Pocket

別れさせ屋・復縁屋ジースタイル

先般、弊社復縁したい相手or別れさせたい相手がいるという20代後半の男性からのご相談がありました。

・元カノ交際期間 ・・・2~3ヶ月
・出会いのきっかけ・・・ゲーム上で知り合った
・別れの理由   ・・・自然消滅?

「元交際相手が、今現在付き合っている男性と別れさせて欲しい。別れさせてからの復縁も視野にいれています。」

との相談内容でした。

別れの理由が自然消滅というのは?ですが、つまりは、疎遠となってしまった元カノと復縁したいが、現在新しい恋人がいる為にその関係を終わらせて、その後復縁したい相手との復縁を望むというものでした。

しかし、自然消滅は結果論であって、別れの理由というわけではない為、相談者にそれについて問うた所、復縁したい相手が会ってくれる頻度が少なかった為に、相手の気を引くような事を言ってしまった…。つまりは「自分が彼女が他にいるそぶりを見せてしまったことが理由ではないか?」と理由を後付で取ってつけたような発言をしていました。

相談員として私が会話をしていると、どこまでが真実なのか?という疑問を感じだしたのは言うまでもありません。なぜならばこの相談者の方の自信過剰的な口調等、少なからずそのような要素が伺えたからです。

つまり、この相談者は復縁したい相手には完全に嫌われているにも関わらず、嫌われているはずはない、復縁したい相手は、自分に嫉妬し、仕方なく別れを選択したに過ぎないと思い込んでいる節が見え隠れしました。

ちなみに、復縁したい相手との連絡ツールはLINEのみで電話番号さえ知らなかったとの事で、本当に好きで付き合っている恋人との連絡がLINEしかないとは…。この状況でどこにそんな自信が沸いているのか不思議で仕方ありませんし、話をお伺いしていると、本当にこの復縁したい相手は付き合っていたという認識があったのか?疑問しか残りません。

さらに話を進めてみると、この相談者は、別れて2ヶ月後に、復縁したい旨の内容を、共通のゲームのアカウントを使って送ってはみたものの、復縁したい相手からは返信すらなく、何故ゲームのアカウントでの連絡なのか?という理由も、事実かどうかは判断は難しいですが、相談者が言うには復縁したい相手LINEを消してしまった…という理由のようで、この相談者が復縁したい相手からは唯一の連絡手段のLINEすらブロックされていたのでは?と疑惑もあり、実は心の底から嫌われていたんじゃないか?最悪付き合っていなかったのでは?という事実が垣間見えます。

話が逸れましたが、その他、この相談者の方がストーカー行為をしているのではないか?という疑念も出てきました。別れさせたい相手、つまり復縁したい相手の新しい恋人の存在をどうして知ったのか?という事です。

連絡手段がない相手の情報をどうして知りうることができるのでしょう?

お話を伺うと、「偶然、街中で二人が歩いているのをみかけた」との事で、二人で歩いていた所を一度すれ違ってみただけで、何故その相手の男性が恋人だと断言できるのでしょう?

しかも、同じ街に住んでいるのであれば偶然あうことも否定はできませんが、まずは同じ地域の住民ではないと言っていたはずですし、話に矛盾しかありません。

疑問をぶつけてみると、「大丈夫ですよ、4~5回は確認していますから・・・」復縁したい相手とその恋人であろう二人が一緒にいるところを確認したとの事でした。

『はいっ?先ほどは一度偶然に見かけただけだとおっしゃっていませんでしたか!?』

これで、この相談者が言っていた偶然見かけたという話が覆されたことになり、この話が事実ならば、復縁したい相手の行動を監視しているストーカー行為を行っているとしか考えられません。

ちなみに、復縁したい相手の家や職場は不思議な事ですが知っていたようで、最寄の駅や通勤する電車も熟知しているわけで、明らかにストーカー行為をこの相談者が行っていた事がうかがい知れます。

復縁したい相手には、完全に嫌悪感を持たれている、さらに新たな恋人がいるという状況で、何故、復縁したい相手の気持ちが離れてしまったのか?何故復縁したい相手との関係が破綻してしまったのか?復縁には一番大事な事実さえの反省もなく、ただのストーカー行為をしている相談者は本気で復縁する事ができると思っているのでしょうか?

しかし、話を伺っている私としては、付き合っていたのか?という疑問しかありません。

では、付き合っていたと仮定して、本当にこの男性が恋人なのか?という確証を得ないことには、別れさせ工作へとプロセスを踏むことができない旨を伝えると、「それは見れば判断できましたよ」という根拠ない自信で、調査など省いてもらって結構なので別れさせ工作を要求する始末です。

調査をして正しい情報を収集しなければその後のプロセスに弊害が生じる旨を伝えると、「じゃあ私が確実な情報を持ってくればいいんですよね?」と、この発言は「私はストーカーをしています」と断言しているようなものです。

相談者の要求は続き、最終的にはその男性が恋人だろうが友人だろうがどっちでも構わないので、兎に角、二人の関係を絶たせて欲しいと自分勝手な要求ばかりを伝えてきます。

しかも声のトーンなど、明らかにふて腐れている様子が容易に感じるような話し方で、復縁してもらおう立場の人の考え方、話し方ではありません。

相談者の話をお聞きしていると、矛盾する話ばかりで疑念しか生まない話が多くあり、さらにはその疑念が確信に変化していきます。あまりにも身勝手な思考の人物です。

復縁するには別れさせるという前提になりますが、弊社としてはストーカーを行う方のサポートをする事は致しませんし、さらに言えば、相談者の話には矛盾する点が多い内容ばかりで、このような、復縁したいという立場でありながら、全く復縁したい相手に対しての心遣いも感じる事にできない、反省の色もみれない、身勝手な自信過剰の相談者の依頼はお断り致しています。

復縁すると言うことは、復縁したい相手から「もう一度復縁してもいい」という意識付けが必要なのです。その為には、復縁を望む人は復縁したい相手からそう意識させることが大前提であるのに、まずは、復縁したい相手からは完全に嫌われているし、最悪この相談者の存在すら全く意識していない状況で、このストーカー行為を平気で行う横柄で身勝手な主張しかしない思考の持ち主と、もう一度ヨリを戻したいと思うはずがありません。

本来、復縁屋である以上、復縁相談に来られる方の復縁を一番に考えなければならない立場ですが、今回の相談者に対しては復縁を望んではいけない人だと思われます。

復縁したい相手は今の状況が今は一番幸せなのではないかと考えさせられますし、復縁したい相手の幸せを考える事ができない自分の主張・要求しかしない身勝手な相談者の復縁が成就することはありえないなのではないかと弊社は考えます。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

浮気をされたけど復縁したい 浮気をした。のではなく、浮気をされてしまったけれど復縁したい…あの人し...
浮気、不倫からの復縁 浮気をした。浮気をされた。不倫した。不倫された。という状態で復...
会話が続かないアプローチを改善する... 以下にある会話の例を2つ挙げます。 今回はこれらの会話を...
無気力な復縁活動は復縁の妨げです 恋愛は幸せな時ばかりではありません。恋愛であるがゆえ、お互いの...
連絡取れるから復縁出来るは大間違い... 復縁への可能性を連絡が取れるからどうにかなるんじゃないか?と連...
言葉に込められる想いとは? 復縁屋にメールやラインのテクニックを聞こうとする方は沢山います...