Pocket

元カレ・元カノといつも一緒にいたい

復縁したい相手とは現在音信不通である・・・という復縁相談が来る事があります。

復縁したい相手と連絡すら取れない状況になってしまうのは何故なのでしょう?

音信不通・・・連絡が途絶えてしまい、状況が分からないこと。

相手からの連絡は途絶え、こちらからの連絡に対しても何の反応がない状況をさします。

復縁活動をする以前の話になると思うのですが、これが何年も連絡が途絶えていて音信不通の期間についてですが、これは相手の性格や普段の連絡頻度、関係性、親密度などによって大きく変わります。

実際に、弊社に音信不通になった彼を探して欲しいとの依頼があったのですが、依頼者とそては連絡が途絶えた彼のことが心配で仕方なかったのでしょう。もしかすると、彼が意図的に連絡を絶っている可能性もあるわけで、その確認も兼ねて調査をいたしました。

すると約1ヶ月の調査段階で、音信不通になっていた相手から突然依頼者に連絡が来たという事例もあります。意図した事なのか?否か?は確認はできませんが、連絡ができない状況下にあったとの事でしたね。

復縁を望む依頼者の方は、突然の連絡でとても安心したようでしたが・・・。相手の本音、事実がわからない以上また同じ事が起こる可能性がないともいえません。

このように、音信不通になる状況は2つに分けることができます。

・意図した連絡の遮断なのか?

・本当に連絡ができない状況なのか?

どんな理由であったとしても、意図した音信不通は身勝手で、連絡をしても無視する行為は、責任回避でただ逃げているだけの不誠実な行動であることは間違いありません。そして意図的に連絡を取らない人の性格は、自己中心的で相手の気持ちを考えていないという事になります。

音信不通になれば、相手は心配し不安になることは想像できるはずです。にも係わらず意図的に音信不通にするということは、思いやりのない人間でしかありません。このような人は問題が起こった時に自己保身に走ることでしょう。

いずれにしても音信不通になれば大切な相手には、何としても連絡を取りたい!と思うはずで、大切な人に「心配をかけたくない=愛情」のはずです。

会話をしたくない、会いたくない、知られては困る心理から音信不通になることがありますが、その原因は、浮気であったり、別の異性、元彼(元カノ)との復縁等からとても後ろめたい為に連絡が取れず音信不通なのです。

自分の状況を相手に知らせたくない場合、相手と別れたい一心からなどの理由で、連絡を絶つという手段に出て、音信不通にする事があります。自然消滅を考えているわけで、お互い納得して話すことを放棄し、そこに労力を消耗したくないというずるい思いが働いています。思いやりの欠片もなく人として卑怯なやり方ではないのでしょうか。

そうした時には、真面目な人ほど相手のことを心から心配し、また自分に問題はなかったのか?と反省するものですよね。

それはとても大切なことですが、実際のところ音信不通になるパターンとしては、「本当に連絡が取れない」のではなく「意図的に連絡を取らない」ことがほとんどではないのでしょうか。

音信不通にする人は自己中心的であり、音信不通にする理由も身勝手であるの一言に尽きます。

付き合っている相手、復縁したい相手が音信不通になっているということは、何かしらの理由が必ず存在します。意図的なのか、そうでないのか?をしっかりと見極める必要があるのではないのでしょうか。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

自身の成長を望む人と相手を変えようとする人の差は復縁成功率に顕著に現われます。... 復縁したい相手が自分と恋人同士だった時に浮気をしていた。 ...
人は見た目が9割は本当? 復縁活動を行う人の中には外見の改善を行う自分磨きを重視し、人は...
自分の決断で「復縁を目指す」 復縁したいと思っている方は、復縁したいのか?復縁を諦めるのか?...
「子どものためにも復縁したい」 お子様がいらっしゃる中で、様々な事情により離婚をなさったお客様...
同窓会で昔の恋人と再会して淡い思いが再熱し復縁したい... 学校を卒業してから何年かすると同窓会が開催される事がよくあります。 ...
焦る気持ちとの付き合い方~孫子の兵法に学ぶ~... 焦りの感情との付き合い方 復縁を目指しながらも独りの時間を作...