Pocket

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁を成功させるには今のお客様、つまり、お相手様から『恋人として(または結婚相手として)必要ない』と判断された現時点でのお客様の人間性や性質、行動の癖を改善しなければなりません

お客様自身も何となく察することはできるでしょうが、それは容易ではなく、むしろ茨の道と言えるでしょう。

弊社にはその改善をサポートするプログラムもありますが、それについても、サポートだからと言って甘く、そして優しく「大丈夫ですよ~改善しましょうね~」なんて空気で指導させていただくわけではありません。

勿論激しい言葉や荒い言葉を遣うようなことはありませんが、それでもお客様自身の内面を改善するわけですから、お客様の問題点を直接的に指摘させていただく場合もあります。

「お客様のそういう部分がお相手様に嫌われる原因になっているんですよ」

「そんな風に言われて喜ぶ人がいると思いますか?」

「お相手様の立場に立って、もう一度考え直してください」

「自分がどう思うかではなく、相手がどう思うかを基準に考えてください。自己中はやめてください」

といった厳しい内容を送らせていただく場合もあります。

さて、中にはそのような内容について、「どうしてそんな厳しいことを言われなければいけないんですか!」と仰られるお客様もいらっしゃいますが、そのように返答されること自体、復縁屋としては意味がわかりません。

厳しい内容を言われなければならないようなどうしようもない状況になったのは誰の責任でしょうか?

お相手様に嫌われるような人間性や性質、行動の癖を身に付けたのは誰の責任でしょうか?

自分の問題のせいで他人であるお相手様に迷惑をかけてその挙句嫌われ、誰かの手を借りたい、助けてほしいと思ったのは誰でしょうか?

こんなこと、本来考えるまでもなくわかって当たり前のことです。

そういう状況を招いたのもお客様の責任ですし、人間性や性質、行動の癖を身に付けたのもお客様の責任であり、嫌われたのもお客様の責任であり、他者を頼ろうと決意したのもお客様の責任のはずです。

それなのに、助けよう、状況を改善できるようにサポートしようとしてくれている相手からの指摘が厳しいからと「どうしてそんな厳しいことを言われなければいけないんですか!」と言う、というのは、どう考えても間違えていますよね?

そして、そのように大きな問題を抱えている状況で、甘く優しい言葉だけで何か変わるとお思いでしょうか?

そんな余裕のある状況でしょうか?

ゆっくり甘く優しくするような時間の余裕があるのだったら、厳しくストレートな内容であっても、それらをしっかり受け止めて改善しながら少しでも多くの問題を解決しよう、とは思いませんか?

というよりも、そもそもそんな時間の余裕なんてありませんよね?

余裕がある状況であれば、その分早く復縁したい!と思いませんか?

お客様にとって大切なことは、優しく甘い言葉で自分を甘やかしてくれてなぁなぁの空気でダラダラすることでしょうか?

そのような復縁屋をお望みでしょうか?

それとも、厳しくともスピーディーに復縁できるようにサポートをしてくれる復縁屋でしょうか?

言わずもがな、後者のような復縁屋をお望みのはずです。

ですが、厳しいことを言われることを好む人というのはなかなかいません。

厳しいことを言われれば傷付いたりショックを受けることもあるでしょうし、ムッとすることもあるでしょう。そうやって厳しいことを言われてでも復縁できる人になりたいと選んだのは自分のはずです。

厳しいことを言われるのが当たり前なのに、それでも「どうしてそんな厳しいことを言われなければいけないんですか!」と仰るお客様の場合、何故破局したのか?はその一言だけでも原因はわかります。

自分に甘いからです。

その甘さの発露の仕方は様々であったとしても、根本的にはお客様自身の甘さのせいでお相手様に迷惑をかけたり嫌な思いをさせたりして、呆れられて嫌われて別れる結果になったのではありませんか?

「これくらい言っても大丈夫」「これくらいならしても大丈夫」「相手は怒らない」「許してくれるだろう」、そのような甘い考えがどこかにあり、自分を甘やかした結果が今ではありませんか?

そうやって甘やかすことが癖になっているから、ご自身の状況すら見失って厳しくされることに対して腹が立って「どうしてそんな厳しいことを言われなければいけないんですか!」と言いたくなるのです。

甘やかす癖を持っていない、もしくはその癖について自覚がある人であれば、厳しくされることについて当たり前だと考えることができるために、「どうしてそんな厳しいことを言われなければいけないんですか!」なんてそもそも考えない、もしくは考えても、口に出すべきではないと考えることができます。

もう一度お伝えします。

お客様は今、お相手様から『恋人として(または結婚相手として)必要ない』と思われているのです。

もし連絡先を完全にブロックされたりしているのであれば、『知人レベルであっても不要』と思われているのです。

お客様自体のことを、根本的に不必要な人間だと思われているのです。

それは時間の経過(冷却期間)だけで解決できる問題でしょうか?

他人が間に入ってくれる(復縁工作)だけで解決できる状況でしょうか?

お客様自身が変わらなければ、根本的な解決にはならないのではありませんか?

そのために厳しい視点を必要だとお考えなのであれば、弊社はいつでもサポートは可能です。

ぜひ一度ご相談をお寄せください。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

問題点を改善することで復縁へ 別れてしまった相手と復縁を望むにあたって、簡単に復縁が出来ると考えてい...
復縁したい想いと覚悟が復縁の成果を左右する... これから復縁活動を頑張ろうと前向きになっている人へ酷な事をお伝...
復縁するなら謝罪すれば良いっすよね?... 男性相談者の方から相談があるんですけど…という相談をいただき対...
復縁相談での域は超えている事を理解していますか?... 復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは、復縁を望む人は自分で考え行...
復縁屋に復縁依頼をする人のタイプ 復縁屋に依頼する方はどんな人でしょうか? 復縁屋、別れさせ屋ジー...
復縁依頼される方自己改善できますか?... こんにちは復縁屋ジースタイル相談員の山下です。 復縁屋の相談員を...