別れ工作
登場人物

依頼者:Tさん 既婚30代女性 東京

対象者:Tさん 既婚30代男性 東京

元々結婚したくなかった女性手と同情で結婚してしまいました。

付き合っていた時に別れ話をすると夫が泣いてたので、同情で結婚して結婚生活が上手くいかない事を身をもって体験してくれれば別れてくれるだろう。という軽い気持ちで結婚したとの事でした。

交際時もですが、結婚してからもほとんどセックスレス状態で、旦那がセックスをしようとする度に怒り、そうやって手を出してくるなら離婚する!と脅す生活を繰り返し、結婚生活も5年に差し掛かっても一向に離婚しようとしない夫にほとほと疲れてしまったとの事でした。

離婚したい事を遠回しに伝えても離婚はしない。という言葉ばかりで離婚に応じない旦那にほとほと愛想が尽きてしまい、夫が家に帰ってくるとすぐに自室にこもり、夫との夫婦生活は一切ない状態にして完全に夫婦関係は破滅している状態を3年ほど作り出したとの事でした。

子供もいない状態でセックスレス状態で、夫が家に帰って来ても一切相手にしない状態を貫いていると、段々と夫に対する嫌悪感が強まっていき、声を聞いたり顔を一瞬でも見ようものなら吐き気を催すまでに至ってしまいました。

ある日、夫の声が聞こえてしまい、トイレで嘔吐していると夫からは妊娠したのか?不倫しているのか?と問い詰められ、『あんたの声が聞こえたから気持ち悪くなったんだ!!』と怒りながらも本当の事を伝えると、夫からは『ざまーみろ!』と言われてしまいました。

夫は夫で夫婦関係が破滅している事に腹を立て、結婚したら態度を変えてくれるかもしれないと期待していたものを裏切られた為、絶対に離婚しない事が復讐になると考えて離婚しない決意をした事が後々明かされました。

夫から『別れさせ屋にでも依頼して離婚させてみろ!』とまで言われて完全に夫婦関係は破綻しているものの、離婚しない事が復讐になると考えた夫の言葉を機に別れさせ屋を調べてどうにかして離婚しようと考えたとの事でした。

しかし、夫から別れさせ屋の事を聞いた手前、夫にハニートラップをしても引っ掛からない事が想像出来、ハニートラップを提案してくる別れさせ屋は断り、ハニートラップを否定する別れさせ屋を探していた結果、弊社のホームページに辿り着いたとの事でした。

T様からは本当にどうやってでも夫と離婚したい!!と強い気持ちを感じられ、T様の体調面などの話しを聞かせて頂き、早急に別れ工作を進めて離婚に進めなければ体が持たない事を案じた為、面談で早く別れなければ精神的におかしくなるから助けて下さい。という言葉に二つ返事で依頼を承る事となりました。

料金

Tさんの別れ工作の料金は135万円の着手金+成功報酬20%で承り、別れ工作は成功致しました。

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント