別れさせ屋ジースタイル

別れさせ屋に依頼した事がバレてしまったんですけど依頼出来ますか?というご相談がここ最近増えてきています。

他社に別れさせ屋工作の依頼をして依頼した事がバレてしまったけどどうにかしたい!!というご相談になるのですが、そもそも依頼した事がバレてしまうのは何故!?という点が同業者として気になります。

依頼した事がバレるケースは依頼者経由以外に考えられないのですが、ここ最近頂く依頼した事がバレてしまったケースは依頼者経由ではなく別れさせ屋経由であるケースばかりになります。

なぜ依頼した事がターゲットにバレてしまうのかは甚だ疑問ですが、ある日突然ターゲットから『お前別れさせ屋みたいなを依頼しただろ!!』と言われてしまい、別れさせ屋から何も報告がないままターゲットから問い詰められてしまいターゲットに完全にバレてしまい、途方に暮れて弊社にご相談頂くケースが増えました。

本来別れさせ屋工作は依頼者との繋がりをターゲットに知られる事はありませんし、依頼者との繋がりを完全に消して工作を進めていきます。

別れさせ屋工作が下手な別れさせ屋は依頼者との繋がりを疑われる様な方法を取りますが、方法を提案させて頂く段階で依頼者が疑われる様な部分が残る方法はまず提案しません。

依頼者が疑われれば依頼者の本来の要望が叶わない事にも繋がり、依頼者の要望を叶える為に別れさせ屋工作の依頼を請ける訳ですから別れさせ屋経由で依頼者の事がバレる様な事はあってはならない事とも言えるのです。

普通は依頼した事がバレないのは大前提ですが、ここ最近なぜか依頼した事が別れさせ屋経由でバレてしまった…と、弊社にご相談頂くケースが増えてきたのです。

他社で依頼した事がバレて弊社にご相談頂く方は増えたのですが、実際のところ他社でバレた状況をお聞かせ頂かなければ他社でどの様な形で依頼した事がバレたのか分かりませんし、バレた。と一言で言っても取り返しのつかないバレ方なのか、取り返しのつくバレ方なのか分からないので依頼を承れるかどうかの判断はつきません。

バレずに成功するのが一番ですが、バレて失敗した場合、依頼を承れるかどうかの判断は状況をお伺いしてみなければ分かりません。

他社に依頼した事がバレた時はまずご相談いただく事をお勧めしており、他社で依頼した事がバレた場合、依頼した事がバレた事を打ち消す工作を事前に行った後に別れさせ屋工作を行う事も弊社では対応可能ですが、依頼した事がバレた場合、何故バレたのか?が分からなければバレた事を取り繕い、疑いが掛かっている部分を誤解だと認識させる心理誘導を行うのは難しくなってしまいます。

バレた事をバレたままにしておけば、別れさせる事は叶わないどころか依頼者にとって不利益な状況に陥りますが、バレた事を誤解だと認識させればバレた事を利用して人間関係を構築し、別れさせ屋工作を円滑に進める事も方法次第では可能になるのです。

他社に依頼して別れさせ屋経由でバレた方々は別れさせ屋経由でバレたので、もうこれ以上何をしても無駄かもしれない…と諦める方々も多いのですが、バレた状況をチャンスに変える事も弊社では方法の一環として提案させて頂けます。

他社に依頼していた事がバレてもピンチをチャンスに変えて別れさせ屋工作を成功させたい方はバレた状況を詳しくお聞かせいただければ方法をご提案させて頂けます。

依頼した事がバレたケースは多数存在します。

本当にバレたので他社の依頼が中断したのか、実は依頼者の思い過ごしでバレてないのにバレたかも!?と考えただけなのか、実際のところは分からないケースも中にはあり、悪質な別れさせ屋の中には『ターゲットにバレたので継続不可能になりました。』とターゲットにバレた事を理由に別れさせ屋工作を勝手に中断し、返金せずに契約の続行不可状態を作り、何もせずにお金を詐取する別れさせ屋もあります。

悪質な別れさせ屋はターゲットにわざとバレる手口を使って、ターゲットに気付かれたので依頼者を諦めさせようとする手口を使う事も確認されており、以前に他社で依頼した事がターゲットにバレて弊社に別れさせ屋工作の依頼を頂いたケースでもターゲットに接触して話を聞き出してみると明らかに不自然な形でターゲットに接触した為にバレていたケースもあり、意図的にターゲットにばらしていた事が分かったケースもありました。

他社に依頼してターゲットにバレたという理由で契約が打ち切りになった別のケースではターゲットにバレておらず、依頼者がバレたと早合点して依頼者が契約を打ち切ったケースも相談事例としてあります。

依頼者としては依頼した事に後ろめたさを感じてしまい、必要以上にターゲットの動向に敏感になり、本当にターゲットにバレたのか?実は依頼者の思い過ごしなのか?の判断がつかなくなっている事もあります。

他社で依頼してターゲットに別れさせ屋工作の依頼をした事がバレたと思い込んだ際は弊社にご依頼頂けば判明する事でもあります。

最初から依頼した事がバレる前提の方法を提案する別れさせ屋もあり、特にハニートラップを提案する別れさせ屋にはありがちなケースになります。

他社で依頼した事がバレて、別れさせ屋から逆ギレ状態でバレたのは依頼者のせいだし、バレたから損害賠償金を払え!!と要求された相談も多数頂いてます。

ハニトラでバレる前提の方法を使い、バレた事で依頼者にお金を請求し、まるで非がない依頼者が架空請求詐欺の被害に遭ってご相談を頂き、困っていた依頼者も存在します。

最初から依頼者が疑われる前提の工作方法を提案する時点で問題ですが、提案された方法がバレる事に気付かない相談者も問題ですが、別れさせや復縁で悩んでいる状態なので冷静に判断できない状態だからこそ提案された方法がバレる事に気付かない依頼者も少なくないのです。

バレたから損害賠償金を払え!!と請求されるなんて嘘のような話しですが、依頼する前に冷静な判断が出来ない状態ではバレる方法は勿論ですが、失敗する前提の方法になっている事にも気付かなければなりません。

依頼した事をバラす!!と言って脅迫する悪質探偵社もあり、依頼した事を理由に強請を行う別れさせ屋も存在します。

探偵社が運営している別れさせ屋の場合、依頼した事をバラす探偵社はありませんが、探偵業の認可がなく個人や探偵業ではない別れさせ屋もどきに依頼するとバラされる弱味を握って脅迫されるケースも過去には事件としてあったので注意しなければなりません。※別れさせ屋を自称した畑中杜志亜容疑者が脅迫未遂で逮捕

弊社では過去に一度も依頼者がバレる様な方法を提案した事はありません。

そもそもの話ですが、別れさせ屋に依頼した事は依頼者がターゲットに話す事や契約書を誤って見られない限りバレようがないのです。

依頼前は依頼がバレたら…という不安を抱えるのも分かりますが、依頼者との関係を別れさせ屋が口にする事はありませんし、どうやってもバレようがないのが別れさせ屋との契約です。

ターゲットに工作員が接触して依頼者の名前をターゲットに話す事があるでしょうか?

どんな話しの流れで依頼者の名前をターゲットに出すと想像しますか?

別れさせ屋工作を成功させる目的で依頼を請ける別れさせ屋なら依頼者と工作員の繋がりを示すものは何一つありませんし、ターゲットに依頼者の事が別れさせ屋の工作員経由でバレる理由gあないのです。

ターゲットに工作員の口から依頼者の名前を伝える機会はありませんし、別れさせ屋工作の契約書を工作現場に持っていく事もありません。

別れさせ屋工作はターゲットと工作員、依頼者は無関係の状態で進める工作ですから、ターゲットに依頼者の存在が工作員経由で出てくる事自体ないのですからバレる理由がないのです。

別れさせ屋に依頼してもターゲットにバレないのは当たり前の事であり、ターゲットにバレてしまうのでは?という不安を感じて、依頼に抵抗を感じる方もいらっしゃいますが、弊社にご依頼頂いて別れさせ屋に依頼した事をバレたケースは過去に一度もないのです。

面談時にバレない理由を説明させて頂くと皆様が『あー…それはバレようがないですよね?』と口にしますが、ネット情報等を参考にしていると別れさせ屋に依頼した事がバレたという書き込みをよく見かけます。

依頼前や相談前は依頼がバレないか?をとても気にされますが、どんな方法であっても別れさせ屋が意図的にバラそうとしなければ別れさせ屋に依頼した事はバレようがないのです。

弊社で過去に依頼がバレたケースはありますが、依頼がバレた理由は全て依頼者経由でバレてしまい、依頼者から弊社に連絡が入り、ターゲットにバレてしまいました…という報告を頂くケース以外にありません。

例えば過去のバレた事例では、依頼者がターゲットと関りのある人間に『別れさせ屋に依頼しようと思っている』と話していた事がターゲットに伝わってバレたケースや契約後に契約書をターゲットに見られてバレたケース、担当者とのlineのやり取りをターゲットに見られたケースや、に弊社に送るlineの内容をターゲットに送ってバレたケース以外にバレたケースは存在しません。

依頼者がターゲットにバレる行動を取ってバレたケースはありますが、一度たりとも調査員や工作員経由でバレたケースはありません。

依頼がバレない理由はバレない様に別れさせ屋工作を進めるからでもありますが、計画通りに別れさせ屋工作を行えば別れさせ屋経由でバレようがないのです。

依頼がバレてしまうのでは?という不安は弊社にご依頼頂けば一切必要のない心配であると断言出来ます。

調査員や工作員からバレる事って本当にあるの?

調査員や工作員から別れさせ屋に依頼した事がバレるケースって本当にあると思いますか?

普通に別れさせ屋工作をすればバレるはずのない事が何故他社ではバレるのか?

それは、調査段階から回数を決めて稼働したり、回数を決めて接触方法を決める為、明らかに不自然な調査や工作を行わなければならないので調査員や工作員が無理な調査や工作をすれば調査員や工作員からバレる事も考えられます。

例えば10回稼働の契約で別れさせ屋工作の依頼を承った時に依頼を成功させようとすれば限られた契約回数内で成功させる様に稼働するのですから、調査で一回でも空振りをすれば次の調査や工作に空振り等の負担が後回しになっていき、調査員や工作員経由でバレる可能性が出てきます。

一度失敗すれば回数の上限が決まっているのですから上限範囲で成功させようとすれば失敗する可能性を恐れれば無理矢理な調査や工作を行う為、バレるリスクが発生します。

他社でここ最近依頼した事がバレる相談が増えて来た理由は契約方法が回数制の別れさせ屋が増えたという理由も少なからず影響しています。

回数制の別れさせ屋の増加と共に弊社には他社に依頼してバレた相談が舞い込み、他社の尻拭い案件の様な依頼を頂く機会が増えてきたのです。

他社に依頼した方からの話しを聞くと提案された方法は最初から破綻しており、その方法を実行に移せば調査員や工作員に無理をさせるのですからバレるのは必然という方法を提案されています。

別れさせ屋工作を実際に行っている側からすれば、バレる前提の方法となり、調査員や工作員に過度な要求をする契約方法では、工作員の接触段階から不自然な接触を行い、不自然な接触後は不自然な会話の流れ、不自然な工作となる為、ターゲットが疑うのは当然ですし、疑う相手は依頼者しかいないのでバレないと思う方が不思議な方法で契約を交わしている方が大変多くいらっしゃいます。

疑われても仕方ない方法で契約すれば工作員からバレるのは当然であり、最初からバレる前提の工作方法を提案された際にもすぐに契約をするのではなく一旦保留にして契約を焦らない事をお勧めしています。

以前には、ターゲットを尾行していた調査員が尾行して怪しまれたターゲットに問い詰められ、調査員の身分証等をターゲットに抑えられてしまい、調査員が依頼者の事を話してバレてしまったという他社に依頼した方からのご相談もありました。

ランキングサイトで上位にランキングされている別れさせ屋の失態でしたが、調査員の尾行がバレるだけで問題なのに、バレた後に問い詰められて依頼者の事をベラベラと話してしまう事も問題です。

調査員経由でバレるケースは稀で、珍しいケースではありますがバレてから弊社にご依頼頂きましたが、他社の調査員がターゲットにバレていたので人員を通常よりも多く使い、調査段階からやり辛く、成功したもののバレた事で必要以上に手間が掛かった案件となりました。

調査技術のない別れさせ屋も多数ありますので警察OBの指導等がホームページに書かれている際も、ホームページに書かれている言葉だけで安心して依頼した結果、ターゲットに別れさせ工作を行う以前にバレてしまうケースもある為、ご注意下さい。※弊社は警察OB指導の元に調査を行う別れさせ屋や復縁屋になります。

依頼した事は普通はバレないけど普通じゃない別れさせ屋は少なくない。

普通は尾行しているターゲットに疑いを持たれる調査方法は取りませんし、別れさせ屋工作中に工作員経由でターゲットにバレるなんて以ての外ですが、その普通の事が出来ない別れさせ屋も残念ながら大変多くあるので別れさせ屋に依頼してもバレないというのが通じない別れさせ屋も実際に多いのです。

契約をすれば稼働するのは当たり前という常識を覆す別れさせ屋も多いので、テレビに出てようと雑誌に出てようと、芸能人とタイアップしてようと普通では考えられない失敗をする別れさせ屋も少なくありません。

過去には『現在張り込み中でターゲットは出てきません。』というリアルタイムの報告を売りにしている別れさせ屋からの報告を受けながら、依頼者の目の前をターゲットがたまたま通り過ぎたという他社で依頼していた依頼者からのご相談を承った事もありました。

調査をしていると報告しているにも関わらず調査出来てない別れさせ屋があり、別れさせ屋の存在をバレているのに気付かずにターゲットから依頼者に『おかしな事があったけどあなたのせいでしょ?』と依頼者が問い詰められたというケースも存在します。

バレる方法を提案する別れさせ屋は普通では考えられない事を提案しますし、普通ならバレない事を普通が分からないのでバレてしまう別れさせ屋も存在するので十分に注意しなければならないのです。

バレる別れさせ屋に依頼する人は料金を少しでも安くして依頼したいと考える人に多く、あまりにも相場よりも安過ぎる別れさせ屋に依頼すると、稼働しないかターゲットにバレるかのどちらかにしかなりません。

もちろんお金は大切ですし料金は安いに越した事はありませんが、常識的に考えてあまりにも相場よりも安い料金の別れさせ屋に依頼する為、調査も工作もとてもお粗末なものになり、依頼が失敗するだけならまだしも、取り返しのつかない方法を使うのでバレた後にリカバーを掛けられない状況になってしまうケースも過去には存在しました。

バレる依頼をしてバレてから弊社にご依頼頂く際に『最初から御社に依頼すれば良かった…あの時は冷静じゃなかったんです…』と口にします。

相場よりも安い料金や回数制で回数の保証を求めるから結果としてバレてしまう様な事になり、お金を気にし過ぎて普通ではない事に気付かなければバレてしまう事や失敗する事もあるので別れさせ屋の選び方から注意しなければなりません。

依頼しても一切稼働しない別れさせ屋もあり、一切稼働しないのでターゲットにバレようがない別れさせ屋もあります。

バレる、バレない以前の問題ですが依頼しても一切稼働しなければ依頼した事がバレようがなく、一切稼働しないで『ターゲットにバレたので失敗しました。』という言葉を信じるしかない状況になって稼働してないのでバレないのにバレたから契約終了という別れさせ屋もあります。

依頼しても動かない別れさせ屋はターゲットにバレようがないのですが、バレる、バレない以前の別れさせ屋もある事を忘れてはいけません。

別れさせ屋工作がバレる事はないのはご理解頂けると思いますが、それでも別れさせ屋に依頼した事がバレた方からのご相談やご依頼は急増中です。

別れさせ屋に依頼しても普通はバレないのですが、普通ではない別れさせ屋も増えたのでバレる事が増えてきたのです。

バレる、バレないを考えるのは別れさせ屋に依頼する上で重要な事ではなく、バレないのが当たり前で、バレるのが異常なのです。

バレる、バレないの当たり前の事を別れさせ屋に問い合わせても『バレないですよ。』と答えるのはバレないのですから当たり前で、バレる、バレないを心配して別れさせ屋を選んだり、依頼を検討する前に別の個所を気にして業者選びで悩む事をお勧めします。

本当に別れさせ屋選びで悩んでいる方にはセカンドオピニオンとして弊社のご活用をして頂ければと思います。※別れさせ屋のセカンドオピニオンとしての活用もご利用頂いてます。