Pocket

大切な笑顔を取り戻したい…復縁屋、復縁工作の株式会社ジースタイル

『作法というのは、突き詰めて考えれば、他人への気遣いだ。』

具体的な細かい作法をいくら知っていても、本当の意味で、他人を気遣う気持ちがなければ、何の意味もない。

その反対に、作法なんかよく知らなくても、ちゃんと人を気遣うことができれば、大きく作法を外すことはない。

駄目な奴は、この気遣いがまったくできていない。人の気持ちを考えて行動するという発想を、最初から持っていないのだ。

そういう人間に、気遣いを教えるのは難しい。人の気持ちを考えろなんて、言葉で言っても何の効果もない。

具体的な作法を教えて、何回でもやらせる。不思議なことに、そうやってひとつひとつ作法を教え込んでいくと、いつの間にかちゃんとした気遣いまでできるようになる。

作法の究極は気遣いだけど、その気遣いは、作法の型を繰り返してカラダに叩き込むことで、自然に身につくというわけだ。作法にはそういう意味もある。頭で考えさせることも大切だけれど、作法を実践させることはまた違うのだ。

他人への気遣いで、もうひとつ大切なのは、話を聞いてやることだ。

人間は歳を取ると、どういうわけかこれが苦手になるらしい。むしろ、自分の自慢話ばかりしたがるようになる。だけど、自慢話は一文の得にもならないし、その場の雰囲気を悪くする。他人の自慢話を聞いていれば、それはよくわかるはずだ。それよりも、相手の話を聞く方がずっといい。(引用元:全思考)

北野武さんが著書『全思考』で語った有名な一文です。

なるほど…と頷けることが多いかと思います。

大切な人と破局し、復縁したいと考えている人の中には、当たり前に出来てしかるべき事すら出来ていない人は沢山いらっしゃいます。これまでの良いも悪いの言動、行動が復縁したい相手に伝わっていないと思ったら大間違いで、大概は伝わっているんです。

  • 復縁したい相手の話をキチンと聞けていましたか?
  • ・身勝手な言動、行動を取っていませんでしたか?

“灯台下暗し”という言葉がありますが、意外と自分の言動、行動は見えずらいもので、しかし、大切な相手にはしっかりと伝わっていると言うことを理解して下さい。

大切な人と別れに至ったと言うことは、お互いの気持ちに大きなズレが生じてしまっていた事は否めません。

今一度、自分自身の ”過去を顧みる“ことをして、自分の振る舞いを落ち着いて振り返ってみてはいかがですか?

復縁したい相手ともう一度ヨリを戻せるように努力する事。復縁するために…。

日常の少しの気遣いの心と思い遣りの気持ちで、復縁を望むあなたは大きく変われるかも可能性は十分あります。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

自分の考えに固守して復縁を望む人 復縁したいと望む人には、自身の考え方や言動は、他人よりも正しい...
「自分が悪い」の悪いとは? 現実を変える、というものは、簡単なことではありません。 それ...
「どうするのか、寝ないで考えました」... 『どうするのか、寝ないで考えました』と仰るお客様も稀にいらっしゃるので...
復縁に自己改善は当たり前 先日相談者の方からジースタイルさんは復縁には自己改善が必要だと...
行動を変えて、復縁をする 復縁のための自己改善について考えたときに、「性格を変えなきゃい...
見当はずれの自己改善 復縁したい人の多くは自分が変わらなければ復縁出来ないと考えます...