別れさせ屋に依頼した事がバレてしまったんですけど依頼出来ますか?というご相談がここ最近増えてきています。

他社に別れさせ工作の依頼をして依頼した事がバレてしまったけれどどうにかしたい!!というご相談になるのですが、そもそも依頼した事がバレてしまうのは何故!?という点が同業者として気になります。

別れさせ屋に依頼した事がバレるケースは依頼者経由以外に考えられないのですが、ここ最近頂く別れさせ屋に依頼した事がバレてしまったケースは依頼者経由ではなく別れさせ屋経由であるケースばかりになります。

なぜ別れさせ屋経由で依頼した事が対象者にバレてしまうのかは甚だ疑問ですが、ある日突然対象者から『お前別れさせ屋みたいなを依頼しただろ!!』と言われてしまい、別れさせ屋から何も報告がないまま対象者から問い詰められてしまい対象者に完全にバレてしまい、途方に暮れて弊社にご相談頂くケースが増えました。

本来別れさせ工作は依頼者との繋がりを対象者に知られる事はありませんし、別れさせ屋は依頼者との繋がりを完全に消して工作を進めていきます。

別れさせ工作が下手な別れさせ屋は依頼者との繋がりを疑われる様な方法を取りますが、方法を提案させて頂く段階で依頼者が疑われる様な部分が残る方法はまず提案しません。

依頼者が疑われれば依頼者の本来の要望が叶わない事にも繋がり、別れさせ屋は依頼者の要望を叶える為に別れさせ工作の依頼を請ける訳ですから別れさせ屋経由で依頼者の事がバレる様な事はあってはならない事とも言えるのです。

基本は別れさせ屋に依頼した事がバレないのは大前提ですが、ここ最近なぜか別れさせ屋に依頼した事が別れさせ屋経由でバレて弊社にご相談頂くケースが増えてきました。

他社で依頼した事がバレて弊社にご相談頂く方は増えたのですが、実際のところ他社でバレた状況をお聞かせ頂かなければ他社でどの様な形で別れさせ屋に依頼した事がバレたのか分かりませんし、バレた。と一言で言っても取り返しのつかないバレ方なのか、取り返しのつくバレ方なのか分からないので依頼を承れるかどうかの判断はつきません。

バレずに成功するのが一番ですが、バレて失敗した場合、依頼出来るかどうかの判断は状況をお伺いしてみなければ分かりません。

他社に依頼した事がバレた時はご相談下さい。

他社に依頼した事がバレた場合、依頼した事がバレた事を打ち消す工作を事前に行った後に別れさせ工作を行う事も弊社では可能になっています。

依頼した事がバレた場合、何故バレたのか?が分かれば、バレた事を取り繕い、疑いが掛かっている状態を過去の話にさせる心理誘導が可能です。

バレた事をバレたままにしておけば要望が叶わないどころか依頼者にとって不利益な状況に陥ってしまいます。

しかし、バレた事を過去の事に出来ればバレた事を利用して別れさせ工作を進める事も可能になるのです。

別れさせ屋経由でバレてしまった方々は別れさせ屋経由でバレたから…と諦める方々が多いのですが、バレた時のピンチをチャンスに変えるのも別れさせ屋が現場でやっていれば出来る事もあり、他社に依頼していた事がバレていてもピンチをチャンスに変えて別れさせ工作を進める事は可能です。

他社に依頼した事がバレた時はお気軽にご相談頂ければと思います。

本当にバレてしまったのか?それとも実は相談者の思い過ごしなのか?

悪質な別れさせ屋の中には『対象者にバレたので継続不可能になりました。』と対象者にバレた事を理由に別れさせ工作をやらずにお金だけを詐取する別れさせ屋もあります。

悪質な別れさせ屋は対象者にわざとバレる様な手口を使い、依頼が続行不可能の形を取るケースもあります。

過去に他社で依頼した事が対象者にバレて弊社に別れさせ工作の依頼を頂いたケースでも対象者に接触して話を聞き出してみると明らかに不自然な形で対象者にバレていたケースもあり、別れさせ屋が意図的に対象者にばらしていた事が分かったケースもありました。

他社に依頼して対象者にバレたという理由で契約が打ち切りになっていた別のケースでは対象者にバレておらず、依頼者がバレたと早合点して契約を打ち切ったケースもあります。

別れさせ屋の依頼が本当に対象者にバレたのか?それとも実は依頼者の思い過ごしなのか?

他社で依頼して対象者にバレた依頼者が弊社にご依頼頂けば判明する事でもあります。

最初から依頼した事がバレる前提の方法を提案する別れさせ屋もあります

最初から依頼した事がバレる前提の方法を提案する別れさせ屋もあり、ハニートラップを提案する別れさせ屋にありがちです。

他社で依頼した事がバレた事によって逆ギレ状態でバレたのは相談者のせいでバレたから損害賠償金を払え!!と要求された相談も多数頂いてます。

バレる前提の方法を別れさせ屋は提案し、バレた事で依頼者にお金を請求し、まるで非がない依頼者が別れさせ屋の架空請求詐欺の被害に遭ってご相談を頂き、困っていた相談者も存在します。

最初から依頼者が疑われる前提の工作方法を提案する時点で問題ですが、別れさせ屋に提案された方法がバレる事に気付かない相談者も問題です。

冷静に判断できない状態で別れさせ屋に依頼するモノではありません。

バレたから損害賠償金を払え!!と請求されるなんて嘘のような話しですが、別れさせ屋に依頼する時は冷静な判断が出来る状態で依頼する様にご注意下さい。

弊社では過去に一度も依頼者がバレる様な方法を提案した事はありません。

そもそもの話ですが、別れさせ屋に依頼した事は依頼者が対象者に話す事や契約書を見られてしまわない限りバレようがないのです。

別れさせ屋に依頼を検討している方の中には依頼した事がバレてしまったら…という不安を抱えている方も少なくないのですが、依頼者と別れさせ屋の関係を別れさせ屋が口にする事はありませんし、バレようがないのが別れさせ屋との契約です。

対象者に工作員が接触して依頼者の名前を口にする話の流れはどんな話の流れになるのでしょうか?

対象者に工作員の口から依頼者の名前を伝える機会はありませんし、依頼者の契約書を工作の現場に持っていく事もありません。

別れさせ工作は対象者2人を別れさせる工作ですから、対象者2人の間に依頼者の存在が出てくる事自体ないのです。

別れさせ屋に依頼しても対象者にバレないのは当たり前の事

別れさせ屋に依頼した事が対象者にバレてしまうのではないか?という不安を感じてしまい、依頼するのに抵抗がある方も中にはいます。

面談時にバレない理由を説明させて頂くと皆様が『あー…それはバレようがないですよね?』と口にしますが別れさせ屋に依頼する前や相談する前は依頼した事がバレないか?をとても気にされます。

弊社でも過去に依頼した事がバレたケースはありますが、依頼した事がバレた理由は全部依頼者経由になり、依頼者が対象者と関りのある人間に『別れさせ屋に依頼しようと思っている』と話していた事が対象者に伝わってしまいバレてしまったケースや契約した際に双方で管理する契約書を対象者に見られてしまった事、弊社の担当者とのやり取りを対象者に見られてしまったケースや対象者に弊社に送るlineの内容を送ってしまった事等があります。

別れさせ屋に依頼した事を依頼者自身が対象者にバレる様な行動からバレてしまったケースはありますが、弊社にご依頼頂いてから一度たりとも調査員や工作員経由でバレたケースはありません。

別れさせ屋に依頼した事がバレない理由はバレない様に恋愛工作を進めるからでもありますが、綿密な計画を立てた通りに別れさせ工作を行えば別れさせ屋に依頼した事は別れさせ屋経由でバレようがないのです。

別れさせ屋に依頼した事がバレてしまうのでは?という不安を抱えて別れさせ屋に依頼出来ない…という方は参考にして頂ければと思います。

別れさせ屋に依頼した事をバラす!!と言って脅迫する悪質業者もあります。

別れさせ屋に依頼した事が何故別れさせ屋からバレるのか?を考えた際に、別れさせ屋の調査員や工作員が下手な調査や工作を行っていたからという理由を挙げる方もいます。

探偵業法は個人情報の漏洩について厳しく明記されており、例えば依頼者の友人が弊社に依頼者の事で話を聞きたいとお問い合わせ頂いてもご依頼頂いた事自体お答えする事はありません。

友人でなくても両親、兄弟等の身内であっても依頼頂いた事をお答えする事はありませんし、唯一お答えさせて頂くのは依頼者が何かしらの事件を起こした時や事件に巻き込まれた時に警察からの問い合わせにはお答えさせて頂いています。

個人情報の漏洩をしてしまえば探偵業は運営できなくなり、別れさせ屋も運営できなくなる事から別れさせ屋経由で依頼者の事がバレる事はないのです。

しかし、中には悪質な別れさせ屋もあり、別れさせ屋に依頼した事をネタに強請を行う別れさせ屋も存在します。

探偵会社が別れさせ屋として運営している場合、探偵業の認可の問題もある為、別れさせ屋に依頼した事をバラす様な探偵会社はありませんが、探偵業の認可がない別れさせ屋の場合、認可問題を気にせず別れさせ屋と名乗る為、必ずしも別れさせ屋が依頼した事をバラさないとは限りません。

別れさせ屋に依頼する前に依頼する別れさせ屋には探偵業の認可があるか、ないか?を確認しておけば別れさせ屋経由で依頼した事がバレる恐れのある別れさせ屋に依頼しない為の防衛策にもなります。

別れさせ屋の工作員からバレる事って本当にあるの?

別れさせ屋の工作員から依頼者の事がバレる事って本当にあるの?という疑問を持つ方や実際に他社に依頼した事が対象者にバレたので弊社にご依頼頂いた方は後を絶ちません。

正直に申し上げて、工作した事がバレる別れさせ屋というのは意味が分かりません。

なぜ別れさせ屋に依頼した事がバレるのかは疑問でしかないのですが実際に他社に依頼して、依頼した事がバレてご相談頂くと『えっ!?そんな方法でなんで契約したんですか???』という方が少なくないのです。

話を聞いていると別れさせ屋の工作員が提案した方法は最初から破綻しており、提案された方法に耳を澄ませると『そりゃバレますよ…』という方法を提案されています。

別れさせ工作を実際に行っている者からすれば、バレる事が前提の方法で接触してバレない訳がないのですから依頼者も別れさせ屋もどうかしてる…としか思えない様な方法でお互いに納得しているのです。

工作員の接触段階から不自然な接触を行い、不自然な接触後は不自然な会話の流れ、不自然な工作、対象者が疑うのは当然ですし、疑う相手は依頼者しかないのですから疑いを持つなという方が不思議で仕方ない方法で契約を交わしています。

疑われて仕方ない方法で契約してれば別れさせ屋の工作員からバレるのは当然です。

最初からバレる前提の工作方法を提案する別れさせ屋に依頼したのですから別れさせ屋が悪いというよりも、そんな別れさせ屋に依頼した依頼者が悪いのではないでしょうか?

別れさせ屋の調査員経由でバレる事ってあるの?

以前にご相談頂いた方から聞いた話ですと、調査員経由で依頼した事がバレたケースがあり、弊社にご依頼頂く事となりました。

対象者を尾行していた調査員が尾行して怪しまれた対象者に問い詰められ、調査員の身分証等を対象者に抑えられてしまい、調査員が依頼者の事を話してしまったという相談者がいました。

調査員が対象者にバラしたケースは探偵業の認可がある別れさせ屋になり、探偵業の認可があっても絶対にバレないという訳ではありません。

ランキングサイトで上位にランキングされている別れさせ屋の失態でしたが、調査員が尾行している事がバレるだけで問題なのに依頼者の事をベラベラと話してしまう事も問題です。

調査員経由で別れさせ屋に依頼した事がバレるケースは稀であり、珍しいケースではありますがバレてしまったので弊社にご依頼頂きましたが、他社の調査員が対象者にバレてしまっていた為、調査段階からとてもやりづらく、必要な情報の入手も必要以上に手間を掛けなければならない案件となっていました。

調査技術のない別れさせ屋も多数ありますので警察OBの指導等がホームページに書かれている際も、ホームページに書かれている言葉だけで安心して依頼した結果、対象者に別れさせ工作を行う以前にバレてしまうケースもある為、ご注意下さい。

別れさせ屋に依頼した事は普通はバレないけど普通じゃないのが別れさせ屋

別れさせ屋に依頼した事は普通はバレません。

尾行している対象者に疑いを持たれる様な調査方法は取りませんし、別れさせ工作を行う際に工作員経由で対象者にバレるなんて以ての外です。

しかし、普通が普通ではないのが別れさせ屋の業界でもあり、当たり前に考えたら、普通に考えたら、という言葉を出せない別れさせ屋は多いのです。

例えば、回数制の別れさせ屋は回数保証等を口にしますが、対象者が人間である以上、当初想定していた回数通りに進むわけがないのは当たり前であり、普通です。

当たり前であり普通の事を普通を理解している別れさせ屋なら提案する事はありませんが、2020年は回数制の別れさせ屋の方が増えています。

そして回数制の別れさせ屋は『回数契約ではない別れさせ屋は契約しても稼働しないんです。』と口にします。

契約をしたら稼働するのは当たり前、契約を交わしたら調査や工作をするのが普通。という事を理解していないので普通を分からない別れさせ屋はとても多いのです。

普通を分からない別れさせ屋が多いのでバレる様な方法を提案してもバレる事が分かりません。

バレる様な方法を提案する別れさせ屋は最初から言っている事が普通ではないのです。

普通にしてたらバレない事を普通が分からないのでバレてしまう別れさせ屋は多いので十分にご注意下さい。

バレる別れさせ屋に依頼する依頼者は料金を気にする人

バレる別れさせ屋に依頼する人の共通点は別れさせ屋に支払う料金を気にします。

もちろんお金は大切ですし料金は安いに越した事はありません。

しかし、料金ばかりを気にしたり、保証を求めるばかりで方法よりも料金を優先する人はバレる別れさせ屋に依頼して後悔します。

バレる別れさせ屋に依頼して依頼した事がバレて弊社にご依頼頂く方々は皆一様に『最初から御社に依頼すれば良かった…あの時は冷静じゃなかったんです…』と口にします。

どんなに弊社がブログで回数制の別れさせ屋にはご注意下さい等の呼びかけを掲載させて頂いても料金を気にする人の目には止まりません。

回数の保障をしてくれるから、稼働してくれる回数が決まってるから騙されないと思って…と口々にしますが、目的を達成させる事が主軸ではなく、悪質な別れさせ屋に騙された時の被害を極力少なくしたいという点に主軸を置いてしまいます。

悪質な別れさせ屋の餌食に一番なり易い方々の考えそのものであり、料金ばかりを気にして方法を疎かにするので何回稼働するのか?一回当たりの稼働料金は幾らなのか?という点を気にして成功させるかどうかは二の次になっている事に気付きません。

当然の事ですが、稼働すれば料金を消化できる回数制の別れさせ屋は回数を消費させる事に重きを置くのですから調査員の質が悪くても一回は一回なので素人同然の調査をしてバレるのも当然です。

対象者に絶対にバレようがない【依頼しても動かない別れさせ屋】もあります。

余談ですが、依頼しても一切稼働しない別れさせ屋もあり、一切稼働しないので対象者にバレようがない別れさせ屋もあります。

バレる、バレない以前の問題ですが依頼しても一切稼働しなければ別れさせ屋に依頼した事がバレようがありません。

一切稼働しない別れさせ屋は論外ですが、中には悪質な別れさせ屋の口先だけで『対象者にバレたので失敗しました。』という言葉を信じてバレようがないのにバレたから契約が終了したという別れさせ屋も中にはあります。

依頼しても動かない別れさせ屋は対象者にバレようがないのですが、依頼しても稼働しない別れさせ屋と契約した依頼者に契約内容を拝見させて頂きましたが当然探偵業法違反の契約書になり、探偵ですらなく、別れさせ屋を名乗っているだけの別れさせ屋でした。

依頼しても動かない別れさせ屋もどきとのご契約には十分にご注意下さい。

別れさせ工作がバレる別れさせ屋は実働してるから優良なの?

別れさせ工作がバレる別れさせ屋を実働しているからバレる訳だし、実働してない別れさせ屋と比べたら優良だ!!と考える人もいます。

別れさせ工作がバレて実働しているから優良と考えるのは考えが浅はかすぎて掛ける言葉もありません。

バレる=稼働している。と考えるのではなく稼働するのは当たり前と考えられないのですから、バレる別れさせ屋が優良だと勘違いしている相談者は救いようがありません。

バレる別れさせ屋は優良な別れさせ屋ではなく別れさせ工作の経験がないのに別れさせ工作をしている別れさせ屋なので本当に優良な別れさせ屋とは比較するレベルにない事を忘れてはいけません。