Pocket

lineを使って復縁する方法を探す人は多いのですが、lineで復縁まで考えた時に何が欠けているかが分からず、lineで復縁しようとしても復縁どころか元彼(元彼女)から更に距離を置かれてしまう方が沢山います。

基本的にlineで復縁しようと考える事自体間違いなのですが、復縁する為のlineを送りたい!と考えてしまうのですがlineを送りたいと思っても送る内容が分からない為、lineの送り方等を調べるのですが、調べても送る文章は出て来ない為、結局自分で考えてlineを送らなければなりません。

弊社では復縁のlineを送る際の添削業務等も承っていますが、有料サービスになってしまう為、無料でlineを送りたいとお考えの方はlineの内容を自分で考えて作らなければならなりません。

lineで復縁まで待っていく為の考え方の基本を学んで元彼(元彼女)との復縁に少しでも近づいて頂ければと思います。

lineを使って復縁する時の基本は攻めの姿勢?待ちの姿勢?

復縁屋・復縁工作のご依頼なら総合探偵社(株)ジースタイル

lineを使って復縁する内容を考える方の多くは、どうやったら復縁できるのか?という考えから攻める姿勢を見せます。

自分が動き出さなければ元彼(元彼女)の気持ちも動かない!と考えるので攻めて復縁を意識させようと考える方は多いのですが、攻めても攻めても開かない心に疲れてしまい、復縁を諦める結果になりがちです。

攻める姿勢をみせて元彼(元彼女)は連絡が来る度に復縁を意識しなければならなくなり、復縁を意識してしまうので段々と連絡が疎遠になっていきます。

疎遠になるので更に攻める姿勢を見せますが、元彼(元彼女)は嫌気を差して連絡不能になる。という結果に繋がります。

逆に待ちの姿勢を貫き、冷却期間を空けて待っているという方もいますが、待っているまま時間が経過し、元彼(元彼女)に新しい恋人を作られてしまい、復縁を諦めなければならない結果になる事もあります。

攻めても待ちの姿勢でもダメなら基本姿勢は?

復縁屋・復縁工作の総合探偵社(株)ジースタイル

元彼(元彼女)に復縁したいと伝えてもダメ、復縁しよう!というlineを待ってもダメなら何が正しいの?とお考えになると思いますが、復縁の基本は恋愛の駆け引きと同様ですから攻める一辺倒でも守る一辺倒でも駆け引きには繋がらず、駆け引きをする為には元彼(元彼女)に合せてlineを送らなければなりません。

攻める事も間違いであり、待ちの姿勢も間違いであり、タイミングに合せてlineを送る事が基本姿勢になります。

タイミングを合わせると一言で言ってもタイミングはどんなタイミングが適しているの?と考えてしまうかもしれません。

復縁の基本は元彼(元彼女)の状況に合せて行動、言動を行う事であり、共通の友人などを介して情報を入手して元彼(元彼女)の状況伺いをしながら状況に合せて元彼(元彼女)があなたとやり取りをしても良いかな?と思ってくれるタイミングと内容が復縁の基本にも通じます。

lineで復縁を迫るのはNGなのは分かりますよね?

復縁して幸せになる為の復縁屋・復縁工作のジースタイル

lineで復縁を迫る人はとても多いのですが、lineで復縁を迫るのは効果的ではありません。

lineは文字であり、文章は読み手によって伝わり方が異なります。

あなたが本来伝えたいのは復縁したいですが、復縁したいの一言であっても、あなたが考えている様な取り方をしてくれないケースもあります。

どうしても復縁したいとお考え手になっているので少しでも早く気持ちを伝えなければ…とお考えになっているのかもしれません。

早く気持ちを伝えたいと思う背景には元彼(元彼女)に新しい恋人が出来てしまえばあなたとの復縁のチャンスがなくなってしまう…と考えるからかと思います。

あなたとの復縁のチャンスがなくなってしまうかも…と焦る気持ちは分かりますが、焦ったところで復縁できないのは別れ話をされた時に気付いていますよね?

復縁したいなら必要な事が出来て初めてlineを送れます。

もう一度関係を再構築したいなら復縁屋

復縁したいなら元彼(元彼女)から別れを告げられた原因などを改善してからlineで改善した事を示す事が出来、改善したところを見せる事が出来て初めて復縁を意識させる事が出来ます。

多くの方が『改善するから復縁して欲しい』と伝えるのですが、必要な事が出来てないので復縁できません。

改善するから復縁して欲しいという事は改善されてないので復縁しても同じ事を繰り返してしまう事をイメージさせてしまいます。

改善されてない状態で復縁を迫るのは当然NGですが、『改善したよ!』と自分で改善した事を口にするのもNGです。

必要な事が出来て初めてlineを送れるのですが、必要な事が出来てない人がlineを送ったところで復縁できないのです。

復縁したいなら必要な事をシッカリとしてからlineを送る様にしましょう。

主導権は元彼(元彼女)が握っている事を忘れてはいけません。

復縁屋・復縁工作の事なら株式会社ジースタイル

 

lineで復縁を願う方々は主導権は元彼(元彼女)が握っている事を忘れがちです。

会話の主導権を取ろうとしても気持ちの主導権を取り戻せず、復縁に一歩届かない状態を長々と続けてしまう方もいらっしゃいます。

会話の主導権を取り、元彼(元彼女)を楽しませれば復縁できるかもしれないと考える相談者は少なくないのですが、会話の主導権と気持ちの主導権は異なり、復縁したいなら気持ちの主導権を取らなければなりません。

主導権を取らなければ復縁まで繋がりませんが、何の主導権を取るのか?を間違えても復縁できません。

lineでは復縁できずに復縁工作の依頼をして成功した事例

復縁工作が成功すると笑顔になれるって知っていましたか?

lineで復縁を目指していた依頼者Aは自分で頑張ってみたモノの、会話の主導権も気持ちの主導権も握れず、自分の力で復縁を目指すのは難しい事に気付き、弊社にご相談頂く事となりました。

自分ではどうにもならない状態に気付いていたけれど、1人で復縁を目指さなければならないという強迫観念から復縁活動に勤しみ、復縁を目指していたとの事でした。

しかし、状況は変わり、復縁を目指してもなかなか振り向いてくれない元彼に気になる女性が出来たという話しを耳にしてしまい、焦りから復縁屋を探し、復縁工作の依頼をしなければならない状況に陥ります。

対象者に工作員を接触させると、対象者から気になる異性の話しを工作員は聞きだし、異性との関係を失くさせる別れさせ工作も行わなければならない状態に陥りました。

Aは元彼との関係を取り戻したい一心でしたので、担当者からのアドバイスにも耳を傾け、工作員が対象者から聞き出した情報に一喜一憂します。

状況の変化を感じたのは別れさせ工作が成功した時に元彼からAに相談のlineが入りました。

Aに入った相談のlineの返信を添削させて頂いてからは対象者とAの関係は良くなっていき、良好な関係に進んだところで工作員が対象者に復縁を後押しする言葉を掛け、対象者からAに『復縁してみる?』というlineが入り、復縁工作が成功した事例になります。

  • ※復縁工作の成功事例はコチラから

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

何故LINEがよまれないのか?復縁したい相手は何を想う?... 元恋人に送ったLINEが既読にならない為、連絡手段がなくなったと復縁屋...
女性がもらってウザく感じるメール8選... 付き合っていた頃なら許せていたけれど、別れて他人になった段階で、メール...
手紙?line?元彼(元彼女)に気持ちを伝える時の誤解し易い事... 謝罪する時に電子ツールと手書きの手紙、どちらが効果があると思うか?とい...
復縁したい相手がlineのブロックを解除してきた…何故?... 復縁したい相手がある日突然lineのブロックを解除してきた… 別...
手紙を書けば気持ちが伝わると思い込む... 相談者の方々から手紙を書いて元カレ・元カノに気持ちを伝えたいと...
復縁したい時にどんなlineを送る?lineの送り方を間違えれば復縁できない... 復縁したい時に一番身近なツールとなったlineを使って元恋人にメッセー...