Pocket

「ごめんなさいと謝ったし頭も下げたけれど、許してもらえません」

と仰る復縁希望者がいらっしゃいますが、そもそも「謝れば許してもらえる」との考えが間違えていますし、「許してもらおうと思って謝るからこそ許してもらえない」という点に、気が付いていらっしゃいません。

まず、復縁を希望される側には、復縁希望者を許さなければいけない義務はないのです。

許さなければいけない義務がない以上、許さなくても何の問題もないのですから、わざわざ許して復縁希望者に「許された」との安心感や喜びを与えてあげる必要はありません。

「謝ったら許してもらえる」

との期待が間違いなのです。

むしろ許してもらえなくて当たり前です。

また、復縁したい相手に対して不愉快な思いをさせてしまった復縁希望者が下げる頭に価値があるのか?

という点においても、勘違いをなさっている復縁希望者が多くいらっしゃいます。

頭は,

下げる価値がある人が下げるから意味があるのであって、既に相手から見限られたり切り捨てられた立場の人が頭を下げても、何の意味もありません。

見限られたり切り捨てられた人がどれほど頭を下げても、ただのパフォーンマンスと同等の価値しかないのです。

復縁相談者の多くは、意味のないパフォーマンスをしただけの、基本的な復縁の常識を理解していない状態です。

なので、

「ごめんなさいと謝ったし頭も下げたけれど、許してもらえません」

と仰る復縁希望者には、

「許してもらえなくて当然しょうね」

とお伝えさせていただいています。

また、

「相手に誠意が伝わる謝罪の仕方を教えてください」

と仰る復縁相談者もいますが、「誠意が伝わる謝罪の仕方」という言葉がまず間違えていることにお気付きにならないのでしょうか?

謝罪とは、誠意を伝えるためにするものですか?

謝罪は謝罪の気持ちを伝えるためにするものであり、気持ちが伝わったから相手は「謝罪に誠意があった」と思うのではないでしょうか?

例えば土下座をしようが、相手が土下座をパフォーマンスと感じれば誠意はない、ということになります。

莫大な慰謝料を提示しても、「お金を払えばいいと思っているんだろう」と相手が思えば、やはり誠意はない、と思われます。

「誠意が伝わる謝罪の仕方」はありません。

あるのは「謝罪の気持ちが伝わる謝罪の仕方」であり、謝罪の気持ちが伝われば、伝わった気持ちを相手が「誠意」と感じるだけです。

「ごめんなさい」も「すみませんでした」も、所詮言葉でしかありません。

言葉はどれだけでも取り繕うことができますし、嘘を言うことができます。

必要なことは言葉ではなく行動です。

「ごめんなさい」と思っているから、ごめんなさいの気持ちが伝わるようにどう行動をするか?

「すみませんでした」と思っているから、すみませんの気持ちが伝わるようにどう自分を改善するか?

気持ちを伝えるための実働があり、るから、

「本当に悪かったと思っているのだな」

と相手に信用をしてもらえます。

謝罪には「」

とらわれるお客様は、非常に多くいらっしゃいます。

一番顕著なものは、手紙です。

「喧嘩別れをしてしまった彼女とよりを戻したいんですが、手紙でその気持ちを伝えるというのはどうでしょうか?」との質問をいただくことがあります。

何故手紙なのでしょうか?と伺わせていただくと、「手紙のほうが気持ちが伝わると思ったからです」と仰います。

何故手紙のほうが伝わるのでしょうか?

直筆だからでしょうか?

残念ながら貰った側の気持ちは、「ふーん」です。

確かに努力は伝わるかもしれませんが、直筆で手紙をしたためる努力をするのであれば、そもそもの別れの原因に対して改善の努力のほうをしてしかったでしょう。

つまり、まったく意味がありません。

発語という言葉も同じです。

言葉は所詮言葉であり、大切なものはその言葉の中に込められている気持ちです。

正直気持ちさえ篭っているのであれば、ラインで謝罪を送っても何の問題もありません。

当初の謝罪という部分に戻れば、謝罪の気持ちさえ届けばいいのですから、「ごめんなさい」「すみませんでした」との言葉がなくてもお相手様「反省しているんだな」「許してもいいかもな」と届くことだってあるでしょう。

例えばペットの犬や猫を思い出してください。

彼らはいたずらをすることが多くありますが、そういったとき、よく観察すると「やってしまった・・・」「これから怒られるんだろうな・・・」という顔をしています。

彼らは言葉が話せません。

だから態度で「悪いことをした自覚はあります・・・」という表情をするんです。

その顔をしているから、飼い主は「仕方ないなぁ」と許してしまうのです。

ペットと人間という違いはあれど、基本的にはそれと同じです。

「ごめんなさい」「すみませんでした」との言葉が無くても、悪いことをした、相手が不愉快に思うことをしたとの自覚がある態度をきちんととることができれば、気持ちは伝わるんです。

逆にその自覚のある態度をとることなく、言葉や表面上な態度(頭を下げるとの行動)だけで謝罪を伝えようとしても、お相手様からすれば「謝ればいいと思っているんでしょう?」と思われてしまい、復縁の成功率は下がる一方です。

人間は長い歴史の中でコミュニケーションの手段として言葉を獲得しました。

しかし、今一度もっと動物の時代に戻って考えてください。

表面的な言葉ではなく、根本的な反省や態度。

それらをきちんと表すことができれば、言葉にとらわれなくても気持ちは伝わります。

許す必要がない立場であるお相手様に、どうやって謝罪を気持ちを伝えて許してもらうか?

言葉だけに惑わされないでください。

もっと根本、もっと原始な部分から、気持ちを伝える手段を考えましょう。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁の為の心構え 何かを始めようとする時や、どんな時にも重要かつ不可欠と言えるも...
自分に甘く他人に厳しい人は復縁出来ません。...   復縁したいと言いながら『〇〇があるから…』...
「合わない気がする」「一緒にいても楽しくない」... 人間の行動・選択には、明確な理由があるときとないときがあります。 ...
元彼のどこが好きで復縁したい? 復縁相談の中には復縁したい…よりを戻したい…というよりも「元カ...
自己啓発本を読む人は何も得られない... 自己啓発本は書籍の中でも人気のある分野になりますが自己啓発本を読む人の...
復縁は頑張っても意味はないです! 単独での復縁活動の努力がなかなか実らないお客様は、「もっと頑張...