別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :S 29歳 東京都 対象者①との関係:元彼女
  • 対象者①:Y 30歳 東京都
  • 対象者②:R 28歳 東京都

Yと3年付き合った末に好きな人が出来たと別れを告げられたSさんは結婚適齢期になり突然Yから捨てられ目の前が真っ暗になるほど落ち込んだとの事でした。

3年の付き合いは短いものではなく、Yとの交際は順調だと思っていたSさんにとってRの存在はとても邪魔な存在になり、Rがいなければ年内には花嫁になれていた…とRへの怒りと共に、どうしても復縁したい気持ちが強く、Yとの結婚を夢見て別れさせたいと考える様になったとの事でした。

Yと結婚する為にはRの存在が邪魔になり、RがいればYはSさんとの復縁は考えてくれない事から、別れてからSさんの元にYが戻って来るとは限らないけれど、Yと結婚する為にはYとRの破局は不可欠でしたが、ご自身で別れさせる事は出来ないと感じ、別れさせ屋に依頼する決断をされたとの事でした。

3社の別れさせ屋に相談し、3社ともYに女性工作員を接触させて別れさせる提案をされ、金額も別れさせ屋によって異なり、どこで別れさせ屋の依頼を判断するのかについて悩んでいたところ、4社目にご相談頂いた弊社とご契約を交わす事となりました。

Yに女性工作員を接触させて別れさせたとしてもYが工作員に関心を持ってしまい、Sさんの元に戻ってこないのではないか?という心配が強く、目的はYと結婚する為に復縁したいので女性工作員をYに接触させる方法ではなくRに工作員を接触させる方法を提案した方法の提案が依頼する決断を後押ししたとの事でした。

S様と面談させて頂いて、YとRを別れさせる為に工作の方法について説明させて頂く際にどれだけYを好きで結婚を真剣に考えていたのかについても語って頂きました。

元々はS様がYに一目惚れし、何度もアプローチをかけて交際まで漕ぎ着けた末に結婚まで辿り着きそうだ…という状態で他の女性に大好きなYを取られてしまった状態の為、表情には心なしか力がなく、この世の終わりかの様な表情をされていた印象があります。

S様はYを傷付けたくない気持ちと取り戻したい気持ちが混ざり、Yを傷付けたくないけどYには別れて欲しいという葛藤も抱えた表情であった事も印象的でした。

Yを傷付けたなら復縁してその傷を癒すのはS様しかない事を伝えさせて頂き、別れさせ屋工作の契約書を交わす事となります。

着手金をご入金後にRを調査する事から始め、Rの調査中にRの奇妙な動きを発見しました。

通常のターゲットとは異なり、警戒心が強いRには何か警戒しなければならない事情がある事が予測出来ました。

Yと会っている時のRは普通の女性の行動に見えましたが、Yと会っていない時のRは警戒する行動をし、何かを隠している事が分かり、Rが警戒する理由を判明させようと調査に力を入れていきます。

そしてRの調査を継続していくとRの警戒心が強い理由が分かり、Rはストーカー被害に悩まされている事が分かりました。

Rのストーカー被害をYは気付いていない様で、Yにがストーカー被害に遭っている事が伝わってしまうともっとRを守りたいと考えさせてしまう可能性もあり、その場合、RとYの距離が近付いてしまう恐れがある為、ストーカーしている男性を救う工作員をストーカーに接触させ、ストーカー被害からRを守る役目を工作員が行いました。

吊り橋効果の様な形が取れ、連絡先の交換を男性工作員とRが行い、Rは男性工作員からの誘いを断りづらい環境を作り出します。

下心がない男性工作員とRが食事に行き、会話を楽しむ時も調査で得た情報とストーカーからの恐怖を語ってくれる事で関係が急接近します。

彼氏なのに頼れないYに申し訳なさという気持ちを持たせる事に成功しましたが、それでRとYの関係が壊れる事はもちろんなく、Rの退勤後に偶然を装って男性工作員を接触させて関係を近付かせて更に人間関係の構築に進めました。

ストーカー被害に遭っている事を知っている男性工作員がRに怖いなら途中まで一緒に帰宅する様に提案し、その提案に甘えたRとの距離がグッと深まっていき、Rに対するハニートラップが成功しつつありました。

Yとの関係について愚痴を吐く事が増えたRからは彼氏だけどストーカー被害に遭っている事が言えなかった事に交際を継続していてもどこかで頼ってはいけない形になってしまう事に気付き、男性工作員との関係が深まっていきYとの関係に亀裂が入ってYとの交際は破局に向かった別れさせ屋工作の成功事例になります。

S様のご依頼で掛かった料金・費用は90万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

S様の案件はたまたま調査の過程でRがストーカー被害に遭っている事が判明して、それを利用して別れさせ屋工作が成功した事例になり、S様の要望通りYを傷付ける事なくRとの別れを演出する事が出来た案件になります。