ストーカーと復縁について

復縁したいから相手に付き纏う事は法律上認められていません。付き纏い行為を判断するのは自分ではなく相手が判断する事であり、復縁したいから元カレ・元カノの家に行った。復縁したいから元カレ・元カノの職場に行ったという事は相手の感じる恐怖心という部分からストーカーと認識されかねません。

復縁とストーカーの判断基準は自分ではなく、相手にあるという認識の元に行動を起こさなければ自分はストーカーをしているつもりはないけれど元カレ・元カノがストーカー扱いして警察に通報してしまった。というケースも多々あります。

相手が恐怖心を抱くかどうかがストーカーと認定されるかどうかの基準であれば、恐怖心は自分が与えてしまうかどうかという判断をしなければなりません。

元カレ・元カノがあなたの事をストーカーだと判断した場合、それは恐怖心を感じているからに他なりませんし、恐怖心を与えるという事は復縁に向けて進んでいるのではなく嫌われる為の行動になってしまいます。

ホラー映画のゾンビは自分の事を怖いという認識はありません。

怖がるのはゾンビに追っかけられる人間です。ゾンビが何かをした訳ではなくても怖いのは「今後何かをされるかもしれない」という恐怖心があるから怖いのです。

ストーカーは家や職場に来られるのが怖いのではなく、今後家や職場に来られて何かをされるかもしれない。という見えない恐怖が怖く、その為、防衛手段として警察等に訴える形となるのです。

復縁したいとストーカーは全く異なりますが、一線を画してしまえば復縁したいという気持ちがストーカー扱いされてしまいます。ストーカー扱いされるという事はいくら元カレ・元カノの事を好きだとしても相手は同じ様に思っていないという事になり、それが分からない様であれば復縁活動は即刻中止にしなければなりません。

⇒復縁の仕方をもっと知りたい方は復縁ブログを参照下さい

復縁したいから復縁屋をもっと知りたいとお考えの方、復縁屋をお探しの際は参考にして下さい。 復縁工作で復縁したいを叶える為に復縁屋に相談したい方は参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作ジースタイル