別れさせ工作
別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :Y 44歳 東京都 対象者①との関係:元夫
  • 対象者①:F 42歳 東京都
  • 対象者②:R 43歳 東京都

離婚した元妻と復縁したいのですが、元妻には離婚してから付き合っている男性がいるので再婚したいと言えない状況になります。

子供からはパパも一緒に暮らそうと言われて、私としてもまた家族で暮らしたいなと思っているのですが元妻の彼氏の存在があって悩んでいます。

元妻と子供達とまた一緒に暮らして家族を幸せにしてあげたいと思っています。

元妻の彼氏と別れさせてもらい、私達家族が幸せになる様にご協力願えますでしょうか。

元妻の彼氏の事はほとんど分かりませんが、たまに子供達と会う時に話しを聞いたりします。

今のところは一緒に暮らしたりはないようですが、最近は元妻と子供達が住む家に来る頻度も増えて来たみたいで先々では一緒に暮らそうとしてくるかもしれません。

私では元妻を別れさせる方法が分からないので別れさせ屋に依頼しようと決断させていただきました。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様は対象者①と再婚を求めており、子供達からも一緒に暮らしたいと言われて再婚する気ではあるけれど、対象者②の存在に気付いて再婚の話しを出せずにいる状態で再婚を求める子供達の声や再婚したいという依頼者様の気持ちで悩み抜いてご依頼頂く事になりましたが、対象者②の情報は全くなく、子供達から聞く話し以外に分からないので対象者②の特定から始めなければなりませんでした。

子供達の話しでは対象者②は頻繁に家に来るようになっているとの事でしたから対象者①の家を張っていれば対象者②が来る事も分かっている為、特定するのは容易でしたが対象者②の情報収集がとても困難でした。

対象者②の仕事は個人事業主のSEで自宅からはほとんど出ず、対象者②と対象者①がどうやって知り合ったのかすら疑問が付く位に外出をほぼしませんでした。

外出しないのでどんな生活をしているのかを確認していると、対象者②は実家暮らしの様で何度か張り込みをして初めて実家暮らしだと分かる場所だったので対象者②の行動調査に手間を掛けなければなりませんでした。

対象者②の調査に手間を掛けなければならなくなった事を知って依頼者様と打ち合わせをさせて頂きましたが、対象者②の情報はほとんどなく情報収集をしなければ何も出来ない事もご理解頂けたので焦る気持ちはもちろんあったと思いますが我慢して情報収集させて頂く以外にありませんでした。

対象者②の情報収集に時間を掛けなければならなくなりましたが、キチンと調査の手間を掛けて情報収集をした事が結果的に功を奏し、工作員の接触も手間は掛かりましたが無事に成功し、ほとんど家から出ず、家から出る時は対象者①の家に行くだけの対象者②と連絡先も交換出来、外での接触はなかなか出来ませんでしたが電話やlineを使って接触し、心理誘導を進めていく内に対象者②は新型コロナウイルスをとても警戒するタイプで実家住まいの為、あまり外出したくない事も分かり、新型コロナウィルスに対する警戒心を対象者②には向上させる様に仕向けました。

対象者②の情報収集が終わり、対象者①にも工作員を接触させて新型コロナウイルスについての認識を聞き出すと子供はあまりマスクの着用をさせていない事から、あまりコロナに対する警戒心がない事が分かり、実家住まいで両親の年齢を考えるとコロナを警戒しなければならない対象者②と子供を自由にさせてあげたいと考える対象者①の認識の差を広げていく事で価値観の違いを作り出す様に心理誘導していきました。

新型コロナウイルスを利用した心理誘導は既婚者同士でも離婚に進むケースも多く、新型コロナウイルスに対する価値観の違いを与える事で結婚や同居は難しいと認識させる方法はコロナ禍では有効に活用される方法でもあります。

年齢が若い世代には効きづらいのですが対象者①と対象者②は年齢的にも効果のある年齢ですし、実家暮らしという状況も新型コロナウイルスの警戒心を上げる事にもなり、コロナを利用した別れさせ屋工作の方法には適切な環境でもありました。

対象者①に接触した工作員が子供達を利用してコロナの話しをしていくと、対象者①の中でもコロナに対する認識が対象者②とは異なる事を薄々は気付いていた様で、コロナを必要以上に警戒している対象者②と後々の事を考えさせる様にシフトさせていきました。

依頼者様にも子供から連絡が来た時にはコロナの警戒心を強く持ち過ぎない様に話す様にして頂き、子供達はパパの言う事を聞いてくれていました。

あまり子供に押し付けない様にする事で子供達からは好かれ、対象者①にしても賛同する人がいる事で対象者②に強く言える事もあり、対象者②には工作員がコロナの警戒心を上げる様に賛同する人がいる為、双方の意見がぶつかり、コロナが落ち着くまでは2人共会わないという話しになりました。

コロナの終わりが見えない中、唯一の安らぎの場であった対象者①の家に遊びに行く事が出来なくなったRはストレスを抱えて工作員に愚痴をこぼすようになり、価値観の違いがあれば一緒にいるのは難しいし、子供が大きくなる最中に会えなければ子供からの信頼も得られなくなる事を会話の中で盛り込んでいき、対象者①との別れに誘導していった事が成功した別れさせ屋工作の成功事例になります。

Y様のご依頼で掛かった料金・費用は110万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

依頼者様は対象者①と再婚したいというのが目的でしたが、対象者②と対象者①が別れてから依頼者様がアプローチしたのかどうかは定かではありません。

別れさせ屋工作の途中で子供達を使ってコロナの認識で対象者①と価値観は似ている様に仕向けたので依頼者様がそういった優位性を活用して再婚目的で対象者①を口説き落とせれば再婚出来るチャンスも残した別れさせ屋工作でした。

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント