恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域N様 大阪
契約期間と料金4ヶ月の契約 140万円 成功報酬30%
復縁したい状況復縁成功の可能性が分からない状態から復縁

N様とターゲットの交際が始まりは婚活パーティーでの出会いがキッカケとの事でした。
結婚願望が強かった為に様々な婚活パーティーに足を運んだ中で一目惚れをし、交際に到ったターゲットと交際したのは4か月程度でターゲットから突然の別れを切り出され、納得がいかなかったN様はターゲットに怒りをぶつけてしまい、連絡先を全てブロックされてしまったとの事でした。
結婚を意識していたN様の立場で考えれば突然の別れに慌てる気持ちも分かりますが、弊社にご相談頂いた時にはN様も落ち着いており、なぜ怒りをぶつける様な事をしてしまったのか?について頭を悩ませていました。

冷静になればなるほどN様は自分の言動でターゲットを傷付け、怒らせてしまった事に気付き、自分の身勝手な言動を後悔して弊社にご相談頂いた様でしたが、状況的にもとても悪く、復縁工作をしても成功する見込みがあるのか分からない状態で復縁工作のご依頼をいただく形になりました。
復縁工作が成功するか分からない理由の一つに突然の別れを切り出された理由が全く分からず、N様から話しを聞いてもなぜ別れを告げられたのかサッパリ分からない程、理由に見当がつきませんでした。
ターゲットへ束縛するでもなく、デート中はとても楽しく明るい性格のターゲットとお互いに楽しめていたとの事で、話しを聞けば聞く程、N様が別れを告げられた理由の予測が出来ず、成功するのか失敗するのかの見込みが立てられませんでした。

しかし、N様は何もしなければ復縁は無い事と、連絡手段が全て閉ざされた状態の為、自分では何も出来ない事を理解していた為、藁にも縋る気持ちで復縁工作の依頼をするしかないという状態の様でした。
ターゲットとの関係等、交際期間にあった出来事も細かくお伺いさせて頂き、復縁工作の方法は状況に合せてその都度打ち合わせしていく事で合意し、復縁工作の契約書を交わす事となりました。
情報を元にターゲットを調査し、まず考えられる原因の一つである他に気になる異性が出来た点を調べる形を取りました。
しかし、ターゲットが異性交遊をする事もなく、ターゲットは平日は職場と会社の往復で実家住まいの為かどこにも寄らずに定時で帰る生活を送っていました。

実家暮らしのターゲットに通勤、退勤の際に接触するのは難しく、休日を利用して外出する際に接触する以外に方法はありません。
接触の仕方にもよりますが、休日を待ってターゲットの行動を調べると一週目はターゲットは外出せず、二週目もコンビニに行く程度で部屋着の様な格好で外出する姿を見ただけになりました。
平日は会社と家の往復で休日は家からほとんど出ない生活になりますが、接触の為に待機していた工作員が不自然な事に気付きます。
実家住まいのはずのターゲット以外に自宅から誰も出て来ない事に気付き、不自然さを感じとりました。

平日の実家の様子を伺ってみると、足腰を悪くしているであろう恒例の女性が出入りしている姿は見えましたが、それ以外の人物が家から出入りしている姿は確認出来ず、N様から伺っていた話しでは両親とも健在のはずが父親らしき人物の姿は確認出来ませんでした。
自宅内の状況が分からない為、工作員にセールスマンのフリをさせて自宅の情報を聞き出す方法を取り、上手くいけば話しを聞き出せる程度で行ったセールスマンの作戦が成功し、状況確認をする事ができました。
ターゲットの家庭は数か月で激変し、父親が不倫相手と一緒になると言って出て行ってしまった事と、そのショックで母親の気がおかしくなり、ターゲットは精神体に少しは落ち着いて来たものの余裕がなくなって彼女と別れたという話まで聞き出す事に成功しました。

そこまでの情報を聞き出す事が出来るとは露程にも思っていなかった為、ビックリしたと同時にターゲットが1人で寂しい時間を過ごしているであろう事にも気付き、N様に報告させて頂くとターゲットが辛い状況にも関わらず追い詰めるような事をしてしまった為、別れに到ってしまった事を後悔するN様の気持ちは伝わりましたが、同時に復縁を成功させる方法も提案する事が出来ました。
依頼を請けて初めて復縁の可能性が見えてきた部分であり、同じ手法でターゲットに接触する事は出来ませんが、完全に外部要因での別れの為、復縁の芽が見えてきた事で工作員も担当者も俄然やる気が変わって来ました。

退所す屋の状況を知ったのでN様のやる気もみなぎっている事が分かり、協力して復縁を目指す姿勢が整います。
あとは工作員の接触ポイントを探すのみで接触さえすれば心理誘導を行う方法も準備で来た為、接触に備えて調査員が奮闘します。
ターゲットとの接触ポイントがあがってきていなかった為、再度ターゲットの行動を洗い直し、どうにか接触出来る場所と方法を見つける事に奮闘します。
しかし、接触ポイントがなく、別の工作員を接触に考えていましたがセールスで使った工作員を退勤時に接触させ、ターゲットとの関係を構築する手段を用いました。
ターゲットにセールスで使った工作員を接触させると、何故セールスで使った工作員に色々な状況を話してくれたのか?も判明します。

セールスで使った工作員はターゲットの学生時代の親友に顔が似ていたとの事でターゲットの両親とも会った事があるターゲットの親友に懐かしさ等の感情が溢れて来て様々な話しをしてくれた事が分かりました。
ターゲットとの連絡先の交換も出来、N様の依頼は運の要素がとても強かったのですがN様との復縁に向けた心理誘導を進めていき、人間関係を濃いモノにして行きました。
N様との別れについても聞きだしていくと、N様の優しさがN様を苦しめるかと思い、将来を考えた時にN様の時間を奪ってしまいかねない事考えた末に別れをつげた時にN様の怒りを買ってしまい、どうせなら嫌われて別れようと決断した為、連絡も全て途絶える形を取り、N様との復縁を考えてしまう自分い制御を掛けていたとターゲットは口にしました。

傍から聞いていると思いあっている2人が家庭の事情によって縁が切れた2人の様に見え、王索引も担当者もなるべく早い段階で復縁させてあげたいという気持ちで復縁工作を進めていきましたが、ターゲットの闇は深く、スグに復縁を考えるほどの気持ちの余裕もない事が分かり、N様もターゲットが落ち着くまで我儘を言うつもりはないと仰いました。
少しづつターゲットの心が解け始めた状態を工作員も実感していましたが、頃合いを見てターゲットのlineのブロックを解く様に促しました。
踏ん切りがつかないターゲットのlineのブロックを解除させる事に成功させ、N様へ連絡させると、ターゲットにN様からおかえりというメッセージを送らせ、ターゲットからN様にただいまというメッセージが送られ、直後にターゲットからN様に電話をさせる形が取れて復縁に繋がった復縁工作の成功事例になります。

婚活アプリで出会った彼と会えず疎遠になったけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
復縁したい状況婚活アプリで完全に縁が途切れて復縁したい

婚活アプリで出会ったY様とターゲットはメッセージのやり取りをアプリで行い、lineのIDを交換してやり取りを開始します。
初めて会った時にターゲットから告白され付き合う事になったのですが、直接会うのは月に1~2度程度で、毎日lineのやり取りをしていたものの、なかなか会えない事に不満を感じたY様はターゲットに『もっと会いたい』と常に口にする様になり、ケンカも増えて最終的には別れを告げられます。

Y様はターゲットの事を今迄い付き合った事がないタイプと言い、ターゲットへの愛情が過去にお付き合いした方々とは異なっていた事もあり、どの様に恋愛をすれば良いのかが分からなくなっていたとの事でした。
ターゲットへの想いを消し去る事が出来ない事に気付いたY様は復縁を考えますが、ターゲットの連絡先はlineしか分からず、lineはブロックされ自宅も分からず手紙を送る事も出来ない事から復縁屋に頼らざるを得なくなってしまいました。
ターゲットがどこに住んでいるかも分からないのでY様が復縁を望む際に大きな問題が山積みにされていました。

Y様と面談させて頂いた際にターゲットの情報を拝見させて頂きましたが、ターゲットを特定させるのはとても困難な情報しかなく、復縁工作の依頼を請ける前はターゲットを特定出来るのか?が一番のポイントでした。
婚活アプリで出会った方々はお互いの連絡先を交換していないケースや、どこに住んでいるか等の情報が無い等、別れた後に再会するのがとても困難なケースがあり、Y様のケースも婚活アプリにありがちなケースでターゲットがどこに住んでいるのかがY様との復縁で最大の難関でもありました。

頂いた情報を整理し、調査方法についてY様と打ち合わせさせて頂き、張り込みも含めてY様が持っている情報から捜索方法について話し合っていくと、唯一ターゲットを特定させる情報はターゲットの仕事の業種であり、若干珍しい業種でもあった事から業種からターゲットを特定させる調査方法を提案しました。
幸いにターゲットの写真はあった為、ターゲットの写真を頼りに調査をすると時間は予想以上に掛かりましたがターゲットの特定に成功します。

ターゲットを特定後、ターゲットの素行調査を行い、Y様が別れを告げられた原因以外の外部要因がないか?を調査しますが、他に異性の姿がある訳でもなく外部要因が理由で別れた事は無さそうであるという報告をさせて頂くとY様はホッとします。
復縁工作をする為に工作員を接触させる段階まで打ち合わせさせて頂き、別れの原因の裏付けや心理誘導を進めていく事になります。

別れの原因を聞き出しているとY様が考えていた別れの原因とは異なり、他に気持ちが冷めた理由があるとターゲットから聞き出します。
ターゲットへの心理誘導を行う前に別れの原因についてY様と話し合い、Y様が気付かなかった問題点を改善して頂きました。
Y様に問題点を伝えた際に、Y様はハッとした表情をし、自分では気付いていたけれど気にしていない事をターゲットにしていたのが原因で別れに到った事に初めて気付きました。

別れを告げられた理由に気付き、ターゲットとの復縁に真剣に向き合える事が出来たY様の自己改善と同時進行で心理誘導を行い、Y様との良い思い出をターゲットの中で蘇らせます。
Y様との付き合いは決して嫌だった訳ではないけれど、後々を考えたら嫌いになるかもしれないので気持ちが強くなる前に別れを切り出したターゲットはY様との復縁を少しづつ意識していきます。
復縁を意識しだしたターゲットとY様を再会させる為に再会工作をする頃にはターゲットから『lineのブロックを解除するかで悩んでいる』との言葉を聞き出します。

ターゲットから聞き出した言葉で再会工作をして再会させれば復縁はほぼ確実という状態まで作り上げ、工作員を利用して偶然の再会を作り出し、復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。

婚活アプリで出会った彼と連絡出来なくなったけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬10%
復縁したい状況婚活アプリで出会った彼と復縁したい!

婚活アプリで知り合った彼との復縁を望んでいたものの、別れ話の際にお互いに連絡先を消そうという話しになり、全ての連絡ツールを失った状態で3ヶ月が経過したものの、婚活アプリで出会った彼の事が忘れられずに復縁工作のご依頼を頂く事になりました。

ご相談時に頂いていた情報ではターゲット(彼氏)の仕事内容や住んでいる地域や最寄駅を知っている位で、婚活アプリへのログインもなく、M様がターゲットと出会うキッカケを自分で作る事は不可能である事が分かります。

ターゲットと出会う為にはターゲットがどこにいるかを探さなければなりませんし、ターゲットがどこにいるかを見つけるには一般の方には情報が不足している事や時間が足りない事等、状況的には復縁の難易度はとても高い状態でした。

弊社にご依頼頂く際にM様なりにターゲットを探してみたとの事ですが、ターゲットに行きつく事がなく、途方にくれて弊社にご相談頂く事になりました。

ターゲットとの関係性やターゲットと付き合っている時の状態、ヒアリングさせて頂いた時間トータル4時間を掛けて状況把握と情報分析に努めます。

状況把握と情報分析から、復縁の可能性を見出し、別れ話の内容や別れに到るまでの経緯等をお伺いさせて頂き、復縁工作のご依頼を頂きました。M様から頂いた情報を元に婚活アプリで出会ったターゲット探しを行いますが、ターゲット探しは情報不足が原因で難航します。

出勤時間や退勤時間も分からない為、ターゲット探しでは時間をランダムに設定し、張り込みをします。ランダムに張り込みをし、ターゲットを探し出す事に成功した為、ターゲットの行動調査を進めていきます。

行動調査を行う事で判明したターゲットの交友関係があり、友人とターゲットが接触しているところを調査員が目撃し、尾行します。ターゲット達が食事を取っているお店に調査員も入ったところ、たまたま調査員は近くの席に座る事が出来、2人の会話を盗み聞きする事が出来ました。

ターゲットが友人に彼女が欲しいという話しをし、彼女がいない事は判明しましたが、M様の事らしき女性の話題が出て、調査員が耳を澄まして聞いているとM様と連絡を取りたいけれど、連絡手段がなく、連絡する事が出来ない。という話しを聞き出します。

ターゲットから盗み聞きした情報が正しい情報なら、復縁工作員を接触させて、M様とターゲットを再会させるだけで復縁成功に繋がる可能性があります。

ターゲットに復縁工作員を接触させ、過去の恋愛話を聞き出し、恋愛話の中からM様情報を選別し、復縁についてどう感じているか?を聞き出す事に成功しましたが、調査員の話していた内容のままであり、復縁成功率がとても高い事を認識します。

復縁工作員がターゲットから話しを聞き出した際に工作員の知人に探偵がいるので、探偵に調査してもらえるかどうかを相談してみようという話しが盛り上がり、M様を調査してもらう事で話しが進みます。もちろん知人の探偵に頼るという事なのでターゲットから料金をもらう事はありませんし、M様に許可を取ればM様の情報を入手する事が出来るのですから、時間を空けて、不自然にならない様にターゲットにM様情報を流すだけになります。

探偵が調査しているていを作らなければならないので時間を空けてターゲットにM様情報を伝え、ターゲットがM様の元に向かった為、婚活アプリで出会った彼との復縁が成功した復縁工作成功事例になります。

婚活パーティーで知り合った元カレと復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
復縁したい状況復縁工作の依頼をしたいけど予算がない

婚活パーティーで知り合った彼と復縁したいとご相談を頂いたY様からご相談を頂いた際に別れの原因などを含めて3時間程度の復縁相談の後に面談の予約を入れて頂き、状況把握をさせて頂きました。

婚活パーティーで知り合った彼との復縁を望む方には傾向があり、本当に復縁したいんですか?という疑問を持つ事が多々あり、本当に復縁したいかどうか?の判断が怪しい方の場合、ご契約をお断りさせて頂いている為、面談時にはターゲット(復縁したい彼)の情報を頂く前に本当に復縁したいのかどうかを確認させて頂きます。

Y様の中では復縁したい。でも傍から見たら復縁したいのではなく寂しいから、とりあえず戻りたい。

婚活パーティーで出会った相手との復縁を望む場合、後がない、他に出会いがないから復縁したいという方は少なくありません。

出会いがないから一人に固執する事と、本当に好きだから復縁したいというのは異なりますが、本人には中々気付きづらい部分になり、本心から復縁したいのかどうかを復縁屋は知らなければなりません。

Y様との面談時間は数時間の面談を3回ほど重ね、本当に復縁したい気持ちが伝わり、復縁工作のご依頼を承る事になりました。

ターゲットの情報は婚活パーティーでの出会いをする方は少なく、少ない情報の中からターゲットを特定する情報を使い、復縁調査を開始する事となりました。

普段どの様な行動をしているかが分からないターゲットの情報をY様にお伝えすると、全てが初耳状態で、仕事内容等も簡単には知っていましたが、実際に仕事をしているターゲットの写真を見るだけでも気持ちが昂ぶり、会いたいというY様の気持ちを抑えるのに苦労します。

会いに行っても良いですか?というY様の気持ちを抑え、会える時が来る日まで我慢をして頂きました。会いに行くのは出来てもターゲットとの物理的な距離も離れていた為に、突然Y様が行ってしまえば、不自然過ぎてターゲットに疑惑を掛けられてしまいます。

復縁工作員がターゲットに接触した後の報告でY様が一喜一憂し、復縁できるかどうかの不安を担当者にこぼします。

ターゲットから今も婚活パーティーに通い、他に良い出会いがないかどうかを探しているという言葉を聞き出した時にY様は早く会わせてもらいたいとの事で、早急に再会する段取りに対する打ち合わせをさせて頂きました。

打ち合わせをする間にも復縁工作員はターゲットと接触し、今までの恋愛遍歴や何故今までの恋愛が上手くいかなったのか等の情報を抜き出します。

ターゲットから聞く情報を元にターゲットへの接触の仕方、女性として何を見せなければならないのか?等、再会の為の準備を整えます。

復縁工作員が他に良い女性との出会いがなければ、復縁する事も視野に入れる事も結婚を意識しているなら有効ではないか?という心理誘導を行い、過去の女性達との復縁に向けて意識を向けさせます。

復縁するにあたっての問題点などをターゲットから聞き出し、Y様は打ち合わせを何度も繰り返した状態でターゲットとの再会の日を待ち侘びます。

ターゲットが復縁に対しての考え方を改め、直近で復縁するなら直近で別れたY様との復縁が何か大きな問題が合って別れた別れた訳ではないので一番現実的だという話しをしてきた所で再会の準備を進めます。

再会の準備が整った状態でY様とターゲットとの再会工作を勧めたのですが、ターゲットの急な仕事の為、1回目は前日にキャンセルとなり、2回目は忙しくて予定を組みづらいとの事で延期、3度目の正直はターゲットから突然連絡をもらい、急でバタバタしてしまいましたが、Y様にもスケジュールを空けてもらい、再会工作がスムーズに進みました。

予定が思惑通りに進まないことは珍しい事ではありませんが、復縁工作員がスケジュールを調整するのではなく、ターゲットからスケジュール調整をされる事で再会工作がスムーズにいくケースに、Y様はターゲットに対し、やっぱり運命の人なんだ…と確信を持ちました。

自己改善に向けた努力と運命の人だという認識を持ったY様は依頼前とは違い、自信に溢れ、ターゲット以外の人とのお付き合い、結婚はない。という想いは隠しながら再会工作に進みましたが、ターゲットとの再会後、ターゲットから復縁の提案をされた為、復縁工作も想定以上にスムーズに進む事となりました。

復縁工作員が行っていた心理誘導が想定以上に上手くいっていた事が分かります。

婚活パーティーで出会った相手との復縁は情報が少ない為、中々難しい難易度になりがちですが、Y様のはやる気持ちを抑えた事や復縁工作員の心理誘導がハマった事など、全ての歯車が噛み合った復縁工作成功事例になります。

結婚を考えていた彼氏と復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 会社員 31歳 北海道
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬30%
復縁したい状況別れの理由を教えてもらえず復縁活動に悩む

ターゲットと婚活アプリで出会ったR様とのお付き合いは半年程度になり、別れ話をされた時には『結婚を考えられない…』の一点張りで何が理由で結婚を考えられなくなったのかについては話してくれなかったとの事でした。

R様は『問題があるなら直すから…』と繰り返すモノの、一切聞き入れてはくれず復縁の話しには取り合ってくれなかったとの事でした。

復縁する為に変えなければならない事をターゲットに話すモノの、ターゲットは『そういう事じゃないんだよ…気持ちが冷めちゃったんだ…』というだけで何が問題なのかも分からないまま別れなければなりませんでした。

結婚を考えていたR様にしてみれば目の前が真っ暗になる状態で、別れ話をされた時は取り乱して何を話したのかも記憶にない位乱れたとの事でした。

初めて相談頂いた時には冷静になり、落ち着いてはいるものの復縁の可能性が絶望的であると考えていた為、その状況でもどうにかなるものならどうにしかしたい。という事をしきりに口にされていました。

別れ話しで言われた事を思い出しても、『結婚を考えられない…』と言われた事ばかりが思い出され、思い出す度に涙が溢れて来るR様は面談中も嗚咽が止まらず苦しさが見て取れる状態でした。

復縁する方法が何も思いつかず何が原因で別れに到ったのかも分からないR様は復縁屋に頼らざるを得ない状況に追い詰められ、ネットで復縁屋を探すモノの、悪質な復縁屋も多いとネット情報にはある為、冷静にならなければならないと落ち着かせる為に四苦八苦したとの事でした。

復縁工作の契約を交わした後にターゲットの情報を元に調査をしても他に異性の姿が表れる訳でもなくターゲットは会社と家の往復のみで変わった事はありませんでした。

調査報告を心待ちにしているR様にターゲットの行動を報告し、接触の打ち合わせを兼ねていると『元気で良かった…』とターゲットの元気な姿を撮影した写真を見て目を潤ませます。

復縁屋が絶対に復縁工作を成功させたいと思うのは依頼者がターゲットの幸せを本当に考えている時であり、R様のターゲットへの想いを感じた担当者は『頑張りましょう』と声を掛けます。

ターゲットへの接触をして何故『R様との交際を打ち切ったのか?』を過去の交際相手の中から聞き出そうとするとターゲットは今までに交際した経験がなく、R様以外の異性を知らない事が分かります。

1人の異性との交際で結婚に踏み切って良いのか?を考えた為、ターゲットはR様との交際に不安を感じ、もう少し色々な異性と遊びたいと考えた為、別れを決断したとの事で、R様との交際が破局した後に婚活アプリや婚活パーティー等に出席したものの良い出会いに恵まれず1人で過ごす日々を送っていたとの事でした。

恋愛は人数ではなく、どれだけいい経験をしたか?が重要であり、良い出会いはとても重要な事を伝えると、少しづつですが考え方を改めていき、R様とのデートの様子を工作員に話して下さいました。

R様とのデートの様子を工作員に話している時のターゲットは表情も豊かで楽しそうに話し、辛い事もあったけれど楽しい事もあったと過去を懐かしむ話しをします。

少しづつ心理誘導の効果もあり、R様との交際を自分から破局させたことを勿体ないと考える事や、別れた後に婚活パーティー等に出向いても良い出会いがなかった事を考え始め、本当に少しづつですが別れを後悔する言葉も漏れ聞こえる様になりました。

別れを切り出したのは他にもっと良い異性との出会いを求めてでしたが、現実は良い出会いもなくターゲットは結婚できるのだろうか?という不安を感じたとの事でした。

自分で決断した事なので今更取りやめる事は出来ないけれど勿体ない事をしたかもしれない…という想いが強くなっていき、ターゲットの気持の変化は加速していきます。

復縁工作も佳境に入り、ターゲットの気持ちは完全に揺れ動きながら、最終的にはR様に『復縁しよう』と言えないのはプライドが邪魔しているだけになります。

自ら別れを切り出しておいて、復縁を望んでも気持ちが変わってしまっていればプライドが更に傷付く事を恐れ、R様との復縁は考えてはいけないものだと意志を固めていました。

しかし、R様以外の異性が受け入れてくれない事も事実であり、ターゲットの気持ちは完全に揺れ動いていましたので、『傷付けた相手に連絡して自分が傷付くのを恐れていれば何も得られる事はないよ』と工作員が後押しをしてR様へ連絡する決意をしたとの事でした。

工作員と別れた後にR様の元にターゲットから連絡が入り、連絡が入ったR様との会話は他愛もない会話から復縁の話しになり、勇気を振り絞って告白したターゲットの言葉を受けいれたR様は復縁成功に漕ぎ着けます。

次の2人の休日にデートをし、再会したR様から担当者に連絡が入り『色々傷付けて都合の良い話しかもしれないけど結婚を前提に復縁して欲しい』とプロポーズを受けたとの事でした。

二つ返事でプロポーズを受けたR様とターゲットが復縁成功した事例になります。

交際相手から結婚を考えられないと言われけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 大阪
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況結婚に対する意識の違いで破局した

婚活で知り合ったターゲットとの復縁を望むM様はターゲットから『結婚は考えられない…』と言われてしまい、『婚活で出会ったのにどういう事なの?遊びだった訳?』とターゲットを問い詰めた末に別れを告げられました。
真剣に交際していたと思っていたM様にはターゲットの言葉は受け入れられないものの、別れもまた受け入れられず、別れ話の後も何度も縋って『復縁したい』と告げたけれど受け入れてもらえない為、復縁屋に頼らざるを得ない状況になってしまいました。

M様から相談を頂いている間に何度も『ターゲットを問い詰めるべきではなかった』という言葉が漏れ聞こえて来ましたが、何故問い詰めるべきではなかったのか?については理解していない様でした。
M様には婚活で出会ったのですから結婚を前提としたお付き合いになるのは当然であり、それを主張するのもまた普通なので自分をそんなに責めるべきではない事をお伝えさせて頂きました。
復縁したい気持ちの強さをその後の話しの中でも確認出来、復縁する為の方法について提案させて頂き、復縁工作のご依頼をいただく事になりました。

ターゲットの言葉がM様を傷付け、ターゲットに伝えた言葉は本当にターゲットの事が好きで必死だからこそのものであると理解しましたが、復縁工作を行う際にM様の必死さを抑えなければ暴走して失敗してしまう可能性もあると、十分に気を付けていただく様に説明させて頂きました。
婚活で出会ったターゲットの心情を確認する為の復縁工作を開始するにあたって注意点を幾つか伝えた後に早速ターゲットの調査を行う事になりました。
ターゲットの自宅や職場などが分からず、どこにターゲットはいるか?を判明させる事から始め、ターゲットの状況を確認する作業が開始されます。
稀に婚活で出会った男女の場合、片方が実は既婚者であり、女性を騙す目的で婚活に参加するケースもある為、ターゲットが既婚なのか、もしくは別にお付き合いしている人物がいるかを確認する流れとなりました。

ターゲットの発見から異性の存在の確認までに要した期間は一ヶ月ほどになり、異性の存在はなく報告時にもM様からは安心したとの声をいただきました。
ターゲットとの接触に入る段階になり、ターゲットと接触するにあたってM様から聞いたターゲットの情報を元に工作員に関心を持たせて人間関係を構築するオーソドックスな方法で接触を図ります。

無事にターゲットと接触した後にM様に接触の報告をさせて頂き、ターゲットから現在の心境などを聞き出していく過程でM様も知らないターゲットの事実に気付いていきます。
M様が描いていたターゲットのイメージと実際のターゲットのイメージは異なり、M様の気持ちが離れないか?の若干の不安はありましたが、ターゲットとの結婚を熱望していたM様には、その不安は当て嵌まらずターゲットへの想いの強さを担当者は実感します。

必ず復縁成功させてあげたいと担当者も思い、工作員との打ち合わせの日々やM様へのアドバイスを行う日々が続き、ターゲットから工作員が聞き出した情報を元に少しづつM様も落ち着きながら自己改善を進めていき、ご相談当時とは異なる姿が担当者の目にも見える形で表れて来ました。
M様の自己改善の最中、工作員がターゲットから聞き出す話しはM様にとって心が折れそうな日もあったと後に聞く事になりますが、工作の報告をさせて頂いている間はM様からは不安は微塵も感じなかった事もあり、復縁に向けて頑張って欲しいと願うばかりになりました。

M様との復縁に向けて別れの原因を聞き出した後に心理誘導を行っているとターゲットの気持ちは会う度にコロコロと良い方向にも悪い方向にも変化する為、報告をM様にする度にM様の感情も変動していました。
M様との復縁について揺れ動くターゲットの気持ちを更に誘導していく事でターゲットの気持ちを復縁に向けさせます。
ターゲットの気持ちがタイミング的にもクリスマス前だったので恋人がいない寂しさ等も手伝い、復縁へと気持ちが傾いていきます。

復縁に向けてターゲットの気持ちが傾いたところで、アドバイスによって改善されたM様との再会に向けて再会工作の打ち合わせを重ねていきます。
再会後にターゲットから良い印象を与えられる確信を持った担当者はなるべく早い段階で再会させたいとM様に伝えさせて頂きましたが、M様の仕事の事情でタイミングを合わせる事が出来ず、再会工作は打ち合わせを重ねてから3週間後に行う事になってしまいました。

再会工作を行うタイミングはクリスマスを越えてしまい、タイミングを失ってしまう可能性やターゲットの気持ちが更に揺れ動いて復縁を意識している状態から変わってしまう事も危惧されましたが、不安がある中、工作員がターゲットとの接触を重ね、復縁を意識させた状態を継続させる事が出来ました。
ターゲットとM様の再会工作の当日、ターゲットはM様との再会に驚きを隠せません。
偶然の再会にターゲットは驚き、『どうしたの?なんでこんなところであったんだろうね?』とターゲットからM様に積極的に話し掛ける形となりました。

M様とターゲットの再会後、話しが弾んだ2人の姿を工作員は笑顔で聞いているだけに徹し、M様の変化を感じたターゲットは『前よりももっと可愛くなったね』とM様を褒めちぎります。
M様には外見のアドバイスに関しては何も伝えておらず、M様自身も自分磨きを多少はしていたものの、外見は別れた当時と何も変わらない事を自覚していた為、中身の変化が外見を良く魅せるという復縁の鉄則を実感した様でした。

ターゲットから婚活で出会った頃の様な勢いで口説かれる様になり、『復縁したい』というターゲットの言葉に二つ返事でO様K様を出したM様は、復縁した当日に担当者に連絡を下さり、復縁成功した事をご報告頂いた復縁工作の成功事例になります。

プロポーズを待っていた元彼と復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 会社員 47歳 島根
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況気持ちが冷めた元彼の気持を取り戻したい

ターゲットへの想いを強く語ってくれたY様は結婚を意識し、プロポーズを待っていた状態の中で別れを告げられたとの事でした。

突然の別れに理解が出来ず、頭が真っ白の状態で縋る様に復縁を申し入れたモノの、ターゲットの口からは『気持ちが冷めた』の一点張りで復縁は絶望的だと感じたとの事でした。

蒼天の霹靂とはこの事で、目の前が真っ暗になり何度も自殺を考えたとY様は仰いました。

面談時にお話しを聞かせて頂くと、何度も涙を流してターゲットへの想いを語り、涙をすすりながら話す姿勢に心打たれます。

いくらY様のターゲットに対する想いが強くても依頼を請けられるのか?は復縁の可能性が残されてなければ請けられません。

ターゲットとの思い出を辛い中必死に話して下さった際に復縁の可能性が見える部分があった為、復縁工作の依頼を請けられると判断出来た為、その旨をお伝えすると再度涙を流して喜んで下さいました。

復縁工作の契約を交わし、ターゲットが何故突然気持ちが冷めたのかを探る調査から開始しましたが、他に異性の影もなく、別れを切り出された理由は完全にY様にあると判断しましたが、何が気持ちを冷める理由だったのかは調査だけでは判明しませんでした。

調査で得た情報を元に工作員をターゲットに接触させ、人間関係を構築していきますが、ターゲットとのやり取りをしていたlineデータ等を元に、ターゲットから聞き出す情報以前から問題点を改善して頂く様にY様には行動して頂きます。

ターゲットとのケンカの発端は常にY様が作り出しており、ターゲットに聞き出す前に問題点が多発していた部分を改善して頂いていると、ターゲットへの接触に工作員は成功します。

ターゲットへの接触が済み、人間関係を構築していると、Y様への不満がターゲットの口から想像以上に出て来ました。

Y様が全く気付いていなかった部分を工作員がターゲットから聞き出し、lineのデータから得た情報を元に自己改善を行っていたY様にはやらなければならない事がとても多い事を実感し、付き合っていた頃にどれだけターゲットに不快な想いをさせていたかを実感します。

ターゲットの口から出て来るY様への不満は止まる事無く吹き出て来たので担当者は言葉を選びながらY様に工作で得た情報を報告します。

工作はほとんど夜の接触が多かった為、報告は大抵翌日の夕方にさせて頂く形となり、報告以外にもアドバイスをしていた為、毎日連絡を取り合っていましたが、『なんだか自分が生きている事を否定されているみたいです…』と弱音を吐く事も多々ありました。

工作中に本当に復縁しても良いんだろうか?と考えてしまう依頼者は多いのですが、Y様もそういった方々同様で心が折れそうになり、本当に復縁したいんだろうか?と担当者に悩みを打ち明けます。

Y様の本心を聞き、自分がどうしたいのか?を考えて頂く一方で『お金を払ったから復縁したいと考えるのだけはやめて欲しい』と伝えて、ターゲットへの想いを自分自身に問いかけて頂きました。

ターゲットから様々な言葉を聞いて心が折れそうな中、アドバイスは中断していましたがターゲットの気持ちは工作員の心理誘導によって少しづつ復縁へと意識が変わっていきます。

ターゲットから『嫌なところもいっぱいあったけど良いところも沢山あった』という話しを聞き出すと、『人間は完璧ではないから…』という言葉にターゲットは頷きます。

自分にも至らないところがあったから気持ちが冷めたっていう理由でY様を傷付けてしまった事を次第に後悔していきますが、『今更気付いても別れようって言っちゃったしな~』と別れた事を後悔しているかの様な話しが出て来る様になります。

ターゲットとのやり取りを報告するとY様はやる気を出し、『もう一度振り向かせてみせる!』と意気込みを語って下さいました。

ターゲットへの想いを絶対に諦めない覚悟を持って復縁成功を目指したので担当者のアドバイスにも熱が入ります。

工作員の奮闘とY様の奮闘が復縁工作の中盤で噛み合い、復縁を意識させた状態でY様とターゲットを再会させる運びになりましたが、再会方法の計画を立てている間にターゲットからY様に連絡が入り、再会工作をしなくても再会する形となり、ターゲットから復縁の申し出があり、その報告がY様から担当者にされます。

心理誘導が見事に嵌って、再会工作をしなくても復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。