復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁工作の失敗例の中には依頼者からの情報を見誤り、復縁工作が失敗に到るというケースがあります。

依頼時に予算の都合から、依頼者から調査を省いて欲しいとの要望で依頼を受け、失敗しても構わないという状態で契約を結んでしまった為に、復縁工作に到らずに復縁工作が失敗してしまいます。

成功する可能性があるのか、失敗する可能性が高いのか?

対象者の情報が少ない状況で復縁工作のご依頼を承ってしまい、実際に復縁工作を行う際に対象者が張り込み場所に一切現れず、復縁工作員と対象者が接点を持つ機会を持てずに失敗してしまいます。

復縁屋によっては依頼者の情報が有るなら事前調査は必要ないので接触しましょう!と、依頼後スグに接触を勧める復縁屋もあります。

依頼者によっては都合が良い言葉ですが、少し考えてみて頂きたい事があります。

情報の真意について調べる事無く接触して大丈夫なのか?という事です。

お持ちの情報が合っていると思い込む危険性

例えば依頼者が復縁屋に全てを任せて何とかしてもらおう!!と考えている場合や、復縁屋との契約料金を少しでも安くさせる為に虚偽の情報を復縁屋に流すケースもあります。

別れに至った原因が依頼者から聞いていた情報と全く異なり、難易度も遥かに高いのに、契約料金を安く済ませる為に簡単に復縁出来そうだ…と復縁屋に思わせる事で、契約は成立するけれど、実際に復縁工作を行った際に上手くいかずに失敗…

復縁工作が上手くいかずに失敗した結果が取り返しのつかない事態になり、永遠に復縁は望めない…という状況を安易に考えている復縁屋に作られてしまえば、情報の真偽を確かめずに接触した復縁屋にも責任があります。

本当に正しい情報なのか?を調査するから、復縁屋は復縁の可能性の裏付けを得られます。

裏付けで得られた情報を元に、復縁の可能性を最大限に引き上げる業務が復縁屋の業務になりますが、情報が正しくなければ、復縁の可能性自体が怪しい事にも繋がります。

復縁の可能性の裏付けがない復縁工作を行った結果、依頼者と復縁したい相手の関係性が取り返しのつかないものになり、単純に失敗しただけなら次にもう一度復縁に挑めば良いのですが、次に復縁に挑む機会すら失ってしまう事もあります。

復縁屋が復縁工作を失敗する一つの例として、情報の真偽に対する疑いを持たずに失敗するケースがありますが、復縁したい人からすれば取り返しのつかない失敗は望むべき事ではないと考えます。

元恋人と連絡がとれる情報が新鮮な状態でも失敗するケース

元恋人と連絡が取れるなら情報は最新のものであり、復縁工作の依頼を請け負えば、情報が新しい為、比較的簡単に復縁成功する可能性もあります。

元恋人と連絡が取れるなら、復縁への後押しを復縁工作で出来ます。と、復縁工作の営業をする復縁屋も多いのですが、弊社では復縁工作をせずに復縁成功できないか?という方法をご提案させて頂きます。

連絡が取れるなら、元恋人から少なくとも生理的に嫌われている訳ではない事が考えられます。

生理的に嫌われていない状態なら、復縁工作の依頼を請けなくても対応次第で復縁の可能性を作り出す事が出来るので復縁工作の営業は必要ありません。

依頼者がお金を出して復縁を目指すのではなく、自分の力でどうにか復縁に持って行ければ一番の理想ですが、復縁工作で復縁すれば、工作員の力で復縁したので、復縁後、再度の別れに繋がる可能性が高くなります。

再度の別れがスグに起きてしまえば、復縁する意味がありません。

スグに別れる復縁は、弊社では復縁失敗を意味します。

復縁は一瞬の縁が戻る事を指すのではなく、縁が戻った先の結婚などを視野に入れた未来を踏まえて成功と言います。

依頼者と対象者が縁を取り戻した直後の別れは復縁失敗と弊社では分類されます。