Pocket

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

復縁屋にメールやラインのテクニックを聞こうとする方は沢山いますが、言葉に込められた気持ちを復縁屋が作る事は出来ません。

復縁したい相手への想いと同様の気持ちを復縁屋が持てるはずもなく、想いの丈を復縁屋が作る事は不可能です。

人それぞれに好きな所があり、人それぞれに見方が変わり、人それぞれに気持ちが違うモノを作ってくれと言われても復縁屋は出来ませんという事を伝えます。

復縁屋によってはメールやラインの添削ではなく、代筆という形で依頼者の代わりに全ての文章を作り込もうとする復縁屋がありますが、その復縁屋の作った文章を見れば言葉に込められた想いは全くありません。

ありがちな内容、陳腐な内容、ネット上に落ちている様な気持ちの入っていない文章、代筆をしている復縁屋が作った文章は相手の気持ちに刺さる事はありません。

言葉に込められる想いがあってこそ元カレ・元カノの心に刺さる文章を作り上げる事が出来ます。

復縁屋が出来るのはそういった相手の心に刺さる文章を復縁テクニックで装飾し、より良い文章へと変貌させる事であって、ゼロから気持ちを込めて作り上げる事は出来ません。

これは復縁屋だけではなく、手紙の代筆屋等も同様ですし、メールやラインという文字だけではなく、言葉の節々にも想いを込めるこてゃ他の誰にも出来ない事です。

自分の想いを誰かに代わりに伝えてもらった所で本当の想いを伝える事は出来ません。

復縁屋が行う復縁工作も依頼者の想いを元カレ・元カノに伝える為に行う工作ではありません。

厳密に言えば、依頼者の気持ちを伝える復縁工作はなく、復縁したい気持ちへと心理誘導するのが復縁工作です。

どんな技術を持った復縁工作の工作員も復縁したいと考えている人の気持ちと同じ気持ちを伝える事は出来ません。

どんな優れた役者でも本当の想いには勝てません。

言葉に込められた想いとは、演じたものと本当の気持ちには大きな差があり、偽りと真の差は相手には伝わってしまうモノです。

愛しているという言葉

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

長年連れ添った夫婦になれば、愛しているという言葉を良く口に出す夫婦、どちらかが愛しているって言う言葉を欲しいとせがんで言ってもらえる夫婦があります。

自ら気持ちを伝えたくて出て来る言葉と言わされて言う言葉には気持ちのこもり方が違います。

気持ちを込めるという事は伝えたい言葉が体の中から溢れだして漏れ出る言葉になります。

心の底から伝えたい言葉、その言葉に繋がる様々な言葉の組み合わせ。

単語を繋ぎ合わせて出来る自分にしか出せない言葉

様々な言葉がある中で、たった一言で気持ちを伝える事が愛しているという言葉になります。

復縁したい人が復縁屋に代理で愛しているという言葉を復縁したい相手に伝えて欲しいといった所で復縁屋の言葉は偽りの言葉になってしまいます。

復縁したいからこそ本当に気持ちの籠った言葉を伝えなければ気持ちは届かず、愛しているという言葉が伝わる事はありません。

〇〇だから愛しているの〇〇の部分をテクニックで教える事は出来ても愛しているという言葉に込める気持ちを教える事は出来ません。

言葉に込めた想いを届ける為には気持ちをシッカリと伝えなければなりません。

復縁したい、愛しているの言葉が嘘にならない事を祈ります。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

復讐の為に復縁したいという人は復縁どころか恋愛に向きません。... 弊社には大切な人と破局して、よりを戻したい人から復縁相談を頂きますが、...
『自分が復縁したいんですよね?』 振った相手や別れた相手が、「本当はまだ自分の事を好きなはず」「...
バレンタインはチャンス?復縁を諦めない!... こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイル復縁アドバイザーの佐藤です!...
復縁したいなら焦らない!!!焦りが上げる復縁失敗の可能性... 復縁したい方は焦りから周囲が見えず、復縁とは真逆の方向に進んでしまいま...
言葉に魂を込めるのに上手い下手は無い... 「好き」という言葉を伝える時に普段からちゃらんぽらんの人がいう...
自分から別れを切り出した方は… 復縁屋に復縁相談に来る方の中で『自分から別れを切り出しました』...