別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ屋に依頼するなら少しでも料金を抑えて依頼したいと思うのは人の常ですが料金の抑え方について考えてみて下さい。

  • 広告費を削って少しでも料金を抑えれば料金を抑える
  • 人件費を削って少しでも人材を遣わなければ料金を抑える
  • 工作員のレベルを案件によって使い分けるから料金を抑える
  • レンタルオフィスを借りて経費削減して料金を抑える
  • フリーダイヤルを使用せず経費削減して料金を抑える
  • …etc

料金を抑え方が上記理由であった場合、料金を抑えて依頼出来るかもしれないと考えるかもしれません。

しかし、恋愛工作で大部分を占める人材に対する料金を抑えた場合、料金は抑えられるかもしれませんが成功率に関してはどうなるでしょうか?

依頼を検討している時に気にして頂きたいのが別れさせ工作の方法になり、工作方法で料金や成功率が変動するのです。

例えば、対象者が男性で男性に女性を接触させて疑似浮気をするハニートラップを別れさせ屋が提案した場合、A社が提案した方法は女性工作員まどか(仮名)を対象者に直接接触させる方法の場合、工作員の人員はまどか(仮名)だけになります。

まどか(仮名)が対象者と接触してハニートラップが成功するならA社が提案する方法は費用を最小限に抑えている事が分かります。

次にB社が提案した方法は男性対象者に同性工作員ゆきお(仮名)を接触させ、ゆきお(仮名)の紹介で女性工作員さなえ(仮名)を男性対象者に接触させる方法の場合は2人の工作員を要しますから、B社の方法はA社よりも料金が高くなります。

同じハニートラップの方法でもA社とB社では工作方法が異なり、費用は1人よりも2人活用する為、倍の費用が掛かります。

安い料金で成功率を求めるなら稼働日数を少しでも削減させながら成功させる方法が求められますからA社、B社のハニートラップとは異なる方法を提案する事で成功率を上げる事や料金を抑える方法を提案させて頂けます。

仮にハニートラップの方法で工作員の実働が20回必要だと考えられる別れさせ工作を行う際に料金を一回5万円として計算すると100万円の費用が掛かってしまいますが、ハニートラップではない工作方法を提案する場合、工作員の稼働が10回で済む方法があるとしたら料金を抑えて成功させる事が出来ます。

単純に半分になるので5万円の10回なので50万円の費用で収まり、20回の方法と10回の方法で同様の成功率があるなら10回の方法で別れさせた方が効率的になります。

仮に50万円の方法を2つの業者に依頼した場合、100万円の業者一社よりも成功率が高くなる計算になります。

料金が安いから成功率が低いと考えるのではなく少しでも高い成功率を求める方は参考にして頂ければと思います。