Pocket

復縁でお悩みならご相談下さい

復縁したいと考えている人は、別れてしまった事を後悔している人が大半です。といいますか、相手に別れを決断させてしまったといった方が的確でしょうか。

後悔してもどんなに懺悔しても、復縁したい相手はもうあなたの元には戻ってくることはありません。別れた事を後悔するのであれば後悔しないような関係構築が必要だったんではないんでしょうか。

付き合っている時につい感情的になり、悪気はないのに思わず口に出した失言や、ちょっとした気持ちのすれ違いから生まれる「誤解」ってありませんでしたか?そんなつもりは全くなかったと思っても、復縁したい相手の気持ちは「失望」しかなかったはずで、別れに至った原因の一つでもあります。

復縁したい相手に対し、悪気はない些細な言動、行動がきっかけで、誤解を招く結果になり、大切な相手と破局に至るというケースは少なくありません。一度信頼が失墜したのであればその信頼を取り戻すのにどれ程の時間が必要になってくるのでしょうか?それだけ「気持ちを取り戻す」という事はとても困難なものなんです。

復縁したい相手は大切に思っている人だったのに…この気持ちをこれからどうやって伝えたら良いのだろう…と思い悩んで、八方塞がりの状況で復縁活動している方は沢山いらっしゃいます。

復縁したい…そんな危機的状況を打開するには、信頼を取り戻す心からの謝罪の姿勢がとても大切になります。万が一復縁が成功たとしても自身の言動、行動一つ改善されていなければ復縁⇒別れという結果を招くことになることをしっかりと認識していただきたいと考えます。

まずは自分の非を認め真摯に謝罪するということを復縁したい相手にやってきましたか?危機的状況になった場合に大切な行動というのはやはり「自分の何が悪かったか」を真摯に伝えることが重要だったんです。

「この間は申し訳ない」と謝まられても、何について申し訳なかったのか?が相手に伝わってはいません。「この間はつい感情的になってしまって、あなたの気持ちも考えずに酷い傷つける事を言って申し訳ない」と言われた方が、相手も自分の気持ちをわかってくれていると、少なからず許せる気持ちになるはずですよね?

「酷い言い方をして本当に申し訳なかった」「良く考え直してみたけど、自分の考え方が間違っていた」など、「自分のどこが?」「自分の何がいけなかった?」など具体的に相手に伝えることで、より真剣に謝罪の気持ちが相手に伝わるのです。

謝罪というのは相手に伝わらない事には謝罪していることにはなりません。どれだけ真剣に謝罪の気持ちを相手に伝えられるか?それが第一歩です。
「謝罪している立場」であれば相手の怒りを受け入れる事が大切で、謝罪をしたにも係わらず、感情的で怒りが大きい人であれば、謝罪に対しても声を荒げたり、非難や抗議があるやもしれませんし、中には傷つくような発言もあるかもしれませんが、ここはあなたが冷静になる局面です。

それは何故か?簡単な話です。あなたは「謝罪をしている立場」だからに尽きます。

相手の怒りが大きいほど、相手を傷つけてしまったという証拠ですし、自分の言動、発言によって相手に傷をつけてしまったのですから、「自分の発言で感情的になっているんだ…」と真摯に受け止めるように努めなければなりません。ここで、謝罪している立場の人が、相手の罵倒や発言に対して、「謝っているのにその言い方は何!」と感情的になるのは筋違いな言動です。論理のすり替えともいえ、逆切れと言われても反論は出来ません。

曖昧な相槌や返事、又は適当な応対は余計に相手の怒りを増幅させるだけの結果となりますし、相手の気持ちが落ち着くまで、相手の気持ちを受け止める努力をする必要があります。

相手がとても大人で、許す姿勢を見せてくれたとしても、やはりあなたからの歩み寄りは今後の二人の関係性に大きな影響を与えます。

とにかく[真剣に相手の話を聞いてあげる][受け止める事]が大切な場面ではありませんか?

些細な喧嘩が大きな問題に発展する一つのきっかけでもあります。ここから傷口が広がって、最悪別れるという結果を招いてしまうことになるのです。別れてからでは、付き合っている相手から立場が復縁したい相手となってしまいます。

弁解があれば冷静かつ簡潔に伝える、曖昧な相槌や返事、又は適当な応対は余計に相手の怒りを増幅させるだけの結果となりますし、相手の気持ちが落ち着くまで、相手の気持ちを受け止める努力をする必要があります。誤解やすれ違いの原因となることがあればきちんと説明し歩み寄っていかないと今後の二人の関係性に大きな影響を与えます。相手の怒りが収まった段階で話し合う事が重要になります。

ここで大事なことは、決して自分を擁護するような発言、言動、言い訳をしない事。他人の責任にしない事。もし何か誤解やすれ違いがあったとしても、それは冷静に事実のみを伝えることが大切なのでは?
これ以上相手の感情を逆なでしないためにも、二人の関係に関わる最低限の話に努めるようにし、相手があなたの話を信じなくとも、真摯に気持ちを込めて相手に伝えることが大切です。

弊社に復縁相談に来られるお客様の大半の方が、「あの時こうしていれば良かった…」「何故あんな事を言ってしまったんだろう…」と反省の弁を口にしますが、遅きに失するです。

復縁屋としていえることは、別れることと復縁することのギャップというのは相当な労力の違いがありますし、復縁を目指すことはとても困難な険しい道のりであることをしっかり認識する必要があります。そうなる前に、この最悪な状況を切り抜けなければなりません。

復縁したい相手からの信頼を再び得ることができるように、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルとして出来る限りの事は全力でサポート致しますので、別れる前の復縁相談でも弊社にご相談頂いても構いません。現状、復縁活動が八方塞りでお困りであれば、すぐにでもご相談下さい。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁までの、心のステップを紹介 心が変われば行動が変わる。 行動が変われば習慣が変わる。 ...
復縁を「物」として考えれば復縁出来ない... 復縁工作を依頼する際に100%の復縁成功率を求めるお客様がいら...
文句を言うなら復縁したいって言わなきゃいいのに…... 復縁相談にのっている間に元カレ・元カノの文句ばかりを言う人がい...
人を幸せにしたいから自分が幸せになれます... 復縁したいと思っている貴方は誰の幸せを願っていますか?『寂しい...
妻・夫から愛情を感じない…このままでは…... 付き合っている、もしくは結婚している男女の関係が時間の経過と共...
復縁へのやる気の有無と復縁成功率 「復縁へのやる気?そんなのあるに決まってるじゃないですか!」。...