別れさせ屋ブログ

別れさせ屋には別れさせ工作はつきものであり、別れさせ工作の方法をとても気にする人はとても多いのです。

『どうやって別れさせるんですか?』というご相談内容は非常に多いのですが、どうやって別れさせるのか?という質問がどうやって接触するんですか?という質問としてご相談いただく方はとても多くいらっしゃいます。

どうやって接触するのか?と、どうやって別れさせるのか?は、全くの別物ですが、どうやって別れさせるのか?という質問に電話番号の交換方法やlineの交換方法が頭から離れず、一番気にしなければならない部分を気にしない方が大変多くいらっしゃるのです。

接触をすればターゲットを別れさせられる訳ではなく、電話番号やlineの交換をしたから別れさせられる訳ではありません。

別れさせ屋の中には連絡先を聞き出す為だけに『タクシー(恋人の車や家)に携帯電話を忘れたから電話を貸して下さいませんか?』とターゲットに女性工作員を接触させて連絡先を入手する方法を提案する別れさせ屋もあり、連絡先を交換した後に電話を貸してくれたお礼を装って連絡する手口を使う別れさせ屋は連絡先を入手する事を最優先し、別れさせる方法は後回しである事が分かります。

連絡先を交換すれば依頼者にとっては連絡先を交換したから工作を進め易いし、成功するかも!?と思うかもしれませんが不自然な形で連絡先を交換しても不自然な出会いの形なのでそれ以上の関係を築く事が出来ません。

例えば、ターゲットが若い男性なら若い女性工作員を接触させて電話番号を入手する方法は有効ですが、その後にどんな工作を行うかでこの電話番号の入手の仕方で工作が失敗に終わるケースは多々あります。

別れさせ工作の接触方法を気にする人にしてみれば有効な方法の一つでもありますが、接触方法だけ気にしても依頼者様の望む要望には届きません。

工作員がターゲットと連絡先を交換すれば成功するかのように認識してしまう依頼者様は多いのですが工作員がターゲットと連絡先を交換したところで別れさせ工作が成功する事には繋がりません。

連絡先の交換だけを目的とする方法なら上述した方法でも高い確率で成功しますが、別れさせ工作を行うにあたって上述した方法で連絡先を交換したところで成功率は低下します。

依頼者様が求める成功率が接触出来るのか?という点に重きを置く方も多く、別れさせられるのか?について重きを置かれる方はあまりいらっしゃいません。

接触方法はあくまでも接触方法になり、接触する方法は外出をする前提であれば幾らでもやりようがあります。

連絡先の交換も、あなたが誰かと初めて会って連絡先を交換する事を考えていただけば決して難しい事ではないと気付くと思いますが、昨今の日本の風潮では他人とのコミュニケーションを取る機会が減った為、他人との連絡先の交換に対してとても難易度が高い事をやると思っている様です。

連絡先の交換は普通のコミュニケーションが取れる者同士であれば難しいものではなく、連絡先を交換した後の方が別れさせ工作は難しいものになっています。

別れさせ屋に依頼する人はコミュニケーションの難しさを実感している方々が多いので連絡先の交換に対して難しく考えるのですが、人間が外出する以上、連絡先を交換する機会は必ずと言って良いほどありますし、そこを難しく考える様では別れさせ工作が成功する目処を立てられないのと同様です。

別れさせ屋が工作の接触方法や連絡先の交換についての説明しかしない場合、別れさせ屋側も接触方法や連絡先の交換が難しいと考えているので、その先にある別れさせ工作を成功させるという目的には辿り着いていない可能性もある事を念頭に入れて別れさせ屋に相談して頂ければと思います。