Pocket

ポイされても復縁目指しましょ

恋人との関係においてよく見られる「距離を置く」ということですが、距離を置くことで“リスク”が伴います。そしてその期間についても何の根拠もありません。そのリスクとは、そうです「別れ」に直結していると言ってもいいのではないのでしょうか。

恋愛の中では「距離を置こう」というケースが多々ありますが、恋愛においての「冷却期間を置く」=「離別」という可能性が高まってしまう為に簡単に「距離を置きたい」との相手の要望に同意ができないのも事実ですが、連絡を取り合っていないのであれば尚更で距離を置く選択をした為に、「別離」という最悪の結果に直面する事も少なくはありません。

弊社復縁相談者の中にも、「今は冷却期間中です」という言い方をされるお客様はいらっしゃいますが、話をお伺いすると、その状況って「もう別れたに等しいのでは?」と考えさせられることも少なくありません。

距離を置きたいと伝えられた側の心理としては、「距離を置きたい」と告げられて、突然のことで、「別れたいって事?」「何故突然そんな事を?」「何が悪いの?」と不安が生じ、頭が混乱状態で冷静さをなくしパニックに陥ってしまう方もいます。

距離を置く」と決断した側には、様々な理由が存在します。「1人になって関係性を見つめ直したい…」「関係をこのまま続けるべきかどうか…」、そんな疑問が湧いてしまった時に「距離を置きたい」と一般的にはそう言われるケースが多いようですが、本音を言うとそうではないことの方が多いのは確かです。

厳しい事を言えば、距離を置きたいということは、関係を見直したいということとなんら変わらないのではないのでしょうか?

距離を置く」⇒「別れるか否か?」を冷静になって考えるという風に言われていることが多いのですが、「関係を見直す」つまり、「関係を解消したい…」「別れたい…」という解釈しても全く違和感がありませんし、距離を置くことで別れる可能性、確率は劇的に高くなります。

距離を置くことで、知っておかなければならない事は、どんな理由で距離を置いたとしても、距離を置きたいと決断した側の気持ちは ”別れる” ということを前提にしている事が大半だという事を考えなければなりません。

全ての人に当て嵌まるわけではありませんが、別れることを前提に距離を置くという決断をしている可能性は非常に高いわけで、言い換えれば、別れを前提にしているからこそ距離を置くという行動に移すといっても過言ではありません。

考えてみて下さい。本気でお互いの関係を回復したいのであれば、別に距離をとる必要があると思いますか?距離をとることで関係が回復に向かうと思いますか?

距離を置くということはつまり、連絡も途絶える可能性が非常に高いのです。これまで毎日連絡を取っていた相手との連絡が途絶えるわけです。連絡も取らなくてもいい相手となるわけです。

そうなんです。距離を置いてもう一度いい関係を構築したいと考えていることは少なく、別れる事を意識した行動であるということです。

「距離を置く」
距離をおいたことで、”お互いの絆が深まる”ということはないという事です。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

女心や男心、そして人としての気持ちを理解する... 株式会社ジースタイルに寄せられるご相談の中には、「女心がわかり...
元カレと復縁したキッカケとは? 元カレと復縁したい人は復縁した人がどうやって復縁したのか?復縁したキッ...
モテない男性、復縁したい男性 モテない男性が「女性にもてたい!」と思って努力することは決して...
別れが納得できないのではなく納得できないのが別れ... 別れの理由に納得がいかない…。このような別れを経て、弊社に復縁...
話せば解決…? お客様の中には、「話せば分かってもらえるんです」と仰る方もいら...
無気力な復縁活動は復縁の妨げです 恋愛は幸せな時ばかりではありません。恋愛であるがゆえ、お互いの...