冷却期間について

別れてから元カレ・元カノと連絡を取らない期間を冷却期間と呼びます。冷却期間を設ける事で怒りを冷ます事や寂しさ等を誘発させる事から復縁テクニックの一種の様に捉えられますが、冷却期間の最中に、ただ時間を空けてしまうだけでは冷却期間は元カレ・元カノの気持ちが完全に離れてしまう事もあり、一般的な冷却期間の相場は1か月から3ヶ月位を目途に考えられていますが、復縁の専門家は冷却期間を良しとしません。

一般の方が冷却期間を設けて距離を置こうと考える間もアクションを起こし、復縁に近づけていくのが復縁の専門家の考えであり、時間が空けば元カレ・元カノに新たな恋人が出来てしまうかもしれない…という危機感を持たなければなりません。

冷却期間が必要でない理由

冷却期間を復縁の専門家はあまり良しとしません。理由としては冷却期間を自分に都合の良い様に考えてしまい、本当の意味での冷却期間の有効的な活用方法を理解せずに冷却期間を設けようとする方達が多いのです。

復縁したいけど連絡したらまずいんじゃないかな…良し!!この期間を冷却期間としよう!!!

今冷却期間を置いている人の多くはこういった考え方の元に冷却期間を設けているのではないかと思いますが、この考えで冷却期間を設けるのは間違いです。

冷却期間は結果として冷却期間が空いて良かったのかもしれない。と考えるモノであって、冷却期間を空けようとして空けるモノではないのです。

冷却期間を空けようとする人の考えは「相手が怒っている」「相手が冷静になって欲しい」と他力本願な考えから冷却期間を設けますが、その間に元カレ・元カノは他の新しい恋人を作る様に行動を起こしてしまう事もあり、復縁したいと望むのであれば冷却期間は空けないにこした事はないのです。

冷却期間の有効な使い方

冷却期間が空いている間にやらなければならない事は復縁に向けた自己改善等、復縁活動の為に自分を高める事を目的として時間を有効利用しなければなりません。

冷却期間を友人・知人へ復縁したいと愚痴を言っている事や冷却期間中に復縁活動を一切怠り、何もせずに時間が過ぎてある日突然ラインやメールで連絡を取ろうとする人もいるのですが、ただ時間を浪費しているだけで復縁に繋がる事は「運」の要素に頼ってしまう事になります。

運が良ければ復縁出来れば良いや…という考えであれば、この冷却期間の空け方は間違ってはいませんが冷却期間の空け方を有効活用する事で運の要素だけではなく復縁に向けた確かな手応えを感じる事にも繋がります。

冷却期間中にやるべき事

冷却期間中にやらなければならない事は、何故元カレ・元カノと別れてしまったのか?何故自分達は上手くいかなかったのか?という事を見直し、見直した部分を客観的に判断する事で別れの本当の原因を見出し、別れの本当の原因の改善と同時に自分の長所、短所を見直さなければなりません。

長所、短所を見直した後は復縁に向けて何をするべきか?を考え、復縁に向けてやるべき事を考えた後は実際に行動を移します。

行動に移して冷却期間が終わった頃には元カレ・元カノから「以前とは別人の様だね」と言われる事が冷却期間の目的になる為、冷却期間中にやるべき事は現状の理解や現状把握、そしてそういった情報を元に改善していく事が重要です。

冷却期間の目的

冷却期間は復縁したい相手と会わない間に如何に自分が成長出来るかどうかという事がポイントになります。

元カレ・元カノと離れて自分が成長した姿を見せる為の期間が冷却期間になるのですから、最初から冷却期間を1ヶ月空けようという目標を掲げたのであれば、その1ヶ月の間に自分が変わる努力をしなければなりません。

結果的に自分が変わったという部分を元カレ・元カノに見せる事が冷却期間の目的ですから、ただイタズラに期間を空ければ相手が許してくれるのではなく、自分が変わった事をアピールする為の期間なので満足いくほど変わったと元カレ・元カノからも認められる為の期間が冷却期間でもあるのです。

その為、人によって冷却期間の取り方はやらなければならない事がまちまちな為、冷却期間の期間も人それぞれによって異なり、結果的に自分が変われた期間を示すのが冷却期間なので冷却期間の期間は後から前述した様に後から冷却期間が空いていたと気付くのです。

誰が誰の為に冷却期間を設けるのか?この部分を間違えて認識してしまえば復縁が近づく事はありません。

復縁したいから復縁屋をもっと知りたいとお考えの方、復縁屋をお探しの際は参考にして下さい。 復縁工作で復縁したいを叶える為に復縁屋に相談したい方は参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作ジースタイル