パートナーを別れさせたい…復縁成功例

相談者 ユキオさん(仮名)
年齢 31歳 バツイチ
地域 島根県
職業 建設業
希望 復縁

依頼者のお客様(以下:依頼者)は結婚後即同居をしましたが、復縁したい相手(以下:対象者)が姑であるお義母さんとのソリが合わず離婚を申し立てられ、依頼いただいた段階で離婚から3ヶ月が経過していました。

夫婦生活での会話が減っていた事からも妻が不倫をしていたのではないか?という疑いもあり、まずは所在の判明と不倫疑惑の成否を調べる事になりました。

復縁調査の結果、対象者は離婚後に依頼者と住んでいたマンションから10キロほど離れた所に住んでおり、その近くのお店でアルバイトをして生計を立てている事が判明しました。

勤務時間は昼過ぎから閉店まで、業務内容は接客と販売で、料理教室に通っている事も判明しました。仲の良い男性の存在は確認出来ましたが既婚者であり、その男性と会う際も夫婦と3人で会う程の仲から不倫関係に関しては疑問があり、それ以外の男性との関与というモノはありませんでした。

接触の方法としては、そのお店に通う事で顔を覚えてもらうというシンプルな形をプランの中に組み込みます。

この工作では対象者より少し年下の女性工作員を使う事で、対象者と同じバツイチというプロフィール設定で挑みました。バツイチ設定の理由としては、自分とシチュエーションが似ている人の方が心を打ち解けやすいという心理的状況を簡易的に作り出している事にも繋がります。

復縁工作の際には対象者に合わせた工作員を選定をし、選定した工作員を対象者と同様の状況に作り込んで接触というのは良くある手段です。対象者への接触の内、一番最初はお店に行き、オススメの商品について尋ね、少しづつそのお店に興味がある。そのお店のお得意さんになりそうだ。という形を作っていき少しづつ顔を売っていきます。

一回目からインパクトを与えるケースもありますが、このケースでは少しづつインパクトを与えていき馴染みの客となっていく事を目的とし、人間関係を構築していく事で時間を使います。「以前も接客してくださいましたよね。すごく丁寧な方だったから覚えちゃいました」と客を装いながら接触をする事で対象者にも不自然な事なく顔見知りとなる事が出来、接触の最初の段階は成功します。

対象者と接点が持てた後は、復縁について働きかける事が出来る位の関係、つまり友人関係になるフェーズになり、お店に通うだけではただのお客さんと店員の関係で終わってしまいますから深い話しをお店内でしようとしても対象者が話して来ませんからお店の外で会う必要があります。

対象者の近くに元々住んでいる人物を装い、街中で偶然会うというシチュエーションを作ります。常連という形をとり、お店の中でも簡単な会話をしていた為に、挨拶程度の会話であればすでにしていたので事前に復縁調査で調べた情報を元に対象者の趣味に合わせた会話に持っていく事や友人関係が薄いという事を逆手に取り、連絡先を交換しプライベートで会う事が可能になります。

対象者と友人・知人関係になる事は、相手にメリットを与える事や、何がメリットになるのか?という事が分かれば実際そんなに難しいことではありません。連絡先を交換し話しを聞き出すことで対象者と依頼者の結婚生活の裏側が垣間見えます。

依頼者の話しと対象者との話の間に実は相違があったことに工作員は気付きます。実際はお義母さんとの関係はそこまでソリが合わなかったのではなく、依頼者自身の問題があり、それが原因でお義母さんとの関係もギクシャクしていったと言う話しでした。

対象者は依頼者の帰宅が遅いことから夫婦の営みが減って来ていたのですが、それが原因でお義母さんと顔を合わせることが気まずくなり、それを何度言っても理解してくれない依頼者との夫婦生活に先はないと見切りをつけて離婚に踏みきったのでした。そういった事を相談していたのが仲の良い夫婦の男性でした。

依頼者自身がそれに気付かず、母と妻との関係が悪いモノだと勝手に解釈をしていただけだという事実を知った工作員が担当者に報告をし、その旨を依頼者に報告します。

仕事の都合で夜が遅くなり、夫婦の会話が減っていたという事を思い出した依頼者は自身の問題点に気付き、その部分の改善は復縁した後には絶対に守るつもりだという約束をし、工作員は対象者に「相手はもしかしたら誤解しているかもしれないから、もう一度話した方がいいのではないか?」という提案を投げかけてみる。

「自分の事はもう忘れている」と言う対象者にお酒の力を借りて試しに電話をしてみようという言葉を出させ、勢いに任せて依頼者に電話をさせ昔話を咲かせる事に成功した後は対象者との関係を築きながら依頼者へ復縁アドバイスを行い、急速に二人の距離を縮めていく形をとりました。

工作員、依頼者、対象者の3人で食事をしている間も「なぜ離婚しているのか?が分からない」といった言葉を発し、復縁を意識させていく事で少しづつ距離を近づけさせます。復縁する事に抵抗があった対象者に対して最後の一押しをする為に工作員と対象者とで食事をする際にも、踏ん切りがつかない理由が自分勝手すぎるとの事でしたので「男女の関係は自分勝手で良いんだ」という説得をし、復縁成功する事となりました。

弊社によって別れさせ成功し、浮気・不倫相手との関係を断ち切らせ、復縁成功した過去の事例を掲載させて頂いています。復縁したいのに浮気相手が邪魔だ…という方の為に、どのように関係を再構築できたのか?別れさせ工作の依頼者に特別に許可を得て掲載させて頂いています。※プライバシー保護の為、若干の修正が加わってしまっている箇所があります。

その他の復縁工作成功例

婚約が破綻  復縁工作成功例001 

自分の浮気が原因で離縁  復縁工作成功例002

大学時代に付き合っていた彼と  復縁工作成功例003

冷めた夫婦間  復縁工作成功例004

突然別れを切り出された  復縁工作成功例005

結婚に対する価値観の違いから…  復縁工作成功例006

アルバイト先の彼との復縁  復縁工作成功例007

子供を連れて実家に帰った妻との復縁  復縁工作成功例008

遠距離恋愛から復縁  復縁工作成功例009

妊娠したかも…で距離が離れて復縁  復縁工作成功例010

風俗嬢との復縁 復縁工作成功例011

SNSで知り合った年下の彼女と 復縁工作成功例012

年下の彼女との復縁 復縁工作成功例013

夫の不倫が原因からの復縁 復縁工作成功例014

結婚を意識していたが… 復縁工作成功例015

相手の居所が分からない所からの復縁 復縁工作成功例016

同窓会で再会した彼と… 復縁工作成功例017

年の差カップルの復縁 復縁工作成功例018

婚活で知り合った男性との復縁 復縁工作成功例019

ナンパで知り合った彼女との復縁 復縁工作成功例020

婚活で知り合った男性との復縁 復縁工作成功例021

婚活で知り合った男性と結婚間際で関係がこじれた 復縁工作成功例022

不倫相手と夫が出て行った状態からの復縁 復縁工作成功例023

姑との仲が悪く関係悪化からの復縁 復縁工作成功例024

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作ジースタイル