Pocket

復縁相談者の方の中には、自分の感情のコントロールを上手く出来ない結果、別れることになってしまった方がいらっしゃいます。

自分自身の感情がコントロールが出来ないでいると、相手に一方的に自分の思いだけをぶつけてしまい、相手に嫌な思いをさせそのせいで自分も嫌な思いをする悪循環から別れの原因になることは、実際に経験している方であれば充分おわかりになりますよね。

だからこそ、復縁するためには、感情を上手くコントロールできるようになる必要があるのです。

今回は、どう上手く自分の感情をコントロールしていくかを、お話したいと思います。

復縁するには感情をコントロールする事が必要

関係改善に必要な事はご相談下さい

感情をコントロールすることが苦手な方の中には、相手に不満が募りつい感情的になってしまい別れてしまった方もいると思います。

感情的になってしまい、男性であれば口調や態度などが荒くなったり、女性であれば泣いたり大声で相手を批判してしまい、それに引きずられるように自分の頭の中の考えがまとまらなくなったりしたことはありませんか?

しかし、そういう方であっても一定の時間が経てば感情が落ち着き、冷静に考える事ができるようになると、「あそこまで否定しなくてもよかったな」「自分も悪い点はあったのに」と反省し、思い直すことがあるでしょう。

その繰り返しの結果、相手が疲弊して「別れよう」と言われてしまったり、逆に自分が疲弊して「別れたい」と言って別れることになった・・・けれど、でもやっぱり復縁したいと思うようになった、と仰る復縁相談者も多くいらっしゃいます。

確かに上記のように反省をし、相手の事を思い遣るが出来るようになれば、復縁できる可能性は生まれますし、復縁の成功率も上がります。

しかし、相手が持っているお客様のイメージが以前のままでは駄目ですし、また、反省をして思い遣ることができるようになったといってもそれが一時的なものであっては以前と同じことの繰り返しになってしまうので、根本からの改善をした上で、それが相手の持つネガティブなイメージを覆せるほどのものでなければ、結果としての復縁には結びつきません。

復縁を成功させるには、上記ふたつのことが必要であると言えます。

※「復縁には自分を変えることが必要」、それについて詳しく知りたい方は、こちらのブログ記事も参考にしてください。

復縁に自己改善は当たり前

ではコントロールする具体的な方法は?

では、感情をコントロールする具体的な方法について考えてみましょう。

まずひとつ言えることとして、感情をコントロールするためには、「感情をコントロールしよう」は勿論、「感情に流されないようにしよう」という強い決意、そして目標が必要です。

根性論に見えますよね。

でも、実はこれが一番大切なのです。

人間ですから、例えば「怒らないようにしよう」と決めても怒りたくなるときは必ずありますし、「泣かないようにしよう」と決めても泣きたくなるときは必ずあります。

理不尽な目にあえば怒りを感じるでしょうし、大切な人を失えば涙は自然と零れるでしょう。

このように、感情の発生自体を抑え込むこと、それ自体は不可能なのです。

そのような不可能な目標を立てたところで達成は出来ず、達成不可能な不毛な目標に振り回されることは、一刻でも速く確実な復縁ができるようになりたいと思う方にとっては、ただただ時間のロスでしかありません。

目標というものは、現実に則した達成可能なものを掲げるから意味があるのです。

その現実的な目標をどう作ればいいか?を考えるとき、最終的にどうなりたいか?との着地点を、現実に則って考えることが必要になります。

「感情のコントロールを出来るようになりたい」、その目標を達成するために、現実的にできることにはどのようなものがあるでしょうか?

簡単です、それが「感情に流されないようにしよう」という強い意志と、決意です。

感情に流されコントロールできなくなることで相手や自分を傷付けてしまうのであれば、それに流されない自分になることが一番大切だと思いませんか?

勿論「感情に流されないようにしよう」との大きな目標を更に細分化し、例えば「怒鳴らないようにしよう」や「泣いてしまったら落ち着くためにも一旦トイレに行くようにしよう」などの小さな目標を立てることが必要です。

でも、小さな目標ばかりに固執しそれだけしか考えないようになってしまっては、「最終的に自分はどうなりたいのか?」を見失ってしまうようになるのです。

これを防ぐためにも、まずは大きな目標として「感情に流されないようにしよう」としっかり強い意志で「決める」ということが必要なのです。

※「特に怒りの感情のコントロールを難しい」と感じる方は、こちらの記事も参考にしてください

復縁するために学ぶ、怒りの感情のコントロール方法

でも、それでも感情に流されてしまう・・・

けれど、それでも感情に流されてしまうときもあるかもしれません。

そういうときには、何でも相談できたり、どんな愚痴でも言えて、悪いところについてはきちんと指摘してくれる友達を作りましょう。

「え?友達?」と思うかもしれません。

ですが、他人からの客観的な視点や指摘というのは、非常に重要です。

何故なら、自分ひとりだけの視点で物事を考え処理しようと思ってもそれは偏ったものになってしまう傾向があり、偏った考えや処理をしてしまうままでは、以降の改善もまた偏った独善的なものになってしまい、それでは改善の意味がなくなってしまうからです。

復縁に悩む方の最終的な目標は復縁成功であり復縁できる自分になることなのですから、「復縁=自分以外の相手がいるもの」を出来る人になるには、他人の目は必ず必要になります。

自分自身が抱える問題を解決するとなれば尚更でしょう。

そのためにも、復縁したい相手とのことを相談できたり、自分のことをストレートに評価してくれたり悪い行動をしそうになったら諌めてくれる。

そんな信頼できる仲間を作ることは、非常に重要なのです。

でも、誰にも話せない、言えない。そういうときは・・・

あなたの復縁をサポートします

しかし、誰もが自分の恋愛話を周囲の人に話せるわけではないですよね。

例えば不倫関係での復縁のときなどは周りの誰かに話すことはご法度ですし、話はできるけれど復縁することに反対されている(または反対されてしまう)状況で、友達は多くいても、こと復縁については相談できないときもあるでしょう。

※「不倫関係(婚外恋愛)の復縁」については、こちらの記事も参考にしてください。

不倫関係や婚外恋愛関係の復縁に大切なこと

また、相談できる友達がいて相談してみたものの、あまり当てにならない返答しかもらえなかった・・・なんてこともあるかもしれません。

そういうときは、弊社完全無料相談窓口を、利用してみてください。

勿論秘密厳守であり、未成年の方を除いて、どんな方のご相談もお話いただくことが可能です。

そして、弊社はお友達になって差し上げることは出来ませんが、一緒に復縁を目指す仲間として、そして、多くの復縁に関わった実績のある復縁屋として、どうしても叶えたい大切な人との復縁にご協力させていただくこともできます。

※「復縁屋の力を借りること」については、こちらの記事も参考にしてください。

復縁屋の力を借りれば復縁が夢ではない

復縁屋と言えば復縁工作を始めとした工作ばかりをしているようにお思いになるかもしれませんが、工作だけでの復縁には限界があります。

というのも、結局は「復縁する相手」である復縁希望者本人が、相手にとって「復縁したい」とも思える人に変わっていないと、一時的に会える関係になったところで、また破局してしまうからです。

それを防ぐためにも、弊社では「自己改善プログラム」という形で、専門のスタッフを準備し、復縁希望者の内面の改善を重視しています。

内面が変わるから、これから先一生を共に添い遂げることができる人生のパートナーとして相手に必要とされるのです。

もっと言えば、人の人生は、愛だの恋だのだけで構成されているものではありません。

愛や恋以上に、「この人は自分の人生にとって必要だ」と思ってもらうことができれば復縁はできます。

そう思ってもらえる人になることが、復縁の近道です。

復縁屋に相談する、というのは少し勇気がいるものかもしれませんが、是非気軽にご相談ください。

弊社では24時間ご相談を受け付けております。

 

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れの悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい・各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

価値観が違う人との復縁は可能か? お客様から相談のお電話を頂いたり、契約後のヒアリングをしている中で、お...
復縁相談されるお客様の感情 別れたお相手様との復縁を望んで、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ電話や...
妻と復縁したいならやるべき事 妻と復縁したいなら、妻が今どう考えているか?どういう状況なのか?を把握...
復縁する?しない?復縁しないほうがいい人になっていませんか?... こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイル復縁アドバイザーの佐藤です。...
誤った考えや甘えが復縁の妨げに こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの山下です。 ...
復縁相談ならお任せください。 片想いの状態から先に進む方法について悩む人もいれば、実際に付き合ってい...