる方向性も情報次第で異なります。

別れたい相手の情報

  • 氏名が分かる
  • 連絡先が分かる
  • 住所が分かる(同居人が分かる)
  • 勤務地が分かる(会社での役職等も分かる)
  • ストーカーをされる原因が分かる
  • 話した事がある
  • 出会った場所が分かる

今お付き合いしている場合

  • 連絡先が分かる
  • 名前が分かる
  • 家族構成が分かる
  • 交友関係が分かる
  • 勤め先が分かる
  • 以前に付き合っていた相手が分かる
  • 職歴:学歴が分かる
  • 弱みが分かる
  • 過去の病気の有無が分かる

ストーカーの場合

  • 連絡先が分かる
  • 名前が分かる
  • 勤め先が分かる
  • 交友関係が分かる
  • 出没する時間帯が分かる
  • 出没する日が分かる
  • 嫌がらせの内容
  • 全く何も分からない

上記のような情報を用いて、対象者の状況を把握して適切な別れさせ工作をさせていただきます。

別れさせ工作方法では法律違反は致しません。

過去を忘れたい

ハニートラップと並んで別れさせ工作の方法で、ご相談頂く方々は対象者に対して別れろと脅迫や恫喝をして欲しいという方もいらっしゃいますが、別れさせ屋は法律に反する事を行う事はありません。

脅迫についてはコチラを参照下さい(参照wiki)

別れさせ屋は探偵業社が運営している為、公安委員会の認可を得て営業しているのですが、中には依頼者に対して情報を得ている事から脅迫、恐喝といった法律を犯す自称別れさせ屋もあります。

探偵業社が法律違反をしないのは当然の事ですし、犯罪行為を強要する様な依頼を請ける事は探偵業法にも反し、道徳上の問題からも依頼を請ける事はありません。

脅迫などを用いて無理矢理に別れさせる。といった方法を提案する別れさせ屋の提案については脅迫行為でそのまま警察に行って脅迫された事を事件として警察が被害届を受理すれば数十万円の依頼料に対して刑事罰を受けなければならず、通常考えて割に合う事はありません。

警察に行かずに一瞬別れる可能性もゼロではありませんが、脅迫した人物がいなくなった途端に再度関係が戻る事も考えられます。

強面を使って別れさせるといったひと昔もふた昔も前の方法を用いる別れさせ屋は現代ではほとんど存在せず、現代の別れさせ屋は別れさせる為のキッカケを作り出し、別れさせを成功させる方法が別れさせ屋の主な方法になっています。

ヤクザ風の男性が「可愛いおねーちゃん連れて歩いてるな!!そのおねーちゃんちょっと貸してくれ!!」といった方法で、それに恐れをなした男性が逃げ、逃げた男性を見て幻滅した女性が別れを切り出す。

といった方法を実際に行っても別れる事はありません。

基本的に別れさせ屋は依頼者の秘密厳守を徹底しており、依頼者の情報を出さなければならない状況に陥りそうな工作をする事はありません。

参考ブログ記事

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

別れたいときに考えなければならないこと... 例えば身体的・精神的・経済的DVから逃げたいとき、お相手様との...
別れさせ屋が実際に経験した嘘の様な本当の話し... 別れさせ屋に依頼する際に『別れさせ屋に依頼した事がバレる事ってないんで...
復縁工作・別れさせ工作の成功率が高い理由... 弊社の復縁工作、別れさせ工作は他の復縁屋、別れさせ屋と異なりアドバイス...
2016/10/02の別れさせ成功者の声 S.Eさん (31/東京) 別れさせ屋工作成功例はコチラ 彼は女...
別れさせ屋をお探しなら 別れさせを検討しているなら弊社にご相談いただければ『別れたい人がいる…...
2017/08/06の別れさせ成功者の声 K.Oさん (29/大阪) 別れさせ屋工作成功例はコチラ 私と彼...