身内の薬物依存を離脱させたいなら別れさせ屋ジースタイル
  • 覚醒剤を使い親族が薬物依存になっている事に気付いている。
  • 覚醒剤を使い親族が薬物依存かもしれない…と疑っている。
  • 近所の目や親族への被害に耐えられない…
  • このままだと本人の人生も、自分達の人生も先が見えない…

先の見えない未来をどうにかしたい…とお考えなら薬物離脱についてご相談下さい。

覚醒剤依存をしている状態を辞めさせたいけれど、辞めさせられない…

いくら辞めて欲しいと懇願しても声が届かない…

覚せい剤を辞めさせる方法は何かないか?と探しても相談にのってくれる所は少なく、ダルク等の施設に入れる事が出来ない…

自ら薬物を辞めたいと使用者本人が考えなければ覚せい剤を含めた薬物から抜け出させる事は出来ません。

自然に覚醒剤をやめる決意をさせたい…とお考えなら弊社では覚せい剤を含めた薬物離脱をさせる特殊工作を請け負っています。

覚醒剤は放っておけば依存度が高まり、使用期間が長くなれば長くなる程、薬物からの離脱は難しくなります。

時間が経てばきっと自分で分かってくれる…という甘い考えを周囲の方々が持ってしまい、自発的に本人の意思で薬物を辞めたいと待っていれば体を薬物が覆い、薬物から抜け出す事が叶わなくなります。

時間が解決してくれると思った結果、依存度が上がってしまえば刑務所と社会の行き来をする事もあり得ます。

覚醒剤を辞めさせる方法には家族の支え、恋人の支え、友人の支えが必要だと言われています。

しかし、家族がいくら支えようとしても仕事や家事の目を離したすきに…

恋人が『自分の事を考えているなら辞めて欲しい』と懇願しても薬の魔力に憑りつかれてしまい、友人が『友達をこのままなら辞める』といっても離れている間に…と薬物依存の特に覚醒剤依存を直す方法は莫大な労力と時間を費やさなければなりませんが薬物を使用した経験がない方には薬物の本当の怖さが分かりません。

莫大な労力と時間を掛けても薬物依存から抜け出せないのが覚醒剤の怖さになります。

こういった薬物依存との決別を本人が求めているケース、本人が求めていないケースがあり、誰にも被害を与えていない、犯罪には手を染めているのは分かっているけど誰にも迷惑を掛けていないのだからいいじゃないか!!!と考える使用者や本当はやってはいけない事が分かっていながら辞められない…と悩んでいる使用者もいます。

使用者本人は悩めば悩むほど楽になりたくて薬物に手を染めてしまう負の連鎖を自らの意思で歯止めを利かせる事は出来ません。

どうにもならず使用期間が経ち、薬物依存の身体は薬物をいつまでも求める体へとなってしまいます。

薬物に対する依存度が高まり、覚醒剤と切っては切れない関係を家族や友人、恋人が遠巻きから見ていればいつまでも薬物を辞めさせる事は出来ません。

覚醒剤と決別させるにはどんな方法があるのか?

どこに相談すれば良いのかが分からない…という方はお気軽にご相談下さい。