Pocket

もうこの生活から解放されたい

 

「DV加害者から逃げたい」「DV加害者と別れたい」

そういうご相談が増えていますが、ただ行方をくらまして逃げるだけでは離婚は出来ませんし、もし実家や知人等の家に逃げ込んでも、そのせいで加害者が逆上して事件に発展しているケースもあるので御注意ください

例えば2013年に栃木県真岡市で起きた殺人事件が正にそのケースで、自分の妻と次男に対して暴力を振るったことで逮捕された夫、堀内真治容疑者(39)は、刑務所から出所後に妻の実母である関口ヤス子さん宅に向かい、妻と息子に会わせてくれるように要求しましたが、ヤス子さんがそれを拒否したことで、逆上。

最終的には鈍器等でヤス子さんを暴行し、ヤス子さんは失血死し、殺されてしまいました。(事件の報道はコチラを参照ください)

このように、ただ逃げるだけでは、事態は解決しないということについては、実際に今逃げたい・別れたいとお考えのお客様には、意識していただきたいのです。

むしろ、場合によっては上記の事件のようにDV加害者の暴力の矛先がお客様の周囲の方に向かってしまうことも充分にありえることであり、そういった形で周囲の方に害が及べば、結局はお客様自身が逃げたこと後悔をする結果となるでしょう。

そうならないためにも、きちんと計画立てて逃げ、復縁がない形=相手に未練を残させない形で離婚をしなければならないのです。

まず逃げるためには、しっかり下準備をする必要があります。

その下準備は離婚のためでもあるのですが、ただ「別れたい!」と言ったところでDV加害者は応じてくれないために、法的に離婚の根拠となりうる証拠を集める必要があるのです。

例えば暴力の証拠として病院の診断書を準備したり、どこをどのように怪我をしたのか写真で保存をしたりがそれに当たります。

経済的DVであれば、家計簿等や日記もその証拠となりうるでしょうし、暴言等も録音していれば、それは証拠になります。

そのような離婚の根拠を準備することなく離婚をしようとしても、例えば調停になったときなどに調停員がDV加害者の味方をして再構築を進めてくる場合もあるので、証拠は重要です。

また、警察に介入してもらうためにも、特に身体的DVの証拠は必要となります。

基本的に家庭内のことは民事不介入なために警察は介入したがりませんし話し合いでの和解を進める傾向があるのですが、そうではなく事件性を持たせるためにも必要です。

さて、ここまでは正式且つ正道な離婚方法です。

そうではない別れる方法、逃げる方法もあります。

それが、別れさせ屋のサポートによる別れさせ工作=別れる方法・逃げる方法です。

 

DVの先にあるものは…

 

警察は被害者の知人役になり心理誘導等を用いて別れるように仕向けるということはしませんが、弊社のような別れさせ屋では、ご依頼いただければそれが可能なため、例えば加害者が被害者であるお客様への興味を無くす方向に誘導をしたりといった手段が可能です。

他にのめり込める”楽しみ”を提供したりといったことが主な手段ですが、基本的にDVを行う人というのは自らを律することが苦手であったり欲求を堪えることが苦手なために、きっかけさえあればキャバクラや風俗にハマりやすい傾向があります。

また、浮気などもしやすいために、そちらの方向に誘導して興味を別に移すことも有効です。

そして、DV加害者のDVをする理由としてよくあるものには、思い通りにいかない生活や毎日への鬱憤を抱えており、その鬱憤を思い通りにできるパートナーに対して暴力を振るうことで発散するというものがあります。

ではどうすれば良いか?

思い通りに行かない生活や毎日が思い通りになるようにアドバイスをしてあげることができる存在ができれば、暴力に訴えることなく冷静でいさせることができると思いませんか?

工作員がその存在になるように工作をすれば安定しますし、その冷静でいることができるときにお客様が逃げれば、以降に追うことを防げます。

別れさせ屋を利用して別れる強み・メリットは、このような警察では手が届かない部分へのサポートが可能な点です。

もちろん状況によっては警察を利用(通報・被害届の提出等)しながら行っても良いわけですし、双方を上手に利用すれば、お客様にとって最適な方法で別れることができます

確かに利用には費用はかかりますが、別れる方法・逃げる方法の幅が拡がれば、その分お客様やお客様の周辺の方々の安全を確保できますので、将来のことを考えればプラスでしょう。

現状苦しい状況にあるお客様にとって、考えなければならないことが増えることは大きな負担でしょうが、これからのことを考えれば、今しっかり考えなければ、更なる悪い未来へと繋がってしまいます。

より良い方法で良い未来を手に入れるためにも、別れさせ屋の利用についてご一考ください。

※実際の別れさせ工作例についてはコチラをご参考ください→執着心が強いDV彼氏と別れたい

 

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

現在の別れさせ工作方法は無限にあるってご存知ですか?... 別れさせ工作の方法で代表的なモノはハニートラップという方法があ...
マルチ商法と「別れさせたい!」 弊社には様々な別れさせのご相談をいただきますが、多くはないものの持...
別れさせ屋の手口(不倫相手を離婚させる)... 別れさせ屋を探す際に別れさせ屋はどんな手口を使って別れさせるんだろう?...
別れさせた後、復縁を望むのか? 一般的に復縁したい相手だけを見ての復縁活動であれば「あなたと復...
復縁する為に別れ工作が必要な場合がある... 元カレ・元カノがいる人は、その相手との復縁を望み復縁屋へ復縁相...
別れさせ屋体験談 エリナさん(仮名) 別れさせ屋工作成功例はコチラ 付き合...